ILACトロント留学生による語学留学ブログ|VERSAILLES

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

VERSAILLES

October 10, 2012

 

 

 

先ほどバルセロナ記事を書いたばかりですが、以前言っていたベルサイユについての記事もアップしたいとおもいます^^

 

 

 

ve.jpg

 

 

 

この日はパリ2日目。ロンドンのベイカーストリートよりも何よりもヨーロッパで一番訪れてみたかった場所!ベルサイユ宮殿です!パリの中心からは少し離れていてRERという列車のチケットを往復7ユーロほどで購入し一時間電車に乗ればベルサイユ宮殿に到着しました。入場料は20ユーロ。宮殿やマリーアントワネットの離宮などにも訪れることができるパスです。ベルサイユ宮殿の中で購入するのではなくて近くのチケット売り場などで購入されることをオススメします。値段はほぼ同じだと思います。宮殿の中のチケット売り場はものすごい長蛇の列でしたので...

 

 

 

ve2.jpg

 

 

 

ここは鏡の回廊。2年ほど前に修理されたらしくキレイに残っている場所のようです。ベルサイユの中枢にあたります。戦争の後に訪れる平和、ヨーロッパでのフランスの優位さを正当化するためにフランス歴代の国王が築きあげたそうです。

 

 

 

ve1.jpg

 

 

 

王の正殿。祝宴用の大広間です。それにしてもベルサイユ宮殿の中はすごい観光客の量でした...宮殿はとてつもなく大きいけど部屋はパーテーションなどで区切られていて足を踏み入れることができるスペースはごくわずか。なのでどこも狭苦しく移動するのも大変でした。ただこの部屋のようにほとんどすべての部屋が壁から天井までが美しい芸術で、いくつ見ても見飽きることはありませんでした。写真ではわかりにくいですが本当に幻想的な世界でした。

 

 

 

ve7.jpg

 

 

 

パリは特にスリが多いと聞いていたので怖くて写真を撮ることも頼めなかった私たちはこうして鏡がある場所で記念撮影を(笑)写真をお願いしたらそのままカメラを持って行かれたという話を何度も耳にしたことがあるので...観光中も美しい天井や部屋を見ながらも、部屋の中は観光客でぎゅうぎゅうなので常に自分のかばんを眼中に入れ、警戒心マックスでした(笑)

 

 

 

ve4.jpg

 

 

 

ここはルイ15世の寝室。天然痘にかかりこの寝室で息を引き取ったと言われています。テーマパークのように今やたくさんの人々が訪れる場所となっているみたいですがこういう歴史を知ると、実際この場所で何人もの人が命を落としたりと生と死の繰り返しが行われていた場所なんだと改めて気付かされます。ただ訪れて観光するだけではなくて、こういう風に感じることもきっと大切なんですね。

 

 

 

ve5.jpg

 

 

 

ここは王妃の部屋です。マリーアントワネットが王位継承者を出産した部屋。

 

 

 

ve8.jpg

 

 

 

やっと外に出てきたあとです。数時間も宮殿の中を回り疲れでへとへとでしたが...実はこの時点で回っていたのはほんの少し。入口にある巨大な宮殿は、地図を見ると本当にちっぽけな建物にすぎませんでした...ベルサイユ宮殿...想像以上に巨大です。総面積800ヘクタール、全長20キロメートル、塀の長さ20キロメートル、運河の全長35キロ、窓の数2153、部屋数は700です。すごいですよね...宮殿のあとはマリーアントワネットが作らせたという離宮まで歩くことに。バスまで運行しているほどの距離なんです。私たちは気楽なつもりで歩きましたが軽く30分ほど?もしくはもっと?あんまり覚えていませんがとてもとても遠かったです。恐るべしベルサイユです。私はあの有名な漫画のベルサイユのばらが大好きなのでそれ以来興味を持つようになりました^^ 大学受験の時は日本史を選択したので世界史についてはほとんど詳しくないのですが、日本に帰ったら世界史や当時のパリについての本なども読んでみたいなという気になりました。こうやって各地を旅していると、もっと知識をつけておけばよかったとか、ちょっとした授業の勉強だけではなくてもっと深入りすればよかったなどの後悔が少し。でもまだまだ若いのでいっぱい勉強できますね^^(笑)

 

 

 

ve6.jpg

 

 

 

最後にフランスごはん。でも私、こういったごはん大の苦手なんです...フランス語が全くわからず、英語で聞いても店員さんのたどたどしい英語となまりで聞きとれず適当に注文した結果...(笑)泣く泣く食べるのをあきらめました。フランスのごはん、フランスパンとスイーツ以外私の口に全く合わず!残念でした。とにかくベルサイユに行けてしあわせいっぱいだったということです^^ つぎはローマについてアップしますね!

 

 

 ≪ BARCELONA FINAL FRIDAY ≫ 

プロフィール

profile
平山 絵梨さん(20歳)
大学で英米文学を専攻。留学先では英語の習得以上に、全く異なる場所や環境で広い世界を見て、たくさんの経験をして自分を成長させたいです。1年という限られた時間ですが、あらゆることに挑戦し、支えてくれている大切な方たちに感謝しつつ、精一杯努力したいと思います。もちろん悔いのないように、楽しくて素敵な日々を過ごしたいです!

カレンダー

ILACトロントに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP