東京留学ジャーナルカウンセリングセンター

  • カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談
  • 資料のご請求はこちら ご希望の資料を無料でお届けします

石井 智子 (手続き)

カウンセラー名:石井 智子(いしい ともこ)
留学経験:オーストラリアで語学留学を経て、大学院へ入学。

はじめまして。
主にアメリカへの大学進学、大学院進学の手続きを担当している石井です。

私は大学を卒業後、すぐにオーストラリアへと渡りました。周りが就職活動を終えて着々と進路を決めていく中で、留学するという選択肢を選ぶことにまったく不安を感じなかったというと嘘になりますが、「日本以外の国に住みたい!」という一点で留学することを決めました。今、自分が大学生だった頃を振り返ってその時のことを考えると、留学するという選択肢を選んで良かったと思います。

大学を卒業して1ヵ月後に、念願の海外生活が始まったのですが、海外で生活したいということしか考えていなかった私は、いざ始まったシドニーでの生活にすぐに馴染める訳でもなく、自分の考えが甘かったことを痛感しました。初めての語学学校では、クラスにいる日本人は私のほかに1人だけで、その日本人の方も徹底して日本語を使わなかったので、毎日つたない英語のみの生活で正直、渡豪後の3ヵ月は辛かったです。しかし3ヵ月もたつと徐々に英語が耳になれてくるのか、英語を理解するのも楽になってきて、毎日苦戦しながらもなんとか憧れの海外生活を楽しむ余裕が出てきました。

しかしその後も自分の進路に悩み、毎日のように語学学校のアドバイザーに相談していました。その結果、決めた進路は「大学院進学」という留学前には考えもしなかったことでした。その後、無事大学院にも入学し、気が滅入るような量の課題の締め切りに追われる日々で、1年半は本当にあっという間でした。

こうして書くと、ただ課題に忙殺された留学生活でつまらなかったのだろうと思う方もいらっしゃると思いますが、留学という限られた期間の中で一生懸命努力して、自分はこれだけ頑張ったという自信は、その後の人生にきっとつながっていくと思います。とはいっても、これは留学後に思ったことで、大学院に在席中はかなり必死でそんなことを思う余裕はありませんでした。

留学前は思いもしなかったハードな留学生活でしたが、語学学校や大学院に通っていた時に限らず、回りの友人や先生、あるいは日本にいる家族の支えがあって頑張れたのだと感謝しています。

現在は留学ジャーナルの手続きカウンセラーの一員として、これからご留学される皆さまの充実した留学を祈りつつ、日々業務にとりくんでいます。

何か心配に思うことや、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。ご質問お待ちしております!

関東・甲信越エリアで開催するセミナーをチェック!
留学イベント&セミナー一覧

個別の留学カウンセリングで相談!
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談

東京留学ジャーナルカウンセリングセンター

【フリーダイヤル】0120-890-9870120-890-987 携帯からもご利用いただけます
印刷用地図&行き方

〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6F

Tel:03-5312-4421 Fax:03-5312-4465


営業時間
月~金 11:00~19:00 / 土 10:00~18:00
定休日 日・祝日
最寄駅
JR総武線「信濃町駅」駅直結徒歩30秒

カウンセラー紹介

留学ジャーナルはココが違う!

1.40年以上の実績

あらゆる解決策を知り尽くした経験豊富なカウンセラーがお一人おひとりベストな留学をプランニング。

2.確かな情報力

1983年創刊「留学ジャーナル」は、日本で最も歴史のある留学情報誌。確かな情報のみをお届けします。

3.強力なネットワーク

UCLAやコロンビア大学など、海外の数多くの教育機関や、各国大使館との協力関係で帰国後までサポート。

留学ジャーナルカウンセリングセンター

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡
  • 岡山

【フリーコール】0120-890-987

  • カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談
  • 資料のご請求はこちら ご希望の資料を無料でお届けします