留学ジャーナル - 学校情報

アメリカ

San Diego サンディエゴ CA カリフォルニア州

University of California, San Diego

カリフォルニア大学サンディエゴ校付属集中英語コース[UCSD]

名門大学の付属英語コース。授業聴講や修了証コースあり

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

学校データ

最寄の主要都市 サンディエゴ San Diego
設立年度 1980年
運営形態 大学・専門学校などの付属集中英語コース
年間平均学生数 400名
1クラスの平均人数 12名
レベル分け 12段階
滞在施設 ホームステイ、民間寮、ホテル
平均通学時間 バスで30~60分(ホームステイ)、自転車で10~20分(民間寮)
出迎えサービス あり
利用可能な設備
  • ◎WiFi
  • ◎共有PCあり
  • ◎ライブラリー
  • ◎スポーツ施設
  • ◎生徒用ラウンジ
  • ◎カフェテリア

大きな地図で見る

住所
9500 Gilman Drive, MC-0176D, La Jolla, CA 92093-0176
ロケーション
リゾート地
留学生の主な出身国(2016年 年間平均)

日本 韓国 中東
13% 17% 16%
ブラジル ノルウェー
6% 6%

学校概要

目的に応じた語学コースを幅広く開講 修了証コースも充実

1959年の大学設立以来、ノーベル賞受賞者をはじめとして多くの学術賞を獲得しており、科学、医学、海洋学などの分野において全米トップレベルの研究大学としてその名を知らしめている。特に海洋学と神経科学における研究は、全米学術研究会議 The National Research Council(NRC)が全米でトップと位置付けており、バイオ関連などの分野で大変高い評価を得ている。高台にある緑豊かな1,200エーカーのキャンパスでは24,000人ほどの学生が学んでおり、図書館やスポーツレクリエーション施設などの建物を有している。付属集中英語コースはUCSDエクステンションによって運営されており、コース開始以来、現在までに世界各国から数多くの留学生を受け入れている。カリフォルニア大学群の中でも人気の高い学校の一つ。

学校周辺の環境

太平洋を望む広大なキャンパス 図書館の建物など観光名所にも

サンディエゴはアメリカ西海岸の最南端に位置する街で、カリフォルニア州ではロサンゼルスに次ぐ大都市。にもかかわらず、ダウンタウンは1日で歩いて回れてしまうほどこぢんまりとして、居心地がよい。周辺にはミッションビーチやパシフィックビーチなどのきれいなビーチや公園がたくさんあり、市内を走るトロリーバスや車でメキシコ国境の街ティファナまで行くことができる。またディズニーランドへは車で90分、ロサンゼルスは車で北に150分ほどの距離である。学校はサンディエゴから20キロ北上したラ・ホヤという地域にあり、このあたりは高級住宅地で、おしゃれなブティックやレストランが並ぶビーチリゾート地でもある。大学周辺は落ち着いていて、治安も良い。UCSDが提供する無料バスが多く走っているので、通学も便利。丘の上に広がるキャンパスからは太平洋を臨むことができ、最寄りのビーチへは学校から徒歩で行くことができる。

コース

[進学準備] Intensive Academic English Program

授業内容

このコースは将来アメリカの大学に進学することを目的とする生徒や、キャリアのためにハイレベルな英語を習得したい人を対象にしている。流暢さとアカデミックスキルの向上に特化したプログラム。入校日は年4回、1月、4月、6月、9月に設定されており、トータルでは11週間のコースであるが、最初の1週間はオリエンテーションとレジストレーションに充てられるので、実質授業を行うのは10週間となる。初級では文法、中級では書き取り、そして上級では読解と書き取りが主要科目となっており、更に初級~中級ではリスニング、中級以上では文法の授業が週4レッスン行われる。そして残りの15時間はアカデミックスキルを身につけるための選択科目をレベルに応じて勉強する。ノートの取り方、プレゼンテーション、TOEFL/IELTS対策、文法と校正など多彩な科目が用意されている。

入校日

2017年度
1/9 4/3 6/26 9/25 

最短受講期間 11週
授業時間数
(週あたり)
25レッスン、1授業あたり:50分(平均)
長期割引

なし

入学条件 なし

費用(2017年度)

入学申請料+授業料+学生サービス費+滞在申請料+滞在費(ホームステイ/1日2食)+空港出迎え費

期間 料金(単位:US$)
1学期(11週) 6,985
2学期(22週) 13,560

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[一般英語] Intensive Communication and Culture Program

授業内容

このコースは総合的な英語力の向上、特に会話と日常生活におけるアメリカ英語と文化の理解を目的としている。入校日は年4回、1月、4月、6月、9月に設定されており、トータルでは11週間のコースであるが、最初の1週間はオリエンテーションとレジストレーションに充てられるので、実質授業を行うのは10週間となる。レベルは原則12段階に分かれており、週25時間のうち6時間はコアクラスで、レベルに応じて文法または流暢さを学ぶ。4時間は聞き取りまたは文法、そして残りの15時間もレベルに応じた選択科目を勉強する。会話、映画に関する討論、日常英会話、プレゼンテーション、テスト対策など多彩な科目が用意されている。

入校日

2017年度
1/9 4/3 6/26 9/25 

最短受講期間 11週
授業時間数
(週あたり)
25レッスン、1授業あたり:分(平均)
長期割引

なし

入学条件 なし

費用(2017年度)

入学申請料+授業料+学生サービス費+滞在申請料+滞在費(ホームステイ/1日2食)+空港出迎え費

期間 料金(単位:US$)
1学期(11週) 6,985
2学期(22週) 13,560

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[一般英語] Communication and Culture Program

授業内容

このコースは総合的な英語力の向上、特に会話と日常生活におけるアメリカ英語と文化の理解を目的としている。入校日は年4回、1月、4月、6月、9月に設定されており、1学期が11週間のコース。最初の1週間はオリエンテーションとレジストレーションに充てられ、実質10週間の授業が行われる。レベルは原則12段階に分かれており、レベルによって「アメリカ音楽」「アメリカ映画」「慣用表現とスラング」「時事英語」などの選択科目も受講できる。

入校日

2017年度
1/9 4/3 6/26 9/25 

最短受講期間 11週
授業時間数
(週あたり)
20レッスン、1授業あたり:50分(平均)
長期割引

なし

入学条件 なし

費用(2017年度)

入学申請料+授業料+学生サービス費+滞在申請料+滞在費(ホームステイ/1日2食)+空港出迎え費

期間 料金(単位:US$)
1学期(11週) 6,485
2学期(22週) 12,560

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[一般英語] Conversation and Fluency Program

授業内容

このコースは年8回の入学日が設定されている4週間のプログラムで、アメリカの文化やライフスタイルについて学び、またそれを通じて自身の英語力の改善をするということに重点を置いている。授業内容は書き、聞き取り、会話、文法の総合的な能力を身に付けると共に、さまざまな文化的体験をするカリキュラムが組まれているのが大きな特徴である。例えば、カンバセーション・リーダーズと呼ばれるここの大学の学生が週4時間訪れ、このコースの全生徒たちと交流を図るようになっている。学生たちにアメリカ人と知り合うチャンスを提供したり、課外授業として法廷や博物館、公園などの訪問も企画される。上級クラスの生徒には、ゲストスピーカーを招いて話を聞く機会もあり、過去にはジャーナリスト、国境監視官、弁護士、プロ野球選手などが講演に訪れたことがある。このコースの他に、週10時間の授業と週2時間の課外活動を組み合わせたカンバセーションプログラムもある。

入校日

2017年度
1/4 1/30 2/27 7/3 7/31 8/28 9/25 11/20 

最短受講期間 4週
授業時間数
(週あたり)
20レッスン、1授業あたり:50分(平均)
長期割引

なし

入学条件 なし

費用(2017年度)

入学申請料+授業料+学生サービス費+滞在申請料+滞在費(ホームステイ/1日2食)+空港出迎え費

期間 料金(単位:US$)
4週間 3,350

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

1~8週間の費用はこちら

[ビジネス英語] Intensive Business English Program

[専門] Business Certificate Programs

[英語教師向け] Teaching English as a Foreign Language (TEFL)

[聴講プログラム] University and Professional Studies

[聴講プログラム] Intensive Pre-University Program

学校紹介レポート

わたしの留学体験談

英語教授法を身につけるため、全力で勉強した日々 続きをみる

留学生・学校からのメッセージ

カリフォルニアというと、ロサンゼルスやサンフランシスコを真っ先にイメージすると思いますが、サンディエゴもとてもすばらしい所でした。街はメキシコとの国境に近いので、メキシコとスペインの文化が色濃く残っている感じです。気候はとても恵まれていて、冬の時期でも昼間は結構あたたかいです。学校は街の中心から20キロほど離れたラ・ホヤという地域の丘の上にあるのですが、キャンパス内の施設はすばらしく、またキャンパスから太平洋に沈む夕日を眺めるのがとても好きでした。授業もそうですが、それ以外でも積極的に行動することでいろんな国の友達ができたし、英語の勉強だけではない多くの知識を得ることもできました。(留学生/女性)

この学校・コースに申し込む

USCA300

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP