ECボストン留学生による語学留学ブログ|ナイトクラブ

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

ナイトクラブ

August 01, 2009

学校のお友達に、ナイトクラブに連れていってもらいましたヽ(^◇^*)/

日本でも、クラブなんてあんまり行ったことないし、ボストンに来てからは飲み会等の夜遊びもほとんどせず超健全な毎日を送っていたので、久しぶりに大人な夜を過ごすことができました♪♪

クラブの中は薄暗いので、写真があんまり良く撮れてないのですが、店内はこんな感じ↓↓

%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%B6%EF%BC%91.jpg

%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%B6%EF%BC%92.jpg

黒人さんのバンドが、かなり良~い感じで、みんなスシ詰め状態で踊ってました!!
私もみんなに混じって踊って、運動不足解消になりました~ヾ(^-^)ゞ

ところで、アメリカでは21歳以下の飲酒厳禁で、これについてはかなり厳しく取り締まっているので、クラブの入口では、必ずID(免許証やパスポート)で年齢チェックされます。
また、アメリカでは屋外の飲酒も禁止。なので、こないだの独立記念日の花火大会のようなときでも、お酒を飲みながら鑑賞することはできませんでした。
日本人としては、花火はお酒を飲みながら鑑賞したいところですけどね~~。
ん??・・ということは、アメリカではお花見したくても、日本のお花見みたいにお酒飲んでどんちゃん騒げないってことですよね・・?
飲酒について厳しく制限するってことは、犯罪の予防にもつながるわけだから素晴らしいことですけれど、日本人の感覚からすると、時にちょっと物足りない感じもしちゃいますね(;´д` )

 ≪ 美容院 砂の彫刻祭 ≫ 

プロフィール

profile
新井 さくらさん
社会人になって海外旅行にはまり、旅先で困らないようにと始めた英会話。上達するにつれ「もっとペラペラになりたい」との思いは募るものの、留学なんて夢のまた夢・・・。そう思っていたのに、夫の海外赴任でボストンに住むことに!歳を重ねるにつれて新たなチャレンジには臆病になっていたけれど、せっかく舞い込んだチャンスなので、いろんな新しいことに挑戦したいです。

※2009年4月~2010年1月ブログ担当

カレンダー

ECボストンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

TOP