海外の大学にはどのような専攻があり、何を学べるかがわかるページ

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

人気専攻コース

メールで相談・費用見積りカウンセリング予約イベント・セミナー予約資料請求

海外の大学には日本にない専攻が数多くあり、自分の好きなことを勉強できるチャンスがたくさんあります。
「何を学ぶのか?」を決める時に一番大切なのは、将来の夢を描きつつ、興味を持てる専攻を選ぶことです。
日本人留学生に人気の専攻を参考に、海外の大学ではどんなことが勉強できて、それがどんな仕事に結びつくのかをチェックしてみましょう!

旅行学 Tourism/travel management

旅行会社などの実務に即した知識、技術を習得する。各国の地理を学び、旅行企画の作成、航空券、ホテルなどの予約システム、専門用語の習得などが必要。通常は実習が組み込まれていることが多く、まさに即戦力となる勉強を行っている。

将来の職業:旅行会社、フライトアテンダント、グランドホステス

インテリアデザイン Interior design

室内環境を美的感覚及び機能面の両方から創作していくための専攻。生活の質の向上をはかるとともに健康面、安全面、使用するものの品質などもあわせて学ぶ必要がある。学ぶ内容は、室内装飾の歴史、デザイン画の作成、CAD, 家具のデザイン、テキスタイル、照明、環境システムなど多岐にわたる。

将来の職業:インテリアデザイナー

幼児教育 Early childhood education

保母、保父など幼児にかかわる仕事につきたい人を対象にした専攻。子供の発育などについての知識のほかに、音楽、ダンス、絵画など子供の情操教育に関連する知識も学ぶほか、子供の成長にとって重要な、家族のあり方についての勉強も行う。一般的にインターンシップなどの実習が含まれる。

将来の職業:保母、保父、幼稚園の教師

通訳翻訳 Translating/interpreting

いうまでもなく通訳、翻訳家になるための専攻。自分の母国語を英語に訳すもしくはその逆を行うことをめざすものになるため、日本語と英語の通訳、翻訳コースをさがす必要がある。コースの数は決して多くはない、また参加者はほとんどが日本人中心となる。
発音矯正、語彙の習得などネイティブなみの英語力をめざす。正確に聞き取る能力、プロとしてのテクニックなどを学ぶ。実習面のプログラムも多く、課題もかなりハード。専門知識の取得も欠かせない。

将来の職業:通訳、翻訳家

獣医学 Veterinary medicine

獣医学は動物の疾患を診断し、処置法を学ぶものである。少なくとも学部で最低3年以上修了してから、更に4年間の獣医学課程を修了し学位を取得することになる。
専門科目は病理学、公衆衛生、実験動物医学、微生物学、外科学、放射線学、毒物学、動物遺伝学など多岐にわたる。また実習も欠かせないものである。
獣医学部には少数の学生しか入学できないため、入学は非常に難しい。一般に大型の家畜に関して学ぶことが多く、小動物はあまり対象にはならない。

将来の職業:獣医、動物学者、研究員

カイロプラクティック Chiropractic

カイロプラクティックはアメリカで生まれた脊椎ヘルスケア(保健医療)で、脊椎や骨格の調整により、神経や筋骨格系の働きを回復させる自然療法である。
履修内容は解剖学、生理学、生化学、病理学、診断学、哲学、カイロプラクティックテクニック、レントゲン学、心理学、毒物学、産婦人科、小児科、老人科、臨床実習など医学部と遜色ない履修時間を要す。

将来の職業:カイロプラクター

会計学 Accounting

会計学とは個人もしくは企業の財務情報を整理、収集、記録、分析し、実績やリスクを判断し、経営にまつわる意思決定や政策、税金対策などに関与するものである。データーも細かく読み取り分析する能力、批評する力も必要とする学問。履修内容は会計学、コスト計算、税金、非営利団体の会計学、財務指標の読み方なども学ぶ。

将来の職業:会計士、コンサルタント、投資家、ファイナンシャルプランナー

航空学 Aviation management

航空学は多岐にわたるが、今回はパイロットになるためのコースとして紹介する。
専攻は航空学はもとより、物理学、航空力学、コンピュター、航空機システム、航空安全学、地理学、フライト理論、ナビゲーションなども学ぶ。ビジネス、コミュニケーションも必要な要素となる。
事前に健康診断、ドラッグ診断なども行われる。

将来の職業:パイロット、テスト飛行士

法律事務、アシスタント Paralegal / legal assistance

法律事務職員とは弁護士、裁判官、検事などのもとで、法律的調査、法律文書の下書き、裁判記録の保管などを行う。Law Schoolへの入学は必要ない。
履修内容は法律調査、不動産法、商法、刑法及び刑事訴訟法、家族法、移民法、訴訟および市民手続、証拠、倫理、税法など。
実践的な勉強を主に行うため、インターンシップなども要求されることが多い。

将来の職業:弁護士アシスタント、調査員、司法書士、裁判所事務官、調停員

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP