「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

2回のインターンを経験。留学は語学だけじゃない!

アメリカ/スポケーン(ワシントン州)

大学の課題をこなせたのは個人レッスンのおかげ

大学4年時を休学し、渡米したのは2010年の10月。まずは語学学校のSpokane College of English Language (SCEL)で半年間みっちり英語を学びました。特に論文の書き方は、チュータリング(個人レッスン)で本当に叩きこまれたと思います。その後、2年制大学のSpokane Community College(SCC)へ。4~6月の1学期間で、地理と英語、マーケティングの授業を取りました。

地理の授業で印象深かったのは、毎週木曜日に提出するニュース論評の課題です。これはニューヨークタイムズから興味のある記事を選んで、批評するというもの。この課題で読み書きの力がかなり付いたと思います。また英語の授業で学んだのは、カレッジレベルのエッセイの書き方です。短編集を読み、そこからテーマに沿ったエッセイを3つほど書きました。自分の意見を落としこんで言葉にする難しさと、上手く書けたときの喜びは忘れられません。

マーケティングの授業は、学生参加型でした。グローバルマーケティングで、どのような手法や考え方が使われているかを、具体例をもとに進めていく内容。教授が日本で勉強していたこともあり日本の具体例が多く、わかりやすかったのと同時に、外国人から見た日本の文化を知ることができました。このほかヨガの授業も取り、大学生活は充実したものになりました。

え!私が橋渡し役?介護施設で初の通訳体験

今回の留学では、5月に行ったワークスタディも忘れられない経験です。日本の介護福祉系専門学生の研修をサポートするというもので、インターナショナルオフィスのスタッフから声がかかり応募しました。3日間という短期間に交流会、講義、施設訪問などびっしりとスケジュールが組まれおり、私は通訳、サポートスタッフとして働きました。

苦労したのは、施設訪問で医療の専門用語や英語独特の言い回し・ジョークを専門学生に日本語で伝えること。特に、聞いてすぐに日本語に訳すというのはかなり頭を使う作業で、全く経験のない私は緊張しっぱなしでした。しかし、精一杯やるうちに、案内してくれた施設スタッフとも打ち解けることができ、最後には「よくできていたよ」と言ってもらえたことがとても嬉しく、達成感と自信にも繋がりました。

語学学校のインターンシップで得たものは?

また、自分が通っていた語学学校SCELでのインターンシップも貴重な体験でした。先生から、「サマークォーター(大学の夏学期)を取らないのであれば、うちの学校でインターンシップをやらないか」とお誘いを受けたのがきっかけです。

印象に残っているのは、学生ラウンジのレイアウト変更や、学生向けの掲示板作りをもう一人のインターン生と一緒に任されたこと。学生目線で必要なものや知りたい情報を積極的に取り入れたことで、多くの学生が利用してくれ、みんなが楽しんでいる様子を見て、とてもやりがいを感じました。また、毎週月曜日に来る新しい学生にオリエンテーションをすることも仕事の一つ。朝から半日かけて、書類記入のしかたや、学生証の発行、クラス分けテストなどについて説明を行いました。これによって新しい学生と最初に触れ合えただけでなく、今まで通っていたときには話す機会が少なかった学生とも改めて触れ合う機会になりました。

今振り返ると、この仕事を経験していなかったら私の人間関係の幅は広がっていなかっただろうと思います。3ヵ月弱のインターンシップで留学生活の半数以上に匹敵するほどの人と関わることができました。これは人生の大きな財産です。

もし、今留学するかどうかで迷っているのならば、短期でも絶対に行くべきだと思います。それは私も悩みに悩み抜いた上で留学を決めたからです。そして、一切後悔したことはありません。なぜなら、全て自分で決心したことだからです。帰国した今、失うものはなにもなく、全てが得るものだったと感じています。
You don’t have to be great to start, but you have to start to be great.
ぜひ今始めてください。

留学ジャーナルの
カウンセリングの感想

カウンセラーをはじめスタッフのみなさんが、小さな質問にもいつも丁寧に答えてくれたことで不安が解消し、自分自身の留学準備に専念できた。

留学した人

大野 由佳 さん(23歳)

留学の種類

語学留学+学部聴講、インターンシップ

滞在期間

2010年10月~2011年8月(10ヵ月)

滞在方法

ホームステイ

学校

Spokane College of English Language

留学の理由・目的

以前より英語で世界中の人とコミュニケーションを取ることに憧れていた。外国語学部、国際関係学専攻でありながら英語に自信を持てなかった自分を変えたかった。

担当カウンセラー

福岡留学ジャーナルカウンセリングセンター

留学前不安に思ったこと

漠然とした不安はあったが、念願の留学への楽しみの方が大きかった。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP