ELSボストンダウンタウン留学生による語学留学ブログ |Immigration

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

Immigration

February 05, 2010

本日で4ヶ月目のセッションが終わりました。
今回の授業はこれまでと違って、アメリカの高校や大学の授業のような感じでした。
私にとっては、とても面白い授業だったので紹介します。

今回、テキストにはいくつかのテーマがあって、
授業の始めにどのテーマを使うか多数決をしたところ、
どうせボストンにいるのだからと、歴史しかもimmigration(移住)をテーマにすることになりました。
テキストは教科書の抜粋や関連する記事、実際の大学の授業で教授が話しているビデオを見たり。

immigrationの分類や文化がどうやって新しい国に同化するのか?など。
英語の勉強というより、ほとんど歴史と社会学の授業でした。
しかも今回の先生は大学で歴史を専攻されていたそうで、本当に詳しい。

毎週oral presentationがあって、その週に習ったことを3-5分でspeachしなければならなかったのは辛かったけれど。。。
日本にいたら絶対に学べないことで、アメリカだからこそ学べた授業だなと思いました。
アメリカ国民はどこかの世代で必ずimmigrateしているわけですから。

最後には、ELSの先生方に先生方の家族についてインタビューをして
どの世代でどこからimmigrateしてきたのか?とか、祖先の文化がどの様に残ったり
アメリカの文化と同化したのかなど、それぞれ分析してまとめる授業をしました。
本当にアメリカ人って、色々な国の文化が混じっているんですね。
改めて実感しました。

最後の授業では、先生が作ってきてくれた菓子パンを食べながら、
各自がまとめたインタビューを発表して、議論をしました。
このパン、とってもおいしかったのです。Pan de Mallorcaと言うそうです。
先生のご家族はおじいさんの世代がプエルトリコからの移民で、
その前のご先祖様はスペインからプエルトリコに移住したそうです。
で、このパンはスペインからプエルトリコに渡った人たちが、
伝統を守って作り続けたパンだとか。。

CIMG0632.JPG
伝統を守るって大変だろうけど、ひとつひとつに意味があって、
何だかいいなぁと思ってしまいます。
我が家の伝統も探して見ようかな。

 ≪ Farewell Party おすすめ ≫ 

プロフィール

profile
藤原 知美さん(32歳)
仕事などで英語力の必要性を感じつつもなかなか英語の勉強に手を出せずにいたら、夫がボストンに転勤!これを機に本気で英語を勉強し、英語は苦手。。ではなく、「英語は得意です!」と胸を張って言える様になりたいです。また、家庭を切り盛りする主婦として、世界の食文化やライフスタイルについても興味があるので、 世界各国の人と友達になって、世界の家庭料理をマスターしたいと思います。

カレンダー

ELSボストンダウンタウンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP