「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

勇気を出して大きな一歩を踏み出して良かった!

ニュージーランド/オークランド、クライストチャーチ

仕事探しの基礎は学校で!

勉強するなら今しかない!と、思い切って会社を辞めてやってきたニュージーランド。1年間という初めての長期滞在で、本当にいろいろな経験ができました。こちらに来てまず通ったのは、オークランドの語学学校です。English @workというワーホリメーカー向けのコースで、履歴書の書き方や電話のかけ方、面接の受け方などを学び、求人の見つけ方や、地元で採用されやすいお店についても教えてもらいました。コース修了後は新聞やwebを中心に仕事を探しました。ニュージーランドに来たからには、日本語環境では働きたくないと思っていたので、会話の練習も兼ねていろんなところに電話をかけてみたんです。もちろんEメールでの問い合わせも。これも英語の勉強になりましたよ!あとは、履歴書を何枚もコピーして、街中を歩きながら求人広告が貼ってあるお店に直接交渉!日本人の感覚だと、アポなしは失礼と考えてしまうんですが、Kiwiはそんなこと全然気にしないみたいです。実際3つの仕事のうち、1つはこの方法で獲得しました。

100%英語環境の職場

私はオークランドで1つ、クライストチャーチで2つのバイトを経験したのですが、いずれも日本人スタッフ0人もしくは1人という英語環境でした。はじめのうちはお客様の言っていることが聞き取れなくて困りましたが、聞き返すとゆっくり言い直してくれる人がほとんど。仕事にはすぐに慣れることができました。最初にショックだったのは、レストランのホールスタッフをやっていた時、ビールの銘柄をオーダーミスしてしまったことですね。こちらにもアサヒ、キリン、サッポロは置いてあるのですが、発音が日本とまったく違うので聞き取りにくかったです。ちなみに私が聞き間違えたのは「kirin」と「corona」。なぜ?と思う人は、一度ネイティブの発音を聞いてみてください(笑)。

こんなバイトでの失敗経験も含め、旅の途中での出会いと別れ、さまざまな国籍の友達との交流など、ワーホリのメリットを充分に活用できたニュージーランドでの生活でした。すべての経験が自信へとつながり、大きく成長できた1年だったと思います。勇気を出して大きな一歩を踏み出して良かった!一生に一度だけのチャンスを、今このタイミングで活かすことができて本当に良かったです。

留学した人

山崎 里美 さん

留学の種類

ワーキングホリデー

滞在期間

2006年4月~(1年間)

滞在方法

ホームステイ

学校

Auckland English Academy

留学の理由・目的

「勉強するなら今しかない!」と思い立った。

担当カウンセラー

広島留学ジャーナルカウンセリングセンター

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP