ELSボストンダウンタウン留学生による語学留学ブログ |State House

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

State House

December 06, 2009

今日は州議事堂のツアーに参加したときの写真をご紹介します。
BostonのあるMA州の州議事堂ツアーは参加費無料で、平日に行われています。
ガイドさんはとっても早口!ものすごく詳しく話してくれているようなのですが、
私は細かいところを聞き取れませんでした。
それにしても素晴らしい記憶力!!

以前のブログ(Duck Tour)でご紹介しましたが、金色のドームが目立ちます。
CIMG0388.JPG

内部のホールには各市の旗が頭上から下がっています。
CIMG0443.JPG

ホールのステンドグラスには、MA州の成り立ちが描かれています。
マサチューセッツというのは、先住民族の名前です。
CIMG0445.JPG

州下院の議会。
MA州では昔から圧倒的に民主党が優勢だそうです。
各机には穴が開いていて、昔はそこに票を入れて人が回収したそうですが、
現在は機械化されているので、その穴はフタで隠されていました。
CIMG0446.JPG

現在の州知事さんです。
歴代の州知事の自画像が飾られています。写真ではないところが面白いですよね。
CIMG0449.JPG

ホールには大きな壁画があります。
これは独立戦争のときの有名なエピソード、「真夜中の疾駆」。
イギリス艦隊の夜中の奇襲を知らせるためにポール・リビアがボストンから
レキシントンまで馬を走らせ、アメリカ建国の祖と言われる人たちが難を逃れたそうです。
CIMG0450.JPG

これは上院の議会。あの金色のドームの真下にあたります。
CIMG0454.JPG

ボストンでは近々上院議員選があるようです。
選挙CMなど、日本とはだいぶ違うものがあるので、
また機会があったらご紹介したいと思います。

 ≪ College Basketball クリスマスシーズン☆ ≫ 

プロフィール

profile
藤原 知美さん(32歳)
仕事などで英語力の必要性を感じつつもなかなか英語の勉強に手を出せずにいたら、夫がボストンに転勤!これを機に本気で英語を勉強し、英語は苦手。。ではなく、「英語は得意です!」と胸を張って言える様になりたいです。また、家庭を切り盛りする主婦として、世界の食文化やライフスタイルについても興味があるので、 世界各国の人と友達になって、世界の家庭料理をマスターしたいと思います。

カレンダー

ELSボストンダウンタウンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP