ECボストン留学生による語学留学ブログ|寝言でEnglish!!

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

寝言でEnglish!!

September 04, 2009

数日前の話です。
朝、目が覚めると、夫から、「英語で寝言いってたよ~!」と言われました(^◇^)!!!

おおお!!!私もやっとそこまで成長したのか~ヽ(^o^)丿とうれしかったので、
ブログで報告させていただきました☆☆

実は、初めて英語をしゃべる夢を見たのは、ボストンに来てまだ2か月のとき。
今から2か月も前のことです。
その時の夢の内容は、今でもはっきり覚えています(^^)

私は、その夢の中でも、いつものように学校にいて、クラスメートたちに話しかけていたのです。
でも、クラスメートたちは私の話に首をかしげて「さくら、何言ってるの???」という顔。
そこで私は、自分が彼らに日本語で話しかけていたことに気付いて、
「ごめんね、英語で話さなくちゃねぇ!(Sorry, I should've spoken to you in English!)」と
英語で謝るっていう夢だったんです(*^_^*)

その初めての英語の夢は、はっきり覚えていたんですが、
その後、英語の夢を見てるのかどうか、夢の内容を覚えていることが普段から少ないので
よく分からなかったんですが、夫から「英語で寝言をいってた」と聞き、
英語の夢を時々は見ていることが分かって、とてもうれしかったのです♪♪

実をいうと、お恥ずかしながら、目が覚めているとき(毎日の生活の中で)は、
あまり、自分の英語が上達していると感じることがないのです。
そのため、「こんなに勉強しているのに、ナゼ上達しないの?!」と毎日イライラが募っていました。

でも、「英語で夢を見る」ということは、確実に脳が英語に慣れてきている証拠だと思います。
日常生活では、まだ全然思うように英語がしゃべれず、歯がゆい思いをしていますが、
あせらずゆっくり勉強を続けて行きたいと思います(^^ゞ

 ≪ バケーション報告(その5(ラスト):ラスベガス) 野外クラシックコンサート ≫ 

プロフィール

profile
新井 さくらさん
社会人になって海外旅行にはまり、旅先で困らないようにと始めた英会話。上達するにつれ「もっとペラペラになりたい」との思いは募るものの、留学なんて夢のまた夢・・・。そう思っていたのに、夫の海外赴任でボストンに住むことに!歳を重ねるにつれて新たなチャレンジには臆病になっていたけれど、せっかく舞い込んだチャンスなので、いろんな新しいことに挑戦したいです。

※2009年4月~2010年1月ブログ担当

カレンダー

ECボストンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP