ELSアデルファイ大学マンハッタンセンター留学生による語学留学ブログ|The art of New York -part 1-

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

The art of New York -part 1-

April 12, 2009

今更ですが、コメント欄のないこのブログ。

一体どんな方が、どのくらいの頻度で
何人くらい読んでいるのか まったく分からないため
もしかすると、まったくの独り善がりになる危険性もありますが


知っていましたか?
わたしが…

横のプロフィール欄にて…

「学校での生活以外にも、NYのアートシーンなど色々な事を伝えていく予定」
と、公言していた事を…!!!


そんな大それたことを公言しておきながら
(学校生活をお伝えするのはもちろんですが)
ついつい日頃発見した、おもろい事ばかりをお伝えして来た様な気が…

というのも、今までHWに追われていたから!(と、責任逃れをしてみますが)


やっとそれらも一区切りしたし!

という事で、またしてもChelseaのGallery巡り、敢行!!してきました。

私の個人的趣味にかなり偏ってしまうかとは思うのですが、
New York アートシーンを、少しでも感じて頂ければ幸いです。
(今回相当量を回って来たので、何回かに分けてお伝えします!)


さてさて。
今回は、夏にこちらに2ヶ月ほど滞在、一度日本に帰国し
また再度NYに帰ってきて下さったNorikoさんと
残念ながら帰国間近の為、ELSを卒業したMayumiちゃんと共に行ってきました。

Norikoさんは大学で美術史(抽象表現主義)を専攻されているので
とても博識。話していて、とても勉強になる事が多いので
一緒にGalleryを巡るにはぴったりのお方!なのです。


さてさて、前回もGallery巡り前に行った
お気に入りのタイ料理屋さんSILOMでランチを済ませ

まずはChelsea界隈の中でも、もっともGalleryが密集している通りの1つ
25th Street(Between 10th Ave and 11th Ave)へ。


まず入ったのは、
P・P・O・W gallery / 511W 25th Street, room 301

ここでは、Bill Smithというアーティストの個展が開催されていました。

様々な素材で作られた彼の作品は、かなり個性的

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A1%E6%98%A0%E5%83%8F.jpg
↑こんな、環境問題を提示するかの様なインスタレーションや

人体の細胞組織などを連想させる様な作品が多く


特に驚いたのが、別室に展示されていたこの作品

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A1%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BCup.jpg

光ファイバーの細い線が、無数に繋がっていて
その様子は遠くから見ると、たんぽぽの綿毛の様であり
近くで見ると、人間の細胞の様にも見えました。


そのまま去ろうとする我々に、訪れていたお客さんに
「まだいた方が良いわよ!」と、言われて待っていた所

数分後に照明が徐々に落とされ
上の↑オブジェを中心に、別室内の作品が光始めたのでビックリ!!


どうやら、作品の中に電気が通る様に仕組まれていたみたです。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A1%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC.jpg
↑写真で撮影することは難しかったのですが
 この作品も暗闇で先端部分が光り、その様子はまるで
 宇宙に存在する無数の星の様相を呈していて、かなり圧巻でした!


次に訪れたのは、同じビル内に存在する
DANEYAL MAHMOOD Gallery。

ここで展示されていたのは
なんとも個性的なANDREI MOLODKINというアーティストの作品。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A2%E9%AA%B8%E9%AA%A8.jpg
↑定期的に、管にオイルが流れて
 頭がい骨内部で、噴出しておりました。。 うーん…


次に我々が足を止めたのは、またしても同じビル内 room307にある
LUISE ROSS Galleryにて展示されていた
Glenn Goldbergというアーティストの個展。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A3%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%881.jpg

とても繊細で、綺麗なペインティングなので
てっきり女性かと思っていたのですが

ギャラリーの方に聞いてみた所、NY州在住の男性アーティトだそうです。


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A3%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%882.jpg
↑鳥や植物をモチーフにした作品が多く、色使いがとにかく綺麗

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A3%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%883.jpg
↑画像ではあまり分からないかもしれませんが
 小さな点描の粒が多用されていて、とても繊細な雰囲気

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A3%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%884.jpg
↑個人的に、色使いやモチーフのシルエットにアジアっぽさを感じました。
 アーティストが影響を受けているのかも??


その後、同じビル内の別のgarellyに展示されていた
グループ展を見ていた所

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A4%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%85%A8%E4%BD%93.jpg

突然Norikoさんが笑い出したので見てみると、
なんともユニークな、渋いおじさまのポートレイトが。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A4%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B61.jpg
↑中学時代の、教科書の落書きを思い起こさせます

Norikoさんによれば、このお方
かなり高名なアート批評家の1人だとか。

ただ、かなり辛辣な批評をすることでも有名らしく
そのためアーティストの反感をかう事もあるのだとか。。


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A4%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B64.jpg
↑だからこんな風にねぇ… ヒトデ、頭に乗せられちゃってるし。。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A4%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B65.jpg
↑個人的に、これが1番お気に入り。
 はげ散らかった(失礼!)頭部にお花が舞う!!まさに春!ですね。 


ちなみに、ギャラリーの方に色々話を伺っていたNorikoさん
こちらの作品の購入を勧められて、ちょっと考えておりましたが

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A4%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B63.jpg
↑こちらの作品、1点$700だそうです。


このビル内、最後に訪れたのは
広くて悠々とした雰囲気の、McKENZIE Gallery。

Laura Sharp Wilsonという女性アーティストの個展が開催中でした。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A5%E7%B4%B0%E5%AF%86%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%881.jpg

どの作品も、こまかーーく細部に至るまで繊細な書き込みが!!

一見、ただのべた塗りの様にも見えるのですが
近付いてみて見ると、モチーフを切り貼りしてあったりして
アーティストのこだわりが感じられました。


こちらのアーティストも、作品の中に
ところどころ和紙を使ったりしていてアジアの影響を感じる事が出来ました。


でもその使い方が、とても個性的で

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A5%E7%B4%B0%E5%AF%86%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%882.jpg
↑特に和紙の渋い雰囲気と、アクリル絵具のライトな色合いの組み合わせ!
 新鮮でした。 爽やかで、とても可愛い作品です。


→→→ -part 2- へと続きます。

 ≪ Easter egg APOLLO THEATER -AMATEUR NIGHT- ≫ 

プロフィール

profile
村中 享子さん
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業、日本写真芸術専門学校卒業、画像処理職、デザイン職の経験を経て、アーティストへの道を決意。かねてからの夢であったNY留学を切っ掛けに、国際的に活躍する為の語学習得&現地での様々な刺激を受け、作品制作を通し自分にしか作れない作風の確立が、最終目標。学校での生活以外にも、NYのアートシーンなど色々な事を伝えていく予定。自身のHP http://junk-xxx.main.jp/でも作品を紹介。

※2008年7月~2009年7月ブログ担当

カレンダー

ELSアデルファイ大学マンハッタンセンターに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP