2016.05.18

世界が注目する幼児教育

nzedu.jpg のびのびしたマイペースな雰囲気が魅力のニュージーランド!幼児教育においても子どもの個性を伸ばすための独自のカリキュラムが1996年から導入されています。その名も「テ・ファリキ」。耳慣れない言葉かもしれませんが、世界中から注目を浴びている教育カリキュラムなんです。

「テ・ファリキ」とはマオリ語で「織物」という意味。「テ・ファリキ」には4つの原則として「エンパワーメント」「全人的発達」「家族とコミュニティ」「関係性」があります。また、5つの要素として「健康と幸福」「帰属感」「貢献」「コミュニケーション」「探究」が挙げられます。これらがまるで織物のように組み合わさって教育の根幹を成しています。

ニュージーランドの子どもたちは小学校に上がるまで、保育所や幼稚園、プレイグループ、マオリ式教育を行うコハンガ・レオなど、実にさまざまな施設で教育を受けますが、そのすべての現場がこの「テ・ファリキ」を採用。それぞれの形で適用されていますが、おしなべて個々の子どもが「自分のしたいこと」を大事にしながら成長できる環境です。

「南半球の北欧」と言われるほど福祉が発達しているニュージーランド。子どもも幼い頃から自由を味わいながら、自分自身の能力を開花しているんですね。その教育のたまものか、子どもも大人もとってものんびりとマイペースな人が多いです。ニュージーランドに滞在し、彼らのライフスタイルを学んでみてはいかがでしょうか?

ニュージーランド留学に関するご相談は、留学ジャーナルまでお気軽にどうぞ。

councelling_btn.JPG

 









Share (facebook)

留学ジャーナルはココが違う!

1.40年以上の実績

あらゆる解決策を知り尽くした経験豊富なカウンセラーがお一人おひとりベストな留学をプランニング。

2.確かな情報力

1983年創刊「留学ジャーナル」は、日本で最も歴史のある留学情報誌。確かな情報のみをお届けします。

3.強力なネットワーク

UCLAやコロンビア大学など、海外の数多くの教育機関や、各国大使館との協力関係で帰国後までサポート。

留学ジャーナルカウンセリングセンター

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡
  • 岡山

【フリーコール】0120-890-987

  • カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談
  • 資料のご請求はこちら ご希望の資料を無料でお届けします