ELSボストンダウンタウン留学生による語学留学ブログ |バスの中で・・・

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

バスの中で・・・

February 18, 2009

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%202009_01300060.JPG

このバスに乗って毎日通学中です。

朝はほとんど満員になります・・・!!!

朝の通学中のバスの中で起きた話をします。

この間・・・
バスに黒人の若者が乗ってきて
「誰か1ドルをくれ。」
と叫んでいました。

車内はシーンとし、誰一人として、目をあわそうとしませんでした。
もちろん私も、怖かったので知らないふりをしました。

そしてその彼はバスの運転手と口論になりました。

「お金が払えないなら、降りろ。」
「俺はこのバスに乗らないとだめなんだ。」
「誰か1ドルくれよ。」
「たった1ドルだぞ。」
「ここにいる奴らは1ドルさえもくれないケチな奴らだな。」
「このままだとバスは進めないんだ。」
「早くお金を払え。」

・・・・・・・・というような口論が5分ほど続きました。

見かねた乗客の一人(白人のお姉さん)が1ドルを差し出して
ようやくバスは発車しました。

その1ドルを受け取った彼はというと・・・
お礼も言わず、堂々と2人掛けの席に一人で座っていました。

車内は相変わらず・・・暗く雰囲気の悪いムードのままです・・・!!!


このような光景はアメリカでは珍しくないと聞き、
驚いています。

貧富の差が激しいだとか
人種差別だとか
アメリカの民主主義だとかは
学校で勉強し、多少の知識はあったつもりだけど
実際にこのような体験は初めてでした。

上手く説明することが出来ないのですが・・・
なんともいえない気持ちです。

良くも悪くも・・・
これから、たくさんのアメリカを実際に見てみたいと思います。

 ≪ Friday the 13th ルームチェンジについて ≫ 

プロフィール

profile
山本 美幸さん(18歳)
現在大学3年生。大学ではさまざまな国の文化を学んでいます。留学はズバリ自分への挑戦!目標は友達を100人作ることで、たくさんの人と英語でコミュニケーションをとり、世界のことをもっと知りたいです。留学ではとにかく英語を中心に勉強する予定。学生の間に、たくさんの経験をしたいと思います。

※2008年12月~2009年8月ブログ担当

カレンダー

ELSボストンダウンタウンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP