ELSボストンダウンタウン留学生による語学留学ブログ |Bostonの人々

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

Bostonの人々

January 17, 2010

私は散歩が好きです。
ちょっと夕日を見に行こうと思い、チャールズ川まで散歩に出かけました。
そのときの写真がこれです。綺麗でしょう?
CIMG0611.JPG
↑西側の様子
CIMG0617.JPG
↑東側の様子
この日は日中が0度以上あり、いつもよりも暖かかったので
川面の氷がだいぶ薄くなっていました。
川岸沿いの歩道を走っている人もたくさんいました。

私が写真を撮っていると、「写真を撮ってあげようか?」と声を掛けてきた年配の男性がいました。
風景を撮っているだけなので。とご遠慮させて頂いたのですが、
何となく、その後話がはずんでしまいました。
30年ほど前にアメリカに渡られたベネズエラ出身の方だそうす。
色々話しているうちに、メールアドレスまで交換してしまいました。
あ、別に怪しい人ではなさそうでしたので、大丈夫ですよ。
ご心配なく。

Bostonでは年配の方によく話しかけられます。
BSOのコンサートのときも、前の席に座っていた方が急に振り向いて、
「次の演奏者知ってる?」と声を掛けられました。
スーパーのレジでも並んでいるとたまに話しかけられます。

特に中南米出身と思われる方は、とても人懐っこいというか、なんというか。。
ELSの生徒さんもそうですね。
初対面でもお構い無しに近寄ってきます。
日本人は、少しびっくりするかもしれません。

それから、挨拶やちょっとしたタイミングでの一言がとても素敵です。
しかも必ず笑顔を添えてくれます。
おばあさんが手袋を落としていったので、
拾ってあげたら「God bless you.」と言われたり。
スーパーのレジでさえ「Have a good night」と言われます。
日本ではあまり聞きませんよね。レジで、大晦日に「良いお年を」なんて。

Bostonに始めてきた日も、飛行機の中で旦那さんの隣に座ったおばさんが、
空港の中を案内してくれたので、荷物もすぐに受け取れたし。
都会なのに、Bostonの人はとても温かい人が多いなぁと思います。

 ≪ ようやく 選挙 ≫ 

プロフィール

profile
藤原 知美さん(32歳)
仕事などで英語力の必要性を感じつつもなかなか英語の勉強に手を出せずにいたら、夫がボストンに転勤!これを機に本気で英語を勉強し、英語は苦手。。ではなく、「英語は得意です!」と胸を張って言える様になりたいです。また、家庭を切り盛りする主婦として、世界の食文化やライフスタイルについても興味があるので、 世界各国の人と友達になって、世界の家庭料理をマスターしたいと思います。

カレンダー

ELSボストンダウンタウンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP