ECボストン留学生による語学留学ブログ|ビーサンの夏、蚊のいない夏デシタ(^-^)

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

ビーサンの夏、蚊のいない夏デシタ(^-^)

September 16, 2009

こないだのブログで、「ボストンの夏が終わった」とご報告しました。

そんなボストンの夏について、日本とは違うな~、おもしろいな~と思ったことが
いくつかありましたので、ご紹介したいと思います(^^)/☆

1.どこでもかしこでも、通勤でもビーサン!!

おしゃれな日本女性には見られない現象が、ここボストンにはありました。
「お洒落は足元から」・・・なんていいますが、もともと「超カジュアル志向」なアメリカ人たちに
とって、足元も「超カジュアル」が当然みたいです。
ボストン女性の皆さんは、夏が始まるや否や、一斉にビーサンを履きだしたのです・・!
週末のピクニックとか、ビーチでの話じゃないですよ。
街中で、しかも通勤時でも、み~んな「ビーサン」なのです。

%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%B3.jpg

学校のお友達(日本人)がこう言っていました。
「アメリカ人には、外反母趾の人とかいないんだろうね~」
まさに、そんな感じです(^◇^)!!
ヒールの靴を履いている人とか、ほとんど見かけませんもん!
ましてやピンヒールを履いている人なんて、ホントに2~3回くらいしか見たことありませんッ

かくいう私も、もともとヒールの靴とかが苦手なので、「アメリカ文化の吸収だ♪」とばかりに
ビーサンを購入し、夏中愛用しておりました(*^_^*)
ビーサン、かなりいいです☆☆ 開放感、抜群です☆☆
私が帰国するころに、日本でもビーサンが流行ってるといいなぁぁ(*^_^*)


2.虫がいませ~ん!!

北国ボストンでは、夏も涼しいからでしょうか。ほとんど虫をみかけませんでした。
日本にいた頃は、毎年ムヒとかキンカンが手放せなかったのに、ボストンでは一回も(!)
蚊にさされませんでした!!
(こないだマイアミでは刺されたのですれど(^^ゞ マイアミ旅行の話はまた別途書きま~す)

また、ゴキブリも一回も見ませんでした。これは本当にうれしかった!!
私はどうしてもゴキブリを殺すことができないので、日本にいるときはどんなに苦しめられたことか・・。

あと、蝉の声も、ほとんど聞きませんでした。木がすごーく多いところに行った日は聞いたんですけど、
街中の街路樹なんかには一切いませんでした。
日本だと、街中でも、たとえ東京のど真ん中でも、これでもかというほど聞きますよね~?

こんな感じで、ほんとに虫に出会わない夏でした。
蚊やゴキブリが苦手な方には、ボストンはお勧め住居エリアかもしれませんね(^^)☆


3.おもしろタトゥー、たくさん拝見できました♪

こちらの人はね、結構な確率でタトゥーを入れてらっしゃる方がいるのですよ。
夏の間は薄着になるおかげで、街行く人々のタトゥーを思う存分楽しむことができました(^^)/
タトゥーの種類は、ホントに小さな3センチくらいのタトゥーを品良く入れている方もいれば、
顔以外の全身がタトゥー!!っていう本格的な人まで様々です。
中でも、日本人の私としては、「漢字」を入れている方々がとても気になりました。
たくさん写真撮影して、このブログに一気に掲載したかったのですけれど、
文字が読めるような至近距離での撮影が難しく、撮影成功したのはこの一枚だけ↓↓

%E5%85%A5%E3%82%8C%E5%A2%A8.jpg

これ、「抱」っていう字、これ掘るなら足じゃなくて腕でしょ~!・・・と思うのは私だけ(^^)??

他にも、いろいろな漢字を目にしたんですけどね~。
写真に収めていないと何の漢字だったか忘れちゃいますね・・。 
唯一覚えているのは、かわいい女の子が肩に入れてたタトゥー。
「毒天使」と書かれてました(@_@;)
とっても可憐なかわいいお嬢さんだっただけにね・・毒天使って・・・。

しかしですね、「漢字」は、西洋圏の人にとっては、とっても興味深いみたいですよ。
こないだも、クラスメートに、「Skyって漢字で書いてみて~」と頼まれたので、
ホワイトボードに大きく「空」って書いてあげたら、「Sooo Coool(超カッコイイー)!!」と
言われましたヽ(^o^)丿

おもしろいですよね~。でも、タトゥーを入れるときは、意味にも気をつけてほしいですよねっ

あ、でも、私も英語が書かれてるTシャツとか何気なく着ているから、気をつけないと!
実は変なことが書かれてるやつ、着ちゃってることあるかも(・。・;


以上~、ボストンの夏に発見した興味深かったことをご紹介させていただきましたッ

 ≪ ボストンの夏が終わりました・・・ マイアミ紀行 【前編: サウスビーチ】 ≫ 

プロフィール

profile
新井 さくらさん
社会人になって海外旅行にはまり、旅先で困らないようにと始めた英会話。上達するにつれ「もっとペラペラになりたい」との思いは募るものの、留学なんて夢のまた夢・・・。そう思っていたのに、夫の海外赴任でボストンに住むことに!歳を重ねるにつれて新たなチャレンジには臆病になっていたけれど、せっかく舞い込んだチャンスなので、いろんな新しいことに挑戦したいです。

※2009年4月~2010年1月ブログ担当

カレンダー

ECボストンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP