ECロンドン留学生による語学留学ブログ|宮殿で舌鼓を打つ

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

宮殿で舌鼓を打つ

October 23, 2008

宮殿で王子とお食事をしてきました!嘘

10月19日(日)オックスフォード、Oxford、に行って来ました。
朝7:30にヴィクトリア、Victoria、駅へ集合!気合入ってます!

午前中、オックスフォードをぶらぶらしたのですが、大学には入れず。
なぜって日曜だから。下調べが足りませんでした!
いえ、例え鬼のようにしていたとしても、
日本のように、ガイドブック通りに行かないのが外国☆ъ(*゜ー^)> 笑

気を取り直して、昼からバスに乗ってブレナム宮殿、Blenhaim Palace、へ。

じゃーん!!


DSC00993_b.JPG


本当に大きい。そして花より男子を思い浮かべてしまうのは、日本女子のさが。笑
こちらはジョンチャーチル、Joh Churchill、さんのお宅です。

2階には、ミニシアターのようなものがありました。
このフィルムの後半は、英語が聞き取れないのと、慣れない早起きが祟って…
言わなくても解っていただけますね!笑

劇場を出た後、口を衝いて出た感想は…アイスが食べたい。
一緒に行った友達と、万丈一致で可決しました。

そんな私たちが進んだ先には、お土産屋さん!

そしてなんと…アイスクリーム屋さん!
この奇跡に、私たちの眠気は一気に吹き飛びました笑


DSC00998_b.JPG


アイスを堪能した後は、オックスフォードに戻って大学見学。


DSC01008_b.JPG


写真は、マートンカレッジ、Merton College、という
オックスフォードで最古の常設カレッジです。

そんな権威ある歴史的建物の中に、
人々の生活の営み(大学生活)が当たり前のように見られる!

って凄いことです。でも、それが本来「時」の歩む道なんでしょうね。

時間軸をどこかで区切って「歴史」という名前を与えるのではなく、
過去も、現在の一部であるという考え方。


そんなことを考えながら、それにしてもアイスは美味しかった、と思い返す夜です。

 ≪ たいー!! 傾くよね~** ≫ 

プロフィール

profile
I.M.さん
宮崎公立大学4年生。専攻の英米文学を勉強する中で、イギリスで英語を学ぶことに憧れ、’08年10月から10ヵ月間の予定でロンドンに留学。英語の生活に身を浸し、英語の感覚を肌で学ぶ生活に期待しています。イギリス文学の作家の生地などを訪ねてみたいですね。ネイティブにより近い感覚で文学作品を楽しめるようになることが到達目標です!
※2008年09月~2009年08月ブログ担当

カレンダー

ECロンドンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP