THE大学自慢 ウチの大学、ココがすごいんです!

Peer Mentor @ Skagit Valley College

本日の大学自慢


アメリカ西海岸にある
Skagit Valley College

大学名:Skagit Valley College(スカジットバレーカレッジ)

国:アメリカ
地域:ワシントン州マウントバーノン(シアトルより北へ車で約1.5時間)
運営形態:州立2年制大学


本日の自慢話


メンター制度で安心して
寮生活をスタート

Skagit Valley College(スカジットバレーカレッジ)にはアパート形式の寮があり、留学生をはじめアメリカ人の学生も滞在しています。

アメリカに到着したその日から留学生でもすぐに生活ができるように、Peer Mentor(ピアメンター)と呼ばれる新入生のサポート制度があります。
メンター役の先輩学生が新入生を近くのスーパーやショッピングセンターに連れて行き、寮で自炊生活ができるように買い物のお手伝いをします。

授業がスタートしてからも、新入生がアメリカの生活習慣に一日も早く慣れるようにメンターはサポートしています。


本日の自慢人


国際課のディレクター・Christaさん

Skagit Valley College(スカジットバレーカレッジ)
Director of International Programs(国際課ディレクター)
Christa Schulz(クリストラ・シュルツ)さん

【クリストラさんからのメッセージ】
Skagit Valley College(スカジットバレーカレッジ)は、TOEFLのスコアがなくても出願ができる2年制大学として世界20ヵ国以上から約160名の留学生が集まっています。マウントバーノンというアメリカ西海岸の小さな街にあるので、治安も良く海外が初めての人でも安心です。学生一人ひとりに対して大学の国際課のスタッフが親身になってサポートしていますので、留学中に困ったことや心配なことがあったら気軽に相談してください。


シアトルとバンクーバーの中間地点にある治安の良い田舎町

マウントバーノンは治安の良い小さな街

街からはカスケード山脈が見渡せる

毎年春になるとチューリップ祭が開催

全米から観光客が訪れてにぎやかに

ショッピングモールも近くにあって便利

Skagit Valley College(スカジットバレーカレッジ)は、アメリカ西海岸の北西部にある大都市・シアトルと、カナダのバンクーバーのちょうど中間地点にあるMount Vernon(マウントバーノン)にあります。

カスケード山地の麓にある小さな街で、アメリカ国内のベスト・スモール・シティとして選出されたこともあるほど、治安が良く生活のしやすい環境です。

毎年春になると世界的にも有名なTulip Festival(チューリップ祭)が開催され、街の外れの農場一帯にチューリップが咲き誇り、アメリカ国内やカナダから多くの観光客がマウントバーノンを訪れます。

また、郊外ではスキーやハイキング、ゴルフやカイヤックなどアウトドアスポーツを楽しめたり、ショッピングモールで有名な近郊の街にも車で気軽に行けることから、週末も退屈することはありません。


4年制大学編入以外にも、高い評価を得た職業訓練プログラム

卒業後は4年制大学へ編入も可能

基礎から学べる設備の整った学習環境

Medical Assistantでは専門家を育成

人気のCulinary Artsは就職に直結

Skagit Valley College(スカジットバレーカレッジ)では約6千名の学生が在籍しており、毎年多くの卒業生がアメリカ国内の4年制大学へ編入をしたり、地元企業などへ就職をするアメリカ人学生もいます。

学生と教師の割合が20:1という少人数教育を実践していて、大都市にある2年制大学と比べて教師や大学スタッフからより身近なアドバイスが受けられるので、卒業後の4年制大学への編入実績には定評があります。

また、4年制大学への編入以外にもTechnical Programs(職業訓練プログラム)が充実しており、就職のためのキャリアトレーニングを中心としたカリキュラムは地元企業から高い評価を得ています。

クラス一覧】 *時期や希望人数により、開講されないクラスもあります。

Agriculture History
Anthropology Human Services
Art Humanities
Automotive Technology International Studies
Biological Sciences Journalism
Business Admin & Accounting Library
Business Management Manufacturing Technology
Chemistry Marine Maintenance Technology
Communications Studies (speech) Mathematics
Composites Technology Mechatronics
Computer Information Systems Media Communications
Computer Science Medical Assistant / Allied Health Education
Criminal Justice Multimedia / Interactive Technology
Culinary Arts & Hospitality Mgmt Music
Dental Assistant Natural Science
Diesel Power Technology Nursing
Drama Nutrition
Early Childhood Education Office Admin & Accounting Technologies
Earth Science Paralegal
Economics Pharmacy Technician
Education Paraprofessional Philosophy
Electronics Technology Physical Education
Engineering Physics
English And Literature Political Science
Environmental Conservation Psychology
Environmental Sustainable Agriculture Social Science
Ethnic Studies Sociology
Family Life Technical Design
Fire Protection Technology Technical Education
Geographic Information Systems Veterinary Assistant
Geography Welding Technology
Health & Fitness Technician World Language - Chinese, French, Greek, Spanish
など


自炊可能な寮で生活をしながら、キャンパスライフを楽しむ

キャンパス内にある寮だから安心

他の学生と一緒にシェア感覚の寮生活

アパート形式なのでキッチンで自炊

アメリカ人と友達になるチャンス

サッカーやテニスなど運動施設も充実

Radio Clubなどクラブ活動に参加

Skagit Valley College(スカジットバレーカレッジ)には、同じ敷地内に大学が運営するアパート形式の寮があり、学生が自炊生活をしています。

大学の周辺にはスーパーや日用雑貨が購入できる店もあり、また車で10分程度の距離には大型スーパーやショッピングモールもあるので、日常生活に不便を感じることはありません。

また、キャンパス内にはテニスコートや野球場、サッカー場などの運動施設があるので、授業の合間や週末などには学生は自由に利用できます。

そして、大学には学生が参加できるサークルやクラブが20以上あります。
Nurses ClubやEnvironmental Conservation Clubなど大学の専攻に関連したものから、Radio ClubやCardinal Newspaper、French Travel ClubやStreet Dance Clubなど趣味や興味に合わせたものまでさまざまです。

スポーツやクラブ活動では、クラスメイト以外のアメリカ人の学生と知り合うチャンスですので、ぜひ積極的に参加してください。

メンター制度以外に英語の個人指導など、留学生へ万全のサポート

世界中から集まる留学生

メンター制度で大学生活の心構えを

さまざまなサポートで充実の留学生活

アメリカ人の学生が英語をチェック

Skagit Valley College(スカジットバレーカレッジ)では、留学生に対してさまざまなサポートを提供しています。

留学生の滞在先として、アパート形式の寮以外にホームステイの紹介も行っています。

いきなり寮で自炊生活をするのが心配な留学生には、地元のアメリカ人ホストファミリーと一緒に生活をしながらアメリカの生活習慣に慣れ、英会話力がアップできると好評です。

また、寮やホームステイに滞在する留学生には、シアトル空港到着時の空港出迎えとマウントバーノンまでの送迎を無料で提供しています。

そして、寮に滞在する学生は、Peer Mentor(ピアメンター)と呼ばれる新入生のサポート制度を利用できます。到着したその日から自炊生活ができるように、寮のチェックイン日にメンター役の先輩学生が新入生を近くのスーパーなどに連れて行き、買い物のお手伝いをします。

メンター役の先輩学生は、キャンパス内の主要な建物や新入生オリエンテーションが行われる場所も案内してくれますので、何か分からないことがあったら遠慮せずに聞いてください。

そして、大学の授業開始後はTutoring Center(チュータリング・センター)による、English Tutoring Services(英語の個人指導)を受けられます。これは、大学の授業で与えられた英語の課題レポートに対して、文法チェックや文章構成のアドバイスをしてくれるもので、英文ライティングにハンディのある留学生にとっては嬉しいサポートです。


英語力がなくても条件付き入学制度で留学生活をスタート

条件付き入学からスタートして卒業へ

英語コースでカレッジスキルを習得

パートナー制度で英会話の練習

勉強以外もアメリカ人の友達と一緒に

国際課のスタッフが親身にサポート

Skagit Valley College(スカジットバレーカレッジ)では、No-TOEFL Policyと呼ばれる出願時にTOEFLのスコアがなくても大学付属英語コースからスタートすることを条件に入学が許可される制度があります。

大学付属英語コースは英語のレベルに応じてクラス分けされており、上級以上のレベルになると留学生向けの英語の授業と同時に、大学の正規の授業を受講することができます。

アットホームな大学なので、授業以外のさまざまな場所でアメリカ人の学生と知り合えるチャンスがあり、例えばConversation Partner Programと呼ばれる会話パートナー制度を利用すると、希望者はアメリカ人の学生と英会話の練習ができます。

初めての海外でも国際課スタッフによるきめ細やかなサポートのあるSkagit Valley College(スカジットバレーカレッジ)で、自信を持って留学生活にチャレンジしてください。

Skagit Valley College(スカジットバレーカレッジ)
さらに詳しい情報や留学費用の見積りや学校に関するご質問は、
留学ジャーナルへお気軽にどうぞ!


CV.jpg

このページの掲載内容は2012年2月現在の情報です。学校の都合により予告なく変更される場合があります。