ELSボストンダウンタウン留学生による語学留学ブログ |Healthy?

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

Healthy?

December 23, 2009

今日は食事の話をしたいと思います。

こちらで新鮮なお魚を買うのは難しいようです。
オーガニック専門店や特定のお魚屋さんでたまに見かけますが、
基本的に毎日の食事は肉になってしまいます。
お肉は比較的安いようです。

日本では、鶏肉の場合、値段が高い順にもも肉>ささみ>胸肉となると思いますが、
こちらでは違います。胸肉>ささみ>もも肉>骨付き肉となります。
どうやら胸肉はhealthyということで値段が高いようです。
また、調理に手がかかっているほど高いようです。
もも肉でも骨が付いているととても安く、オーガニック専門店で1Lb(1ポンド=454g)で$2.5くらいです。

healthyと考えられているものは何でも値段が高くなります。
健康に気を使っていると考えることもできるのですが、
こちらでの食事を見ていると、どう考えても健康的ではありません。

例えば、外食をすると野菜はほとんど出てきません。
フライドポテトやオニオンリングが付いてくるぐらいでしょうか。
でも、味は悪くありませんので、ご心配なく。
中華料理店はボストンにたくさんあり、野菜を食べることができます。

ボストンはとても物価が高いらしく、ELSの他の学校からボストンに来た人は皆、
物価が高すぎる!と言っています。
同じアメリカでもかなり物価の差があるようです。

ELSボストンシティ校には電子レンジもあるので、生徒の中には自炊してお弁当を持ってくる子もいます。
私は午前中の授業だけなので、家でご飯を食べていますが、
Harvardまで歩けばお店もたくさんあるので、お気に入りのお店を見つけるのもいいかもしれません。

 ≪ Winter holiday party ☆CHRISTMAS☆ ≫ 

プロフィール

profile
藤原 知美さん(32歳)
仕事などで英語力の必要性を感じつつもなかなか英語の勉強に手を出せずにいたら、夫がボストンに転勤!これを機に本気で英語を勉強し、英語は苦手。。ではなく、「英語は得意です!」と胸を張って言える様になりたいです。また、家庭を切り盛りする主婦として、世界の食文化やライフスタイルについても興味があるので、 世界各国の人と友達になって、世界の家庭料理をマスターしたいと思います。

カレンダー

ELSボストンダウンタウンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP