「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

地方都市チェルトナムを満喫!英語力も自信がもてるように 

イギリス/チェルトナム

少人数制で居心地の良いクラス。先生と美術館を訪問したことも

チェルトナムへはロンドンから列車で2時間強。イギリスの田舎町に憧れていた私にぴったりの留学先でした。学校の1クラスは多くても12人程度。先生が生徒のことをよく気にかけてくれて、常に発言しやすい雰囲気がありました。クラスメイト同士のコミュニケーションが活発で、生徒のやる気が感じられるところも良かったです。

特におもしろかったのは、先生の提案で午後の授業中に他の3人の生徒と共に外出することになり、先生のガイドで近隣の教会やウィルソン美術館を訪れたことです。晴れた日にチェルトナムのハイストリートをみんなで歩いたり、ヴィクトリア絵画や複製の絵画を見学しながら意見交換したりして楽しく時間を過ごせました。

ホームステイ先での日常会話で英語力の伸びを実感!

ステイ先ではホストマザーもファザーもとても親切で、「どんな人がホストファミリーになるんだろう」と心配していた私は心底ホッとしました。単語が出てこないときにも辛抱強く聞いてくれるので、うまく話せなくても「また次も話しかけてみよう」と思うことができました。一方で、発音や文法、スペルの間違いには厳しく、友達と話す以上に気をつけて会話していました。

また、オマーン人の生徒が同時期に滞在していて、私が渡英してすぐは一緒に学校へ行ってくれたり、遊びに誘ってくれたりと家でも学校でも気にかけてくれて助かりました。私よりも英語が上手で話すスピードが速かったので、最初の1週間は彼の言うことが2~3割程度しか理解できませんでした。それでも、学校の授業の成果に加え、放課後にはクラスメイトと、ステイ先ではホストファミリーとたくさん話すようにしていたため、最後の1週間は夕食時の会話が8割以上わかるようになり、自分から会話に入ってもいけて、自分の成長を実感できました。

近隣都市への訪問やクリームティの食べ比べも楽しめた

週末には土日ともバスか電車で他の街を訪れました。ロンドンとオックスフォード、ボートン・オン・ザ・ウォーターへ2回ずつ、ストーン・オン・ザ・ウォール、ブリストル、グロスターへは1回ずつ行きました。友達と訪問することもありましたが、教会やカフェなどの自分の行きたいところを1人で気ままに回るのも楽しかったです。

また、私はクリームティが大好きで、週に2~3回は楽しんでいました。ホストマザーにチェルトナムでおすすめのカフェを聞いて行ってみたり、週末に訪れる街で食べたりもしました。おすすめはグロスターにあるリリーズというカフェです。クロテッド・クリームが滑らかで口の中でスッと溶ける感じ、そしてスコーンの固さも絶妙で、帰国した今でも「また食べたい!」と思っています。ピーター・ラビットのお話に出てくるお店が目の前にあることから、内装にもピーターが使われているところもとても可愛かったです。

「精一杯やる!」その決心が思った以上の成果を呼んだ

最初の1週間は慣れないことや難しいことばかりで、日本に帰りたいと思ったし、日本語が恋しくてたまりませんでした。それでも、「がんばろうが諦めようが帰国は4週間後ということは変わらないんだから、それなら辛くても失敗してもやれるだけのことを精一杯やろう!」と決心。それからはできる限り人と話したり外出したりするようになりました。すると、仲良しの友達ができて学校での居心地が良くなり、ホストファミリーとも話す機会が増え、いろんな街を訪れることができたのです。諦めずチャレンジしたからこそ、自分が思う以上の成果が手に入れられたのだと思っています。

4週目の月曜日に学校のラウンジで、その日が初日である日本人の方から「長くここにいるみたいに周りになじんでいるね」と言われました。それはまさに、私が自分の初日に他の日本人の生徒を見て感じたことでした。「自分がなりたかった姿になれた」それが私の4週間のイギリス留学の収穫だったと思います。

留学ジャーナルの
カウンセリングの感想

「イギリスに行きたい」ということしか決めていなかったので、滞在期間や治安面も考慮して、私に合った都市を勧めてもらえたのがありがたかった。

留学した人

伊藤 諒香 さん(21歳)

留学の種類

語学留学

滞在期間

2017年8~9月(1ヵ月間) 

滞在方法

ホームステイ

学校

inlingua Cheltenham

留学の理由・目的

ヨーロッパ、特にイギリスの文化や歴史に興味があったのと、他国と日本との違いを実際に体験して視野を広げたいと思っていた。

担当カウンセラー

水谷 美保

留学前不安に思ったこと

英語力と現地でのトラブル、ホストファミリーに関する不安があった。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP