ELSアデルファイ大学マンハッタンセンター留学生による語学留学ブログ|Academy awards 2009 久仁生さん、おめでとうございます!!

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

Academy awards 2009 久仁生さん、おめでとうございます!!

February 22, 2009

アメリカに住んでいる利点は沢山ありますが、
有名なアメリカでの受賞式を生で見れる!というのもその一つ。

先日は、グラミー賞の授賞式をTVで生で味わいました。

0208%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%BC%E8%B3%9E%E7%94%9F%E6%94%BE%E9%80%81%E4%B8%AD.jpg
↑グラミー賞生放送中。

日本では、ニュースの短いダイジェストでしか味わえなかったものが
本場の地で、リアルタイムで、味わえるというのは嬉しい!

あまり洋楽に明るくない私ですが、
ダンスや歌のパフォーマンス満載のグラミー賞。なかなか楽しかったです。

0208%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E7%99%BB%E5%A0%B4.jpg
↑中でも、度肝を抜かれたケイティペリーさんの、この舞台装置。

0208%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E6%B4%BE%E6%89%8B%E8%A1%A3%E8%A3%85.jpg
↑そしてこの、衣装。 なんなんだ、これは!!!笑

0208%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%95%E3%82%931.jpg
↑まぁ、面白かったんですけどね。この曲、こちらでもめっちゃかかってます。


しかし、今日は待望のアカデミー賞の授賞式!!!
事前に時間をチェックして、早々にTVの前にスタンバイする私とAちゃん。


TVでは授賞式に先駆けて、レッドカーペットでの光景も生中継されていました。

0222%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%81%95%E3%82%93.jpg
↑普段の姿を初めて見た、メリルストリープさん。いい人そう。

そしてやっぱり、ハリウッドといったらこの2人!!

0222%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A.jpg
↑そう、お馴染みブランジェリーナ!!(いつも一緒だから、こう呼ばれてるみたいですよ)
 アンジーのエメラルドの宝石、ものすごいボリュームで凄かったです。。。

生中継中も、やたらとこの2人がクローズアップされてました。
(ちなみに授賞式後も、週刊誌ではこの2人に関することで持ち切り。
 アメリカ人て、ブランジェリーナの事、どれだけ好きなんだろう…と疑問)


もちろんアカデミー賞の結果を聞くのは、いつもニュースの中でだけ。
生放送にドキドキ!に加え、今回は日本の作品、監督がノミネートされてるではないですか!

しかも短編アニメーション賞の監督加藤久仁生さんは、私の大学の同じ科の先輩!

自分が大学1年の時に4年生だったので、あまり直接の関わりはなかったのだけれども
仲良くしていた部活の先輩が、加藤さんと一緒に住んでいて
2人で作品制作(その作品もNHKで放送されて賞を受賞)もしていた人だったので
ノミネートされた事を聞いた時から、もう感動!!

自分の近しい先輩が、アカデミー賞というものすごく大きな舞台に立つかもしれない…
そんな期待と不安を抱えて、固唾をのんで見守っていたのですが…


0222%E4%B9%85%E4%BB%81%E7%94%9F%E3%81%95%E3%82%93.jpg
↑ !!!!!


なんと受賞!!!!!!

おめでとうございます!!!

英語でのスピーチも、人柄溢れる感じで素敵でした。

受賞の瞬間、思わずAちゃんとハイタッチ。

身近に感じていた人が、こんな大きな賞を穫る瞬間を目にすると
自分も頑張らなくては!と、身につまされる思いでした。


そして、下馬評では受賞の可能性が低いとされていた外国語映画賞。

Aちゃんと、まさかこれも日本勢が穫っちゃったりしてね〜
なんて話していたものの、期待に胸がドキドキ…

「受賞作品は…Departures!!」

あぁ…なんだー 違う作品かぁ…なんて、落胆していたら
日本人的な人々が、舞台に向かって歩いていくではないですか!!!

ものすごく驚くわたしと、Aちゃん。

0222%E3%81%8A%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%B3%E3%81%A81.jpg
↑監督とモックン、広末さん達。 TVの画像が悪くてすみません…

「おくりびと」って、英語にすると「Departures」なんですね、なるほど。
でも、日本語で読み上げて欲しかったなぁ…なんて言いつつも
ものすごく感動。

というのも、自分のとても仲良くしている友達の1人が納棺師という仕事をしている人で
この映画が作られる随分前から、その仕事に着いていて
その仕事の話を聞く度にすごい仕事だなぁ…と、思っていたのです。

しかも、この映画が作られる時にその人の会社に
モックンやら俳優人達が施術を習いに来ていたらしくて
(日本で今、その会社にTVのインタビューなどがすごい来てるみたいです)
映画公開当初から注目していた映画だったのです。
(日本公開がアメリカ出発後だったので見れなかったのだけれども)

0222%E3%81%8A%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%B3%E3%81%A82.jpg
↑すごい幸せそう。


エイミ—賞もだったけれど、アカデミー賞を穫った人たちの様子を生で見ていると
今までの苦労や辛さや、長年の思いなどが伝わって来て
とてもとても感動でした。 

なにより、みんな嬉しそうで幸せそうで
自分もいつかこんな風に、
喜びを人と分かち合える日が来ると良いなぁ…と思った1日でした。


P.S それに加えて、日本人の英語でのスピーチ……発音…をみて…
   一層勉強に励もうと心に決めた私なのでした。

 ≪ 魔のプレゼンテーション Mardi gras ≫ 

プロフィール

profile
村中 享子さん
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業、日本写真芸術専門学校卒業、画像処理職、デザイン職の経験を経て、アーティストへの道を決意。かねてからの夢であったNY留学を切っ掛けに、国際的に活躍する為の語学習得&現地での様々な刺激を受け、作品制作を通し自分にしか作れない作風の確立が、最終目標。学校での生活以外にも、NYのアートシーンなど色々な事を伝えていく予定。自身のHP http://junk-xxx.main.jp/でも作品を紹介。

※2008年7月~2009年7月ブログ担当

カレンダー

ELSアデルファイ大学マンハッタンセンターに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP