ワーキングホリデーで学校に通う

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

ワーキングホリデーで学ぶ

  • カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談
  • 資料のご請求はこちら ご希望の資料を無料でお届けします

ワーキングホリデーのメリットの一つが、滞在中に学校に通えること。
最初に学校に通うことで基礎的な語学力をつけるだけでなく、現地の生活情報をしり、友達を作り、また滞在先や仕事の情報も得やすくなる。

ワーキングホリデースタート時に学校に通うと、こんなメリットがある!

【メリット1】語学力がアップする!

現地での生活を通じて語学力を身につけるワーキングホリデー。英語力を伸ばす上でも最初に語学学校で基礎的な英語力をつけることをオススメする。なんといってもその後の伸び方が違ってくるからだ。また、現地生活に役立つ表現を覚えておくと、仕事探しや滞在先探しにも役立つ。現地で働く上でも語学力が必要とされる仕事も多いため、語学力があればその後の仕事選択の幅も広がる。

【メリット2】友達、仲間ができる!

スムーズにワーキングホリデー生活を送るには現地での「知り合い」が不可欠。最初に学校に通うことで現地でのネットワークを作ることができるのはメリットが大きい。語学学校には同じ目的でやってきた日本人・外国人がたくさんいる。すでに現地での生活が長い人もいるので、彼らと友達になることができることで仕事探しや滞在先探し、生活の知恵などお互いに必要な情報を交換することができる。

【メリット3】生活に必要な情報が得られる!

学校には現地生活の情報がたくさん集まっている。現地生活のルール、交通、治安、エリア情報、訪ねてみたいお勧めスポットの情報も得られる。もちろん仕事や滞在先の情報も。友達だけではなく、学校の先生やアドバイザーは情報源。現地に長く住んでいることがほとんどなので確かな情報が得られる。困ったことがあったときに相談できるのも心強い。

【メリット4】将来に役立つ資格取得も!

学校の中には現地での仕事探しに役立つようなコースを開講しているところもある。カフェで働くためのバリスタの資格、日本語教師の資格、スキューバーダイビングやスキーのインストラクターの資格、ネイルなどの美容系資格など。スキルを身に着けることで仕事探しの幅がぐっと広がる。また、身に着けたスキルは一生モノ。帰国後に役立つような資格を取得できれば将来にも役立つ。

学校に通っている間の1週間の過ごし方例

6:30起床  
7:00ホームステイ先で朝食起床 
8:00学校に到着 起床
9:00授業・1時間目

アクティビティに参加

 
10:00       
11:00授業・2時間目 

友達と
チに

12:00選択科目
(仕事で使う英語なども選べる)
  
13:00

ランチタイム

  
14:00  
15:00自習自習自習自習

友達と
カフェへ

  
16:00 

で掲示板をチェック!

現地オフィスに行く

バイト先候補の面接

  
17:00帰宅   
18:00 帰宅帰宅帰宅帰宅  
19:00夕食  
20:00

ホストファミリーとおしゃべり

PCで仕事情報をチェック

履歴書を書く

21:00
22:00明日の予習就寝就寝
23:00就寝  

ワーキングホリデーで語学学校に通う!

オーストラリア

一般英語コースだけでなく、ワーキングホリデー用のコースを持つ学校がたくさんある。仕事に役立つバリスタや、チャイルドケアセンター・老人介護センターでのボランティアなどを組み合わさせたプラスαのコースが人気。学校に通える期間は4ヵ月以内。

カナダ

学校に通える期間は6ヵ月以内。一般英語コース以外にビジネス英語やインターンシップなど仕事に役立つコースも豊富。一般英語を学んだ後にホスピタリティ業界の基礎を学び、現地のホテルでの仕事が紹介してもらえるプログラムもある。


ニュージーランド

学校に通える期間は6ヵ月以内。国内各都市に語学学校がある。一般英語コース以外にジネス英語や英語試験対策コースも人気。語学+ワーキングホリデーでの仕事を組み合わせたコースも。希望者に履歴書の書き方などサポートする学校もある。

イギリス

最長2年間滞在でき、学校に通える期間は制限なし。しっかりと勉強ができる。イギリスでは仕事を見つけるための英語力のハードルが高いため、語学学校でしっかりと英 語力をつけておくことは、その後のアルバイト探しにとって大きなポイント。


アイルランド

就学期間に制限がないため、しっかりと勉強ができる。現地では英語力が必要な仕事が多い。ビジネス英語や英語試験対策など、仕事に役立つコースも豊富。授業を半日とって、残りの半日をアルバイトに充てるといった時間の使い方もできる。

フランス

学校に通える期間は制限なし。日常会話レベルの語学力が仕事を見つけるための条件なので、語学力は必須。基礎が学べる一般フランス語のコースも充実しているのでまずは語学力を磨こう。語学学校はパリに多い。


「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP