開催報告・6月28日
カテゴリータイトル

「日本文化・ゆかた編」開催しました

yukata1.JPG海外では日本の文化が大人気。ゲーム・漫画・アニメなどのポップカルチャーだけでなく、伝統的な日本文化も人気です。そんな日本文化のひとつ、きもの文化。留学先でさらっと着こなせたらカッコいいけれど、ちょっと難しそう...!?そんなきもの初心者に向けて「ゆかたの着かた」を学ぶ講座を開催しました。


ゆかたは着せてもらったことはあるけれど、自分では着たことがない人がほとんど。講座では講師がお手本を見せながら、一緒にゆかたを着ていくスタイルですすめました。


yukata2.JPG

人数限定で行ったため、ゆっくりと、細かいところまで一緒に見ながらすすめることができ、最後は帯を蝶結びにして完成。「自分で着られてうれしい!」と参加者の方にもとても満足していただけました。


ゆかた編は7月13日にも開催します。これから留学に出発される方、海外でゆかたを着てみませんか?

開催報告・6月22日
カテゴリータイトル

「日本文化・風呂敷編」開催しました

furoshiki2.jpgプレゼントやワインボトルを日本らしい絵柄の布で華やかにラッピング・・・。目にしたことはありませんか?風呂敷を使ったこのラッピングを覚えて、留学先で披露したり、コミュニケーションの題材にしていただきたいと、この講座を企画しました。


講師としてお招きした山田悦子さんは、現代の生活での風呂敷活用法の提案やスタイリングで雑誌などメディアでも数多く紹介されている方。留学ジャーナルスタッフの中にも受講希望者が続出し、お客様に混じって一緒に参加させていただきました。


奈良時代から大切な物を包むための布が存在していたという風呂敷の歴史や、風呂敷の絵柄のひとつ唐草模様は繁栄を意味するおめでたい柄である、といった風呂敷の文化に関するお話も交えながら、様々な包み方を教えていただいたきました。


furoshiki3.jpg基本的な包み方である 平包み お使い包みからスタート、丸いものを包むすいか包み、そして、風呂敷を使った バック、最後は ワインの瓶を包み、一枚の布がこんなにも表情を変えることに感動。

1時間という短い時間でしたが、講座終了後は会場に飾られていたティッシュケースのラッピングや花びらのような結び目の作り方に質問が殺到するなど、とても満足度の高い講座になったと思います。


また、風呂敷を始め、昔から受け継がれてきた日本の暮らしは、エコでコンパクトで、こんなに素敵なものだということに改めて気づかされた機会となりました。

■日本文化・風呂敷編の講師■
山田悦子さん 日本初の風呂敷専門店「京都和文化研究所 むす美」のアートディレクター。現代にあった風呂敷の活用法を提案。雑誌などメディアでも数多く紹介されている。『風呂敷つつみ A Complete Guide to Furoshiki』(バナナブックス)など著書多数。

 

開催報告・6月20日
カテゴリータイトル

「英語学習法講座」を開催しました

英会話イーオンの教師トレーナーでもある、プロの英語講師による「英語学習法講座」が開催されました。夏休みの短期留学を前にした参加者が大半を占める中、大学や大学院への留学を予定されている方にもご参加いただきました。講師は、留学前にどんな勉強をしておくとよいのか、また、長期間の留学を考えている方も留学期間が長いからこそ、無駄のない留学をするために今からできることは何かを具体的にお話しされていました。


講座は、留学を成功させるためのポイントとして、「まずは文法をしっかりと固めておくこと」ということから、単純現在形の文章を、現在進行形から未来完了進行形まで12時制に変換する練習からスタート。スラスラと回答できた方もいらっしゃれば、自信なさげに回答されている方もいらっしゃいました。また、受動態文章で同じことをしてみると、能動態が完璧だった人もつまずいたり、意外に忘れていた文法を見直すきっかけになった方も多かったようです。リスニング、リーディングについても同様に、自分がどこまでできて、何ができないのかを練習を通してチェックし、講師のアドバイスに一つひとつしっかりとメモを取っている参加者の姿が印象的でした。


「ちょっと気軽に考えていたので、しっかり勉強してから行こうと思いました」
「準備が必要なことはわかっていたけれど、何をどのようにすればいいかわからなかったのが明確になりました」
「留学前の勉強の進め方がわかりました」

と、参加された方に学習意欲を高めていただけた講座でした。

開催報告・6月4日
カテゴリータイトル

「外資系企業秘書編」開催しました

英語を流暢に操り、書類作成やスケジューリングをテキパキとこなす・・・外資系企業の秘書には多くの人がこんなイメージを持っているのではないでしょうか。では実際の仕事の様子は・・・?6/4(土)に行われた「やりたいシゴト、発見!」セミナーでは、外資系の人事コンサルティング会社タワーズワトソンでエグゼクティブセクレタリーとして活躍されていた小川真智子さんにお話を伺いました。


houkoku_ogawa.jpg「秘書の仕事は、担当する上司のスケジュールチェック、調整を初め、上司に届いたメールや郵便物を処理したり、書類をチェックして揃えたり、資料の作成、お客様の対応など広範囲に及びます」。しかし、それ以外にもケースバイケースで臨機応変に対応する仕事が多くを占めているといいます。上司が仕事をしやすい環境を作る。これが秘書の仕事の基本。担当する上司によっては、一緒に暮らす家族のサポートまで範囲が及ぶケースもあるそうです。


また、普通の仕事と違うのは、そのサポートの厚さと細やかさ。「例えば資料を作る場合、日本語だけでなく、同時に英文の資料も用意しておく。頼まれていなくても、です。英文資料も欲しいんだけど、と言われることを想定し、さっと出せるように用意をしておくんです。準備が無駄になることもありますが、上司の期待に応えられたとき、達成感を感じます」。


守備範囲の広さ、先を読んだ気配りに加え、体力も重要だといいます。「人間なので、病気になることはありますが、秘書が急なお休みをとることはほとんどありません」。急な休みは上司だけでなく、他の秘書や他の役員にまで迷惑がかかってしまいます。「私自身も、病気で仕事を休んだことはほとんどありません。ベテランの秘書の方にはいままで一日も病欠の無い方もいますよ」。


今回のセミナーの参加者は全員女性。特に留学を検討中の社会人女性が多く参加され、皆真剣。身を乗り出して話を聞いていた方が多かったのが印象的でした。


「秘書の仕事にすごく興味があるというわけではなかったのですが、留学後の仕事を考える上でとても参考になりました。」(N・Nさん/社会人)


というように、様々な分野の仕事の話が聞けるこのセミナーは、キャリア観を構築する機会にもなっているようです。


■外資系企業秘書編の講師■
小川真智子さん 外資系の人事コンサルティング会社タワーズワトソン株式会社でグループセクレタリー、エグゼクティブセクレタリーとしてキャリアを積む。日本の短大卒業後、シアトルの語学学校を経て、カリフォルニア州Santa Rosa Junior College入学。ビジネスアドミニストレーションサティフィケートプログラム修了。アメリカでの就労経験もあり。

 

開催報告・4月15日
カテゴリータイトル

「国の魅力発見!カナダ編」を開催しました

その国に住んで生活した経験を持つ留学ジャーナルのスタッフが、それぞれの国の魅力をお話しする"国の魅力、発見編"。4/15はカナダ編を実施しました。


40thCanada.jpg今回お話しさせていただいたスタッフは、バンクーバーへの留学経験がある2人。治安の良さや福祉関係の充実、移民が多いゆえにお互いに気遣うことが習慣になっている人々、マナーの良さなど、カナダの魅力をたっぷりと語りました。

「バンクーバーの図書館の充実ぶりにも驚きましたが、子供からお年寄りまで幅広い世代の多くの人が図書館を利用し、人々の生活に溶け込んでいることにも驚きました」(髙根)

「移民が多いため、留学生の気持ちを理解してもらえやすい環境だと思いました」(西)


このほか、ホームステイ先での過ごし方やホストファミリーとの関わり方、また日本とは違う学校の授業の様子などについてもお話ししました。


今回ご参加された方は、カナダへの留学を決めている方も、まだ国を迷っている方もいらっしゃいました。来週はアメリカ編を実施します。ざっくばらんな座談会形式で行いますので、まだ留学自体を考え始めた方も、お気軽にご参加ください。

■留学ジャーナル手続きカウンセラー■
西 彬子 大学時代、バンクーバーに1年間語学留学。その後専門学校でビジネス英語を学び、語学学校でのインターンシップを経験。
髙根 芙美 公務員を退職後、バンクーバーに1年間語学留学。専門学校を経て、バンクーバー空港でインターンシップを経験。

 

開催報告・4月9日
カテゴリータイトル

「ホテル業界編」を開催しました

留学したその先に広がっている、様々な仕事の実際に迫る"やりたいシゴト、発見!編"。ホテル業界で働く先輩お二人をお招きし、4/9(土)に開催致しました。


arai.jpg第一部では、パーク ハイアット 東京に勤務されている新井奈津子さんに、ホテルの実際のお仕事についてじっくりお話を伺いました。入社以来、約9年間で宿泊予約、フロント業務、営業、そして海外営業と複数の部署を経験された新井さん、それぞれの部署の仕事内容をお話し頂いたことで、一口にホテルの仕事といっても非常に多岐に渡ることがよくわかりました。また、ホテルにも様々な種類があり、ビジネスでの利用者向けか、レジャー目的のお客様向けかによって、ホテルが目指すサービスも異なること、規模そしてブランドによって従業員に求められる資質が違ってくるというお話は、とても興味深いものでした。新井さんの留学~就職活動のお話、ホテル業界を目指すなら様々なブランドのホテルに実際に宿泊してみよう、というアドバイスなど、為になる話がたくさん盛り込まれ、熱心にメモを取る参加者も多数いらっしゃったのが印象的でした。


そして第二部では、ホテル業界のコンサルタントをされている高林さんに、実際のコンサルティングのお話のほか、現在に至るまでのキャリア構築のお話を伺いました。大学時代に短期留学をし、卒業後は大手総合商社、監査法人とキャリアを重ねながら、日本の大学でMBAを取得したり、エクステンションプログラムへの留学で専門分野の知識をつけ、ついには名門コーネル大学のホテル経営学で修士号を取得、現職に就かれたのですが、ゼネラリストからスペシャリストへのキャリアの積み重ね方として、大変参考になりました。またホテルを専門分野にしようと決めた際、業界での経験の浅さをカバーするために大学院留学を選んだというお話も、留学の利用の仕方としての好例。「自分の強みを磨く、活かす」キャリア構築の考え方は、参加した方の参考になったと思います。 現在「ホテルの価値付け」を行うコンサルティングのお仕事をされていますが、コーネル大学留学時の同窓生はホテルチェーンに就職して世界でのチェーン展開に携わる仕事していたり、ホテルへの投資を行う会社に就職したり、ホテル学を学ぶ=ホテルに就職するだけでなく、様々な選択肢が広がっていることも興味深いお話でした。


当日は、留学検討中の方から留学から帰国して就職活動中の方まで、幅広くご参加頂きました。

「ブライダル業界を目指して、アメリカの大学留学を検討中。希望の職業に近い業界なのでとても興味深く聞きました。普段は聞けないホテル業界の話が聞けて面白かったです(M・Tさん/高校生)」


「大学院留学を検討中で、国際公務員へのキャリアチェンジを考えているのですが、幅広く様々な仕事の話を聞くことで参考になることが多いのではないかと思い、参加しました(R・Tさん/社会人)」


というように、参加者の年齢層も高校生から社会人までと幅広かったのですが、どの層の方にもご満足いただけたようです。

■ホテル業界編の講師■
新井奈津子さん パーク ハイアット 東京 セールス&マーケティング部 セールスエグゼクティブとして、主に海外からの案件を担当。カリフォルニア州キャナダカレッジ卒業後、同社に入社。
高林浩司さん ホテルに特化したコンサルティングを行うホーワスHTL、ジャパン マネージング ディレクター。大学卒業後、商社、監査法人勤務を経て、コーネル大学ホテル経営学部で修士号を取得、同社に入社。