カプラン インターナショナル留学生による語学留学ブログ|演劇のワークショップ

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

演劇のワークショップ

August 30, 2008

何か目新しくて、英語を使う機会となりそうなことならば、
何でも挑戦したいと思って生活しています。

この演劇のワークショップはひょっとしたことから見つけました。
ある演劇団体が毎週土曜日に企画している無料ワークショップで、
興味のある人ならだれでも参加できます。

私は、英語の訓練に良いかもしれないなという軽い気持ちで、
同じく新し物好きの友人を連れて参加しました。

ワークショップは7時に始まってたった1時間の短いクラスでした。
がしかし、内容がものすごく濃く、常に緊張状態、心臓ばくばくの、私にとってとても長い1時間となりました。

20人ほどの人が小さい部屋に集まりました。講師は一人です。

まずウォーミングアップをしました。
参加者で円を作ります。
ウォーミングアップは、5種類ほどあったのですが、はじめの2~3個は
ただ動作や声を出すだけの簡単なものでしたが、途中から、少し英語力が必要となりました。
その中の1つをご紹介します。

- - - - - - - - - - - - - - - - -
講師がお題を出します。
一人が何か一語発したら、隣の人がその先の単語を繋げ、センテンスを作っていきます。
と同時にお話を作っていきます。
たとえばお題が「Mary's Birthday」だとしたら、「I」 「Bought」「Some」「Flowers」「For」....といった感じでひとりずつ単語を言っていきます。
どんな話が出来上がっていっているかを理解しつつ、自分の番がまわってきたら何か発さなくてはいけません。
しかもテンポが悪いと講師から喝がはいります。
とりあえず文法がちょっと間違っていても構わないので何か発せよという指示がでてたので、
思いつかないときは「The」とか「But」とか「About」とかの次の人に考えさせるような単語を使って逃げました。
- - - - - - - - - - - - - - - - -

ウォーミングアップが終わったら、舞台となるスペースを作って少し実践的な練習に移りました。
3種類行ったのですがその中の2つをご紹介します。

舞台には6人ずつ立ちます。

- - - - - - - - - - - - - - - - -
1つ目はウォーミングアップの応用のような感じですが、これも講師が簡単なお題を出します。
そして6人のうちの一人を指します。指された人はお題に沿って話を作っていきます。
そしてその人の話の展開が面白くなったところで、話を止めて違う人を指します。
指された人は前の人の話の続きから話を繋げて話し始めなくてはなりません。
講師は次々に「You」「You」「You」という感じでほいほい指していきます。

これは本当に緊張しました。参加者はネイティブでぺらぺらと面白ろおかしく話を作っていくので
どんな話になっているかを理解するだけで一苦労、理解が漠然としているため、
自分が指された時にはしどろもどろでした。
- - - - - - - - - - - - - - - - -

2つ目は、まず6人のうち2人が向い合います。そして、講師が各自の腕や足の形を決めます。
そしてスタートします。二人の人は自分たちが作っている形から連想する話を作っていきます。
たとえば片方の人が相手を叩くような形から始まれば、喧嘩のシーンになるでしょうし、
一人の人がひざまずいている形から始まれば、教会のシーンか何かが始まるでしょうし、
まあそんな感じです。ただとにかく2人は常に手足を動かしている必要があります。

他の4人は2人が話を作っていくのを見ています。
そして、ある動作から何か新しい連想を思い浮かんだ場合、二人の動作を「フリーズ」といって止めます。二人は動作をピタッと止めます。フリーズさせた人は二人のうちの片方と入れ替わり、入れ替わった人の形を模擬してスタートします。そして、新たな話を作っていきます。
- - - - - - - - - - - - - - - - -

このワークショップはネイティブにとっても簡単では無い内容のようでした。
私の友人は学校でのレベルも高く彼らのしゃべりは理解できたらしくひょうひょうとこなしていましたが、私にとってはものすごくハードな体験でした。1時間緊張しっぱなしだったので、1時間終了後には
気が抜けてへろへろになってしまいました。しかし英語の訓練には良い場であると思います。
ただ、再度参加するかは、神のみぞ知るですが・・・

 ≪ コロンビアンとコロンビアンフード Language Exchangeグループへの参加 ≫ 

プロフィール

profile
森 妙子さん(27歳)
大学卒業後、システムエンジニアとして5年間勤務。昨年の結婚により、自分が『挑戦』できる年齢と時間には制限があることを痛感し、今しかできない今後への投資をすることを決意。かつてからの目標であった「グローバルな仕事」を目指すため、08年5月からカナダの語学学校「パシフィックランゲージインスティテュート(通称PLI:ピー・エル・アイ)」で英語を猛特訓中!

カレンダー

カプラン インターナショナル、バンクーバー/トロントに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP