メルマガバックナンバー|短期留学や語学留学など、留学するなら留学ジャーナル

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求
[Vol.75]オセアニアの大学の教育制度とは?
─────────────── 留学ジャーナル e-News────── 

    RYUGAKU JOURNAL   e-News    vol.75        2006/08/24

        Website/Mobile>> http://www.ryugaku.co.jp/
=================================================================
 e-Newsは、これまで留学ジャーナルのサイトでメルマガ登録をされた方、
 資料請求時に留学ジャーナルからの情報を希望された方にお送りしています。

==☆ TOPICS ☆ ==================================================
【RJ News】
 ★ デザインを学ぶなら留学がオススメ! ★
 ★ コーヒーの香り漂うシアトルで英語を学ぼう! ★
 ★ 体験者の話を聞いて、大学留学に一歩近づこう! ★
 ★ 持ってて良かった!海外生活お役立ちグッズ ★

【コラム】Sports Glossaries  ~スポーツでみる英語~
 『暑い夏をより“熱く”する、ふたつの野球』

【海外の教育制度】 
  第2回 オセアニアの大学

=================================================================
こんにちは。留学ジャーナルです。

最近、“デトックス”ということばをよく見かけます。
解毒をするという意味で捉えられ、健康的な体を作るために、体内にある毒を
出すその方法として、食事法やヨガ、マッサージなどが紹介されています。
その“デトックス”が実践できる場所として注目されているのが、
オーストラリアです。
豊かな自然に、オーガニックの食事、ゆったりとしたライフスタイルは、
まさにストレスフリーな環境ですよね。

今回の「海外の教育制度」では、オーストラリアとニュージーランドの
大学についてご紹介しています。
生活環境が良いだけでなく、世界的にも教育水準が高いオセアニアは、
大学への進学もオススメ。ぜひ参考にしてみてくださいね。


----【ケータイから気軽に国際電話】-------------------------------

ドコモのケータイなら、「009130」をプッシュするだけで簡単に日本から
世界236の国・地域へいつでもどこでも国際電話がかけられます。
留学前の事前連絡や帰国後の留学先の友人やホストファミリーへの連絡は
もちろん、日本にいるご両親にかけ方を教えておけば、
ご両親のケータイからホームステイ先にも簡単に連絡ができるので便利!
留学中でも家族とつながっていられます。
指定した電話番号への通話料が割引になる「ゆうゆうコール」も
適用されるのでさらに安心です。

>>> http://www.nttdocomo.co.jp/pr/world/01.html


----【RJ News】--------------------------------------------------

★ デザインを学ぶなら留学がオススメ! ★
ファッション、インテリア、ウェブ・・・と多くの種類があるデザイン。
なかでも、いま注目のインダストリアル・デザインが学べる大学とは?
>>> http://www.ryugaku.co.jp/news/news.php?nid=673

★ コーヒーの香り漂うシアトルで英語を学ぼう! ★
イチロー選手や城島選手が活躍するシアトル。戦前から日本との交流が盛んで
日本人にとっても過ごしやすいこの街で、快適な夏を過ごしませんか?
>>> http://www.ryugaku.co.jp/news/news.php?nid=667

★ 体験者の話を聞いて、大学留学に一歩近づこう! ★
「日本の歴史について勉強しておくべき?」「ホームステイとルームシェア
どっちがいい?」など、気になる質問に、留学体験者がズバリお答えします。
>>> http://www.ryugaku.co.jp/news/news.php?nid=672

★ 持ってて良かった!海外生活お役立ちグッズ ★
必需品ではないけれど、あると便利な「海外生活お役立ちグッズ」をご紹介!
行く前に充分リサーチして、買い揃えていくと安心です。
iPod が学割で最大10%OFFで購入できる情報も!必見です!!
>>> http://www.ryugaku.co.jp/news/news.php?nid=665


-----【コラム】---------------------------------------------------

 Sports Glossaries  ~スポーツでみる英語~  text by Kyoko Hoshino

 vol.8『暑い夏をより“熱く”する、ふたつの野球』

高校野球は日本の夏の風物詩。早稲田実業学校の初優勝とともに、夏の終わり
を感じている人も多いのでは。今年は特に最後の最後まで熱戦が続きましたが、
高校野球が毎年盛り上がるのは、「トーナメント(tournament / tourney)制」
という試合形式も理由のひとつかもしれません。
正確にいえば、絶対に負けられない「勝ち抜き戦」であり、
英語では“knockout tournament”として呼び分けています。

ちなみに、勝ち抜き戦の組合わせ表を作る時、上位進出の可能性がある一部の
強豪チーム(または選手)を「シード」として指定し、
早い段階でシード同士の対戦がないように配慮することがあります。
この「シード」は、“seed”=「種まき」がもとになったスポーツ用語。
組合わせ表上に有望チーム(選手)を「種を蒔くように散らす」という意味
からこの言葉が使われています。

もうひとつ、日本の夏に欠かせないのがプロ野球。
約半年に及ぶ長いシーズンを、「リーグ戦」形式で戦います。各チームが
総当たりで戦い、その勝敗数や勝率などによって順位が決まる試合形式です。
実はこの「リーグ戦」は和製英語。“league”は「同盟や連盟など組織」の
ことであり、本来、同一組織内での対抗戦はすべて「リーグ戦」となります。
つまり、高野連に加盟するチームによる高校野球も「リーグ戦」であり、
その試合形式が「勝ち抜きトーナメント制」で行われているわけです。

プロ野球のような「総当たり戦」形式は、“round robin tournament”と
呼ぶのが一般的です。“round robin”とは「輪になったリボン」であり、
「始まりも終わりもない」ことを意味するようです。
“round robin”ではなく、四季の移ろいがある日本の1年。
夏が終われば、本格的な「スポーツの秋」がやってきます。


----【海外の教育制度】--------------------------------------------

第2回 オセアニアの大学について

オーストラリアには、国公立大学37校と私立大学2校、
ニュージーランドには、国立大学が8校あります。
大学学部はUndergraduate, 大学院はPostgraduateと言われています。

オセアニアの教育制度はイギリス式の流れを汲んでいます。
日本では大学1年次に学ぶ一般教養課程をオセアニアでは高校11・12年生次に
履修するため、大学では1年次から専門課程の勉強が始まります。
そのため、文系の学部であれば通常3年間で学位取得が可能です。
一方、医学・工学などの理系コースは卒業まで4~6年程度かかります。
大学学部ではDiploma / Advanced Diploma(準学士/学士号)、
大学院はGraduate Certificate / Graduate Diploma(修士号/博士号) 
が取得できますが、大学・専攻により若干異なります。

日本の教育システムとは異なるため、日本の高校卒業後すぐにオセアニアの
大学へ出願する場合には、通常大学進学準備課程の修了が入学条件とされます。
一般的に「ファウンデーション・コース」と言われているこのプログラムでは
英語はもちろん、専門用語でのディスカッションスキルや効果的なノートの
取り方、研究分析の方法など、様々な「学習スキル」をしっかりと身につけます。
期間は1年なので、大学の3年間と合わせると、日本や北米と同じように
合計4年間で学士号を取得することができます。
また、進学準備課程を履修中に、大学1年次の科目を学べる場合もあります。
その場合にはコース修了後、大学2年次に入学することが可能となります。

大学への直接入学で必要な英語力をクリアしていない場合でも、
大学付属の英語コースがサポートするので安心です。
EAP(English for Academic Purposes)と呼ばれるコースで、
入学規定レベルまでの英語力アップをはかります。
また、今回フェアに参加するBond大学、Griffith大学、Wollongong大学、
Macquaire大学、Australian Catholic大学、Canterbury大学の付属英語コース
にはEAPだけでなく、GEと呼ばれる一般英語コースもあり、
英語力が初級レベルの方にも好評を得ています。
「英語の上達が目的」という方でも気軽に参加していただけるコースです。

両国とも大学間のレベルにあまり差はなく、世界的に見ても高い教育水準を
誇ります。各大学がそれぞれ得意とする専門分野において、
国や企業と密接に連携して様々な研究を行っており、今日それらの成果は
国際的にも高く評価されています。オセアニアならではの実績で人気の
アジア学、環境学、社会福祉学、言語学、石油学、森林学などはもちろん、
医学、生物科学、ビジネスなど幅広い専攻を揃えています。

留学ジャーナルの『ワールド留学フェア 2006 FALL』に参加するオセアニアの
各大学は、英語コースから大学院まで充実しています。
ぜひ各大学のブースで学校の様子や生活環境、専攻についてなど、
直接学校スタッフに聞いてみましょう。英語に心配がある人でも大丈夫。
留学ジャーナルのスタッフが通訳としてサポートします。この機会に、
ぜひオーストラリア・ニュージーランドの大学の魅力に触れてください。

次回は、オセアニアの専門学校についてご説明します。


----------------------------------------------------------------
世界6ヵ国から60校の現地スタッフが来日!国内最大級の留学フェア開催!
ワールド留学フェア詳細>> http://www.ryugaku.co.jp/spot/wf_2006fall/

このメールの配信停止を希望される方は http://www.ryugaku.co.jp/
にて「メールマガジン」ボタンから購読停止手続きをお願いします。
================================================================
  発行:株式会社 留学ジャーナル 
  〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
  国土交通大臣登録旅行業第1種第1695号 
  社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
  ホームステイツアー等適正化協議会正会員
  http://www.ryugaku.co.jp/    e-desk@ryugaku.co.jp
================================================================
            Copyright(C) RYUGAKU JOURNAL, Inc.
当メールマガジンに掲載された全ての記事を転載することを禁じます。
----------------------------------------------------------------

≪  [Vol.74]短期留学にオススメ!時差ナシのオーストラリア留学    [Vol.76]英語の仕事につながる留学をしよう!  ≫

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP