アメリカでできる休学留学、認定留学、大学での学部聴講を説明

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

卒業目的でなくても、1年間でも、大学で学ぶチャンスがある アメリカの大学の正式な単位取得ができる 休学・認定留学 大学学部聴講

こんな人に向いています

  • 興味のある科目・分野を選んで勉強したい
  • 海外の大学生活を体験したい
  • 大学在学中に休学留学・認定留学をしたい

就職活動でのアピールや、海外体験をしたいなどの理由から、大学を休学して留学する大学生が増えています。ワンランク上の留学としてオススメなのが、「英語+学部聴講プログラム」です。
このプログラムは、英語のブラッシュアップと大学の授業を受ける聴講を組み合わせて、最短で約6ヵ月、一般的には約9~12ヵ月です。開始時期は、日本の新学期にあわせた4月、アメリカの学期にあわせた8月下旬、1月を中心に、英語コースの開始時期や、英語力などによって選べます。一部の大学では英語コースに参加しながら並行して学部の授業を1、2科目履修するという方法も実施していますが、学部の授業に参加して単位を取るためには、授業での積極的な発言、課題の提出、期末テストの合格など、一般の大学生と同じ条件が求められますから、プログラムへの申し込み時点で一定基準以上の英語力と日本の大学での優秀な成績が必要です。また、大学の基準を満たしていれば、すでに大学や高校を卒業した社会人でも参加が認められる場合がありますから、ぜひ挑戦してみてください。
なお、留学先で取得した単位を日本の大学の単位として認める「認定留学制度」がある大学も増えていますから、在籍中の大学の教務課や国際課などで事前に確認するとよいでしょう。


アメリカ Design Your Own Programとは?

アメリカでは、最新の知識・技術を得るために、専門分野に絞って大学の授業が聴講できる 「Design Your Own Program」を設置し、広く門戸を開放している大学が多くあります。これは、「最短1学期から授業の履修が可能、しかも取得した単位はアメリカの大学の卒業単位として認定される」というプログラムのため、大学を早く卒業したい学生やパート・タイムで単位を取得したい社会人などに広く活用されています。 アメリカの学期制度では、9月から6月までがアカデミックイヤーと呼ばれる1学年ですが、日本の学期制度 (4月から翌年3月までの1学年) に合わせて、英語コースと組み合わせたものが「英語+学部聴講プログラム」です。4月をプログラムの開始時期に設定し、学部聴講に参加するまでの期間を英語力補強期間、9月の新学期からを学部聴講期間としてご紹介しています。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP