2017.03.31

芸術に満ちた町フィレンツェで学生になる

firenze2.jpg「花の都」「ルネサンス発祥の地」といった華やかな言葉で表現されるフィレンツェは、イタリアでも人気の高い都市。歩いて動き回れるサイズのこぢんまりとした街には、「ドゥオモ」の愛称で知られる花の聖母教会をはじめ、数多くの教会、美術館、宮殿などが点在しており、14世紀後半に絶大な権力を誇ったメディチ家の繁栄をうかがい知ることができます。

なかでもメディチ家のコレクションを所蔵しているルネサンス美術の宝庫、ウフィッツィ美術館は必見!ボッティチェリ作の「春」や「ヴィーナス誕生」をはじめとする世界に名だたる傑作が収められています。

firenze1.jpg街を流れるアルノ川の向こうの宮殿へと続く回廊など、建物までも人々を惹きつけます。アルノ川に架かるフィレンツェ最古の橋、ポンテ・ヴェッキオにはジュエリーのお店がひしめき、そのほかにも革製品やシャツを扱うお店など、見ているだけでウキウキしてきます。たくさんの観光客で賑わう歴史と文化に彩られた街は、今も変わらず人々を魅了し続けています。

◆フィレンツェのオススメ語学学校
Linguaviva

フィレンツェの鉄道駅、サンタ・マリア・ノベッラ駅から徒歩数分の便利な場所に位置する老舗の語学学校リンガビーバ。ミラノにも姉妹校(Linguadue)があり、世界中から多くの留学生が学んでいます。週20・30レッスンの一般イタリア語レッスンの他、インテリアデザインやジュエリー、写真を4週間から学ぶことができます。日替わりで行われるアクティビティは、イタリア映画の上映やスポーツの他、ローマやべネツィア、ピサを訪れる小旅行など、イタリアを存分に満喫できます!
>>>短期(2~8週間)コース長期コース
>>>体験談

フィレンツェなどイタリアをはじめヨーロッパへの留学についてもどうぞお気軽に、お近く留学ジャーナルカウンセリングセンター(東京大阪名古屋広島福岡)へご相談ください。

▼「留学カウンセリング」のご予約・資料請求はこちら▼

b_cv.png b_pp.png

当日でもご予約可能!
お急ぎの方は、フリーコール0120-890-987まで!

 

Share (facebook)

2017.03.30

マルタの名所「アズール・ウィンドウ」

asure window.jpg

留学先としても大人気のマルタ島。島内には大聖堂や城壁の町、巨石神殿などさまざまな見どころがあります。マルタ本島からフェリーで30分ほどのゴゾ島にある「アズール・ウィンドウ」もそのひとつ。

強風や波によって作られた自然のアーチはマルタの名所として親しまれており、メディアにもたびたび登場してきました。ところが3月8日、島を襲った嵐により、この自然のアーチが崩壊。地元の人々や観光客に大きな衝撃を与えています。

学校のアクティビティなどでは必ず訪れる場所で、何人もの留学ジャーナルスタッフがこの地を訪れています。あの景観がもう見られない...、と思うと残念ではありますが、やはり自然の力にはかないません。

とはいえ、マルタには美しいビーチや景観、歴史的な建物など、まだまだ魅力的なスポットがたくさんあります。人気のマルタ留学のご相談はお早めに!

◆マルタのオススメ語学学校↓↓
・活気あふれる大規模校でしっかり勉強
>>>EC Malta
・クラスメイトは30歳以上の同年代
>>>EC Malta 30+
・40歳以上の"大人向け"短期コース
>>>IELS Malta

マルタへの留学のほか、英語圏以外のヨーロッパへの留学についてもどうぞお気軽に、お近く留学ジャーナルカウンセリングセンター(東京大阪名古屋広島福岡)へご相談ください。

▼「留学カウンセリング」のご予約・資料請求はこちら▼

b_cv.png b_pp.png

当日でもご予約可能!
お急ぎの方は、フリーコール0120-890-987まで!

 

Share (facebook)


2017.03.28

日本人の発音はモテる!?

paris.JPG

大学に入るとほとんどの学生が経験する"2外"。必修の英語に加え、第二外国語の選択をしなければならない大学が多いと思います。テスト前の勉強のみと割り切る学生も多いようですが、理解できる言語が多ければ多いほど、世界はより楽しくより近くなります。

2外で何となく選択してみたスペイン語ですが、最初のころは挨拶してみたり数を数えたりと楽しんでいたものの 動詞の活用が始まった途端、挫折しました。活用の数が半端じゃない!中学1年生のときに英語で感じた衝撃なんて甘いものでした。

ご存じのとおり、スペイン語とイタリア語はかなり似ています。イタリア人は、スペイン語は学習する必要がないと言っていましたし、実際スペイン人はスペイン語で、イタリア人はイタリア語で話していても会話が成り立つそうです。ここで意外なのはフランス語。発音は違うものの、書いてあるものを読む分には大体意味が分かるそうです。挫折したスペイン語でしたが、そういうわけで一回足を踏み入れるとラテン語系の言語の楽しさから抜け出せなくなってしまいました。

最後に。フランス語でまず最初に引っかかるのは発音です。喉を鳴らす独特な音があり日本人には難しいと言われていますが、実は日本語なまりの発音は、フランス人男性に言わせると「かわいいそうです。留学先が英語圏であればクラスメイトは当然非英語圏出身で、様々なルーツを持った学生が集まってきます。どんなきっかけでも話せるようになればこっちのもの。英語以外の言語にもに挑戦してみませんか?

留学ジャーナルのサイトでは、2017年の短期留学コースの掲載を開始しました。1週間から行けるコースも紹介していますので、GWや夏休み、シルバーウィーク、年末年始など、ヨーロッパで語学を学びませんか?

●ヨーロッパの短期留学人気コースはこちら

●ヨーロッパ留学はこちら

▼「留学カウンセリング」のご予約・資料請求はこちら▼

b_cv.png b_pp.png

 









Share (facebook)

留学ジャーナルはココが違う!

1.40年以上の実績

あらゆる解決策を知り尽くした経験豊富なカウンセラーがお一人おひとりベストな留学をプランニング。

2.確かな情報力

1983年創刊「留学ジャーナル」は、日本で最も歴史のある留学情報誌。確かな情報のみをお届けします。

3.強力なネットワーク

UCLAやコロンビア大学など、海外の数多くの教育機関や、各国大使館との協力関係で帰国後までサポート。

留学ジャーナルカウンセリングセンター

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡
  • 岡山

【フリーコール】0120-890-987

  • カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談
  • 資料のご請求はこちら ご希望の資料を無料でお届けします