ECボストン留学生による語学留学ブログ|初めての病院・・・

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

初めての病院・・・

October 13, 2009

先日、アメリカに来て、初めて病院に行ってきました!!

実は、9月に入ってから、夜あまり眠れないという症状が続いておりまして。
それでも毎日最低2~3時間は眠れていたので、なんとか学校には行けていたのですが。
とうとう、9月末になって、一睡もできないという日が2日も続いてしまったのです。

こんなのは、生まれて初めてのことでした。
丸2日眠れないということは、48時間連続で起きていたというわけで・・・
頭も回らないし、ふらふらするし、なんだかとてつもない不安感が押し寄せてきて、
とうとう日本の保険会社に電話をして、病院を紹介してもらうことにしたのです。

ここで思ったのは、「日本のシステムって素晴らしい!!」ってこと。
日本で入っておいた保険会社のフリーコールに電話をすると、すぐにボストンにいる
日本人医師を紹介してくれました。
そして予約までとってくれて、翌日の午後には受診に行けることになったのです。
日本人の先生に、日本語で相談できて、薬の処方箋も書いてもらって
とっても安心できました。

・・・・と、ここまではスムーズだったのです。
ここまでは、「日本人の連携プレー」でしたから・・・!!

病院の帰りに、処方箋を薬局(日本人経営の薬局なんてありませんから、アメリカの薬局)に
持って行って、薬を出してもらおうとしたんです。
このとき、私は眠れないまま行っていますから、「この薬、お願いします」って英語で言うだけ
でもヘロヘロの状態でした。
ここで、のんびり対応のアメリカ人スタッフに10分は待たされたでしょうか。
今にも倒れそうな私に向かって、そのスタッフがこう言いました。

「あらー、この薬切らしちゃってるわ。今日注文しとくから、また明日来てくれる?」

私「・・・・ Σ(・口・) え!!」


日本で処方箋持って薬局に行って、「あらこの薬ないわ。明日また来て。」なんて
言われたことないんですけど・・・・。
ねえ、そうじゃありません??日本の皆さん!!

こちとら、一刻も早く薬を手にしたいから、50ドルもかけてタクシー乗ってお医者さんに行って、
処方箋をもらってきたというのにぃぃぃ!!!!

お腹の中では怒りくるってましたが、どなって薬が出てくるわけでもないので、
すごすごと家に帰りました。
ちなみに、この夜もほとんど眠れませんでした(*_*;

そして、次の日、同じ薬局に「昨日頼んだ新井ですケド~」と薬をとりにいったのです。
前日も眠れていませんから、同じくヘロヘロ状態での来店です。

今回もまた、のんびりスタッフに10分は待たされたでしょうか。
そして、あろうことか、私が受け取った言葉は・・・

「あれー?確かに昨日注文してあるのに、入ってきてないわ。
 悪いけれど、また明日来てくれる?」

私 「・・・・ Σ(゚д゚;) ハイー?!!」

ちょっとね、ほんとにね、もう死語ですけどね、「ドンダケー!!」って言いたくなりました。ハイ。

折角、「日本人連携プレー」で速攻お医者様に会えたって、薬がもらえなきゃあ
治るものも治りませんよ。

アメリカのこういうところ、本当にイヤです。

この話を学校のクラスメートにしたら、みんなも同じような経験をたくさんしているそうです。
クラスで、「アメリカの医療制度は、全くなっとらん!!」と大激論になりました(;^ω^A
オバマ大統領が、医療制度をなんとかしたい気持ち、庶民感覚ですが、よーく分かりました。

ちなみに、薬は、その翌日(病院に行ってから3日後!)に受け取れました。
そのおかげで、今は段々と本来の調子に戻っていますので、ご心配は無用です(^_-)-☆

これからアメリカ留学をお考えの皆さま、薬は、なるべくいろんな種類を日本から
持ち込んだ方がいいですよ~!!

でも、上で書いたように、ちゃんと保険に入っていれば、こちらでも日本のお医者さんに
かかることはできますから。ご安心くださいね☆

 ≪ サンディエゴ紀行【その3:ECサンディエゴ校】 イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館 ≫ 

プロフィール

profile
新井 さくらさん
社会人になって海外旅行にはまり、旅先で困らないようにと始めた英会話。上達するにつれ「もっとペラペラになりたい」との思いは募るものの、留学なんて夢のまた夢・・・。そう思っていたのに、夫の海外赴任でボストンに住むことに!歳を重ねるにつれて新たなチャレンジには臆病になっていたけれど、せっかく舞い込んだチャンスなので、いろんな新しいことに挑戦したいです。

※2009年4月~2010年1月ブログ担当

カレンダー

ECボストンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP