「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

仕事探しは自分の足で。レジュメ持参で一流ホテルに採用決定!

オーストラリア/シドニー

本気で勉強するならここ!

大学を1年間休学し、ワーキングホリデービザで渡豪。まずは語学学校に通いました。ELC(English Language Company)を紹介してもらったのですが、ここは本当におすすめの語学学校でした。新しい学校ということで設備が素晴らしく、先生の質も高いこと。それに加え、日本人の学生があまりいなかったことも理由の一つです。また、現地で優良校というと必ずELCの名前が挙がっていました。ほとんどがヨーロッパと南米からの留学生で、最初は大変かもしれませんが、英語を勉強するには最高な環境といえると思います。

また放課後、毎日実施される特別クラスも良かったですね。参加は任意で、興味のある分野の授業を受けることができます。通常クラスと同様、授業の質が高く、他のクラスの生徒と交流することができます。私はそこで出会った友達と学校内でサッカーチームを作り、週2回サッカーをしていました。また彼らとは毎日のように飲みに行きました。人数が多すぎず、また少なすぎず、勉強するにも友人を作るにも、ELCはちょうどいい規模の学校でした。

オーストラリア中のホテルにメールと電話で仕事探し

語学学校でのコース修了後、アルバイト先はすべて自力で探しました。私が目指したのは時給のいい4つ星以上のホテルです。それも日本でのアルバイト経験を活かせるバーテンダーに絞って仕事を探しました。お酒を扱うための資格RSAを現地で取得しての挑戦。まずは自分のレジュメを30以上のホテルにメールで送り、電話でもコンタクトを取ることにしました。その中で面接に進んだのが3社で、最終的に4つ星ホテルに採用決定!そこではバーテンダーの仕事のほかにレジも任され、楽しく有意義な半年間を送ることができました。

まだ英語に慣れていない頃、「殺菌処理」という言葉が分からずに、お客様に叱られてしまったことがあり、英語で仕事をする厳しさを学んだのもこのホテルでした。マネージャーとも親しくなり、そのまま就職という話もありましたが復学のため帰国。そして約半年後、また渡豪することになりました。

1度目のワーホリでエンジニアリングの仕事もやっていたため、2度目もワーホリビザで行くことができました(※)。今度の仕事探しは、ホテルにレジュメを持参することから始めました。目的は直接マネージャーに会って話を聞いてもらうこと。当たって砕けろ精神で面接にこぎつけたのが数社。今度はハリウッドスターも泊まる5つ星ホテルへの採用が決まりました!

仕事探しは、英語がうまく話せなくても笑顔で、自分から行動することで道を切り開くことができます。失敗を恐れずに挑戦すること。そして、なにより楽しむことが一番大切です。
Seize the day and all do your best!

※セカンドワーキングホリデービザを取得する際、該当地域や職種など条件が限られています。

留学ジャーナルの
カウンセリングの感想

保険、ビザの申請に関しては初めてだったので助かった。相談することで具体的な費用、学校などを教えてもらった。

留学した人

東 寛人 さん(22歳)

留学の種類

ワーキングホリデー

滞在期間

2009年3月~2010年2月、2010年10月~2011年3月

滞在方法

ホームステイ

学校

English Language Company

留学の理由・目的

自分の将来に不安を感じたから。それを踏まえ、自分への挑戦。

担当カウンセラー

東京留学ジャーナルカウンセリングセンター

留学前不安に思ったこと

自分の英語力で現地で生活できるか。また、金銭的にやっていけるか。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP