キャリアの達人に聞く42
 
キャリアカウンセラー対談 第42回
留学を、キャリアアップへと成功させる秘訣
ビジネススクールを卒業と同時に、アメリカ・シリコンバレーでコンサルティング会社を興し今につながっている石黒さん。留学体験を、自分にとっての貴重なキャリア転換のきっかけにする秘訣を語っていただいた。

入学翌日から始まる就職に向けたインタビュー

佐藤 卒業後の進路については、いつごろから具体的に考え始めていましたか?

石黒

進路のことは、入学当初から考えていました。当時、日本からMBAに学びに来ていたほとんどの人は企業派遣で、卒業したら皆日本に戻る。あまり卒業後の進路を考える人はいませんでしたが、それはむしろ特殊なケースです。他の国の人たちは皆、MBAにキャリアアップのため、職をとるために来る。だから入学当初から、非常に熾烈な就職争いをするわけです。それに対応するように、プレースメントオフィス、日本で言う就職課が大変充実していて、入学式が終わった翌日にはインタビューが入っているというくらいの勢い。何度も自分の受けたいところを出し、レジュメを提出し、マッチングをはかってもらい、相談をし・・・と。ですから、最初から就職のことを考えざるをえない。MBAで学ぶうち、半分は授業だけど半分は就職活動・・・、そのくらいの比重でした。

佐藤

特にMBAの場合は、仕事の経験がある人が多いということもあるでしょうね。それに留学するには、自分が何をしたいのか、何ができるのか、入学前から自分の棚卸しをしてエッセイを書き、自分をいかに売り込むかを求められますからね。

石黒

そうですね。私も応募時のエッセイを書くため、自分の棚卸しを集中的に行ったことが、とてもよかったと思います。

佐藤

私たちも、留学前の方たちから、自分のどんなことを書いたらいいのか、自分が将来何をしたいのかがうまく書けないという相談をよく受けます。

石黒

最初はそうですよね。でも、たくさん書いていくことが大切だと思います。いろいろなことを振り返って書き続けていると、最初はただの点と点だったものがつながって、「そうか、こんなところでつながっていたんだ」とわかる。そうすると、本当に自分が好きなことや大事にしていることがわかってきます。

佐藤

石黒さんは、入学前から起業をすることをイメージされていたのですか?

石黒

いえ、全然。入学前は流通業にいたので、その業界の閉鎖的な構造をもっと簡素化し、産業構造を変えるようなことをしていきたいというようなエッセイを書いていました。学校側は、確かにインパクトのあることを求めているとは思いますが、だからといって論理的に飛躍があっては無理だと思うんです。現実性のあるところで、でも、入学したことによって「自分はこれだけ変われる」という点を、きちんと論理的につなげて書く。そこが重要だと思います。

佐藤

具体的な将来の進路については、入学後に学ぶ課程で、いくらでも軌道修正できるわけですしね。

石黒

その通りです。

佐藤

『キャリアの棚卸し』に関して言えば、留学に必要なエッセイだけでなく、就職や転職など、人生の転機においてとても大切ですね。ご著書の、プロローグでも自分について振り返る場面から始まっていますね。あの箇条書きの問いは、定期的に自分に問いかけたいものですね。

石黒

ありがとうございます。
「起業するということは、人にやることを決められてしまうというリスクを排除した結果。大きなことをやりたいからこそ、いつも小さな組織を選んでいるみたいです」

石黒不二代/ネットイヤーグループ株式会社 代表取締役社長兼CEO主体的に行動できる環境を求め、リスクを排除した結果が「起業」

佐藤 石黒さんの本の中で、環境やカルチャーという言葉がとても印象に残っています。キャリアセミナーやカウンセリングの時に、業種や仕事内容だけでなく、企業の経営理念やビジョンを自分の価値観や方向性に合うかも大切だという話をするのですが、カルチャーというともっと“習慣”とか“日常”いうものに近い気がするんです。企業に応募する個人に置き換えると、その人の“キャラクターや個性そのもの”、“スタイル”とでもいうのでしょうか。それをとても大切にされている気がしました。もしかしたら、スタンフォードにいらっしゃって、カルチャーというものに“フィット感”というか、何かを強く感じられたからなのではと思ったのですが。

石黒

そうですか。無意識でしたが、そうかもしれないですね。やはりスタンフォードに行って何が一番違うと思ったかといえば、カルチャーが違うと思いましたし、そのカルチャーがコミュニティの性格だと思います。それが非常に印象的だったので、潜在的に意識しているのかもしれません。

佐藤

企業にとってビジョンやミッションはもちろん非常に重要ですが、掲げたミッションを遂行していくために日常的に根付いているカルチャーとか、あるいはそうしたカルチャーを醸成させていくことはとても大切だと思います。意志をもって定着させていくこともとても難しいと思いますし。

石黒

そういうカルチャーは自分が意識して作っているわけではないのですが、当社の場合は、私の性格と似ているというのは思いますね。コンサルタントという仕事柄、会社のブランドアイデンティティというのを出すことがあるんですが、その中のパーソナリティというのが、社員のみんなの性格をよく出している。前衛的、中性的、ちょっととがっている、結構アッサリしているとか。さらに、そんなパーソナリティがパーソナリティを呼ぶというのか、人種や職種は違っても、根に持っているパーソナリティが似た人が集まっているというのはありますね。

佐藤

そういう企業のカルチャーに共鳴して働くということは、自分が自然体でいられるということにもつながり、きっと長続きするものになる気がします。

石黒

確かにそうかもしれませんね。

佐藤

職業を選ぶという点では、石黒さんが起業された理由の一つ、「リスクを排除した結果」という考え方が面白いと思いました。

石黒

自分の振り返りをしていた中で、自分はいつも小さい組織を選んでいると思ったんです。でもそれは、あくまでも自分が判断できる、コントロールできる権限が大きくなるために小さな組織を選んでいるだけで、やることそのものは大きなことをしたいと思っているとわかりました。それであれば、大企業のパーツのひとつとなってやっていくより、自分の決めたことを即実行に落とせる起業のほうが、自分がやりたいことができる。自分がしたいことができない、他の人に決められてしまうということが、私にとっての最大のリスクなわけで(笑)。

佐藤

自分にとってのリスクが何かということを、よくわかっていらっしゃる証拠ですね。でも、いくら「自分がやりたいことをしたい」と思っていても、周囲の協力が得られなければ実現できないこともあります。その点、石黒さんは、周囲にたくさんの応援してくださる方がいらっしゃったということが、よくわかります。それは、「信頼」というキーワードで成り立っていると思うんです。そんな信頼関係を築くために、意識されていることはありますか?

石黒

まず、120%の成果を出すということでしょうね。ちゃんとやるべきことをやって、この人に任せれば大丈夫と思ってもらう。そして、自分のキャラクターをしっかり保つ。どこに行っても裏表がないように。生意気ととられかねない発言も多々してきましたが、それも失礼にならないように気をつけながら、でも一生懸命伝えるようにしてきました。

佐藤

「一生懸命」というのは大事だと思います。その姿勢は、必ず相手に伝わるものです。最後に、今、留学を前に迷ったり、戸惑っている読者にひと言メッセージをいただけますか?

石黒

留学しようと迷っている人には、基本的にチャンスがあるのであれば、行ったほうがいいと言いたいですね。異なる環境で様々な出会いをし、そこで得られる価値というのは非常に大きい。人間の幅が広がると思います。また、留学を必ず将来へのチャンスに結びつけるため、現地では積極的に準備することも大事です。特に、仕事を辞めて留学される方は、ただ学ぶだけでなく、帰ってくるまでに卒業後の具体的な進路をきちっと決めてくるという覚悟で、自主的に主体的に活動してください。海外にいるからこそ出会えることもたくさんあるのですから。

佐藤

本日はお忙しいところ貴重なお話を、ありがとうございました。ご著書を拝読し、ページが付箋だらけになってしまうほど、私自身がとても共鳴しました。留学や転職を考えていらっしゃらなくても、今の自分を見つめ直すきっかけになる本だと思います。多くの方に紹介していきたいと思います。
「企業のカルチャーに共鳴して働くということは、自分が自然体でいられるということにもつながり、きっと長続きするものになる気がします」

佐藤江利奈/留学ジャーナル キャリアカウンセラー
--photo--
プロフィール
いしぐろ ふじよ/大学卒業後1年間のアルバイトを経て、ブラザー工業株式会社に入社。海外営業を担当する。その後、スワロフスキー・ジャパンでの新規事業担当マネージャーなどを経て、34歳のとき2歳の息子を連れスタンフォード大学ビジネススクールに留学。卒業後、米国シリコンバレーでコンサルティング会社を起業。1999年、マーケティングやコミュニケーションに課題を持つ企業に対してPCやモバイルのウェブを中核に据えた総合的なマーケティング支援を行うネットイヤーグループ株式会社に参画。2000年から現職。






--photo--
著書『言われた仕事はやるな!』。石黒社長の幼少時代から、スタンフォードへのMBA留学、シリコンバレーでの起業、現在のネットイヤーでの経営の様子など、体験談をベースに読みやすく書かれている。“キャリアの棚卸”や“言われたことをやらないためのルール”など実践的な問いかけもあり、留学や転職といった転機に迷う人だけでなく、“自分の人生を納得して生きる”ためのヒントが満載の一冊。






--photo--
ビジネススクールに入るためのエッセイには自分の人生が凝縮されていると言ってよいでしょう。そして、「入学したことによって自分はこれだけ変われる」「卒業後、どれだけ学校の評判を高めることができるのか」、可能性を感じさせることが大切です。






--photo--
自分がやりたいことをやるためには「信頼」を得る。そのためには、まず120%の成果を出すこと。







--photo--
佐藤江利奈
米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー。
(株)リクルートでの採用支援の企画営業、人材紹介会社でのコーディネーターなどを通して、これまで大学生から社会人まで幅広い年代2000人以上の就職・転職希望者に対しセミナーやワークショップ、キャリアカウンセリングを行う。
> 前のページへ
<帰国後の就職も考えよう トップページへ > もっと見る
留学ジャーナルモノになる留学へ。
帰国後の就職も考えようキャリアの達人に聞く42の紹介ページです。
短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!