カナダのワーキングホリデー

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

ワーキングホリデー

カナダワーキングホリデー

1985年からワーキングホリデーの制度スタート。日本人のワーキングホリデーでの渡航先としてはオーストラリアに次いで多い。毎年募集人数の枠を設定、秋~年末にかけて発表となる。学校には最長半年まで通うことができる。

  • カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談
  • 資料のご請求はこちら ご希望の資料を無料でお届けします

カナダでワーキングホリデー。どこからスタートする?

語学学校が多く、仕事の情報も得やすいことから、バンクーバーとトロントは年間を通じて人気。その他の都市は、都市部のカフェやレストランは夏場に求人が増えたり、スキーリゾートは冬に仕事が集中するなど、人気にシーズナリティがある。

バンクーバー

住みやすく、ワーキングホリデーでの滞在者も多い

ビクトリア

英国風の街並みが美しい。のんびり滞在派に

カルガリー

カナダ第5の都市。物価が安く滞在しやすい

トロント

カナダ随一の大都市。仕事も見つけやすい

モントリオール

英仏二か国語が公用語。学ぶ目的で滞在したい

ワーキングホリデーで滞在。人気都市ベスト3

【1】バンクーバー

カナダの中で冬も寒さが厳しくなく過ごしやすいこと、語学学校も多いことから、ワーキングホリデーの滞在先として人気が高い。留学生を始め、日本人も多く住んでおり、日本人が生活する上で必要な情報が手に入りやすいのも魅力。

【2】トロント

移民国家カナダの中でも人種のるつぼと言われるトロント。外国人にとって住みやすい環境と言える。語学学校も多く、ワーキングホリデーの人が学ぶ環境も整っている。カナダ随一の大都市だけに仕事も多いが、英語力が必要とされるものが多い。

【3】カルガリー

カナディアンロッキーの玄関口。大きな都市だが日本人は少なめ。そのぶんカナダの生活にどっぷり浸ることができる。物価が安めなのも嬉しい。街自体の景気が良いため比較的仕事が見つけやすいが、英語力が必要とされるものが多い。


ワーキングホリデーでカナダを旅する!

国土が非常に広いため、カナダ全土をまわるより、滞在する都市を拠点に複数回、短めの旅行を組み込む人が多い。バンクーバーならカナディアンロッキー、ビクトリア、アメリカ西海岸、トロントならモントリオール、ケベックシティ、アメリカ東海岸が人気。

留学中に訪れたい人気スポット5

1 カナディアンロッキー

南北を横断するカナディアンロッキー、中でもバンフからジャスパーまでの約300kmの間、山と湖が美しい風景を織りなす。エメラルドグリーンの美しい湖レイクルイーズ、広大なコロンビア大氷原をはじめ、見所がたくさん。

2 ナイアガラの滝

トロントから車で約1時間半と行きやすく、日帰りも可能。トロントから数多くのツアーも出ている。世界一の大瀑布のスケールは圧巻。船で滝の近くまで接近するツアーもあり人気。夜もライトアップされ美しい。


3 ケベックシティ

モントリオールからバスで約3時間。町中にはフランス語の表記が溢れ、話される言葉もフランス語。建物も石造りで街全体がヨーロッパ風。城塞都市で街は城壁に囲まれている。城壁は世界遺産に指定。秋の紅葉も有名。

4 イエローナイフ

一度は見てみたいオーロラ。1年中通じて出現率が高いことで知られるのがイエローナイフ。絶対見られるわけではないが、滞在中トライしてみる価値はある。緯度が高いため、冬の平均気温はマイナス30℃


5 プリンスエドワード島

カナダの東端、赤毛のアンの舞台として知られるプリンスエドワード島。島内にはアンゆかりの見所も多いが、物語に出てくるようなのんびりした心癒される風景が魅力。アクセスはカナダ各都市から飛行機で。

カナダで暮らす!

滞在費の目安(バンクーバーの場合)
ホームステイ
(個室・食事つき)
週CA$195~
民間寮
(ユースホステル・個室・会員料金)
週CA$56~
アパート
(ステューディオタイプ)
週CA$700~
アパート
(一人暮らし・1ベッドルーム・リビング付き)
週CA$1,000~
アパート
(シェアタイプ・1ベッドルーム・リビング付き)
週CA$450~

最初はホームステイからスタートする人がほとんど。1都市に拠点を定めて過ごす人が多いため、滞在中ホームステイを続ける人も。食費を押 さえる目的でアパートに移る人も多い。その他、レジデンス、ホステルなどの民間寮の滞在も可能。


参加するには?

ワーキングホリデービザ発給条件(日本国籍を有する者に限る)

1.対象年齢
申請時に18~30歳
2.滞在できる期間
最長1年間
3.学校に通える期間
6ヵ月以内
4.就労できる期間
ワーキングホリデー就労許可証の有効期限内
5.申請料
必要
6.条件
  • 有効なパスポート
  • 常識があり健康で性格善良
  • 医療保険に加入する
  • カナダで仕事が内定していない
  • 航空券:往復航空券、または購入できるだけの資金を有する
  • 資金:最低CA$2,500(50万円以上が望ましい)
7.必要書類

2種類の書類セットが必要

<セット1>

  • IECワーキングホリデー・プログラム申請・申告書
  • パスポートのコピー(写真ページ)
  • プログラム参加費振込控え(原本)
  • 履歴書

<セット2>

  • 就労許可証申請書
  • 家族構成フォーム
  • 写真2枚
  • パスポートのコピー(写真ページ・有効残存期間1年以上)
  • 履歴書
8.定員・受付時期
(2014年の場合)
6,500名。定員になり次第締切
9.問い合わせ先・申請先
カナダ市民権・移民省(CIC)

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP