ECロンドン留学生による語学留学ブログ|傾くよね~**

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

傾くよね~**

October 26, 2008

傾くよね~**

何がって性格が!? ノンノン!!笑 床です床!

この建物、確実に床が傾いています。

階段だってほら!

DSC00956_b.JPG


写真力が足りないかな…
ここは、我が校EC Londonの、 Southampton Placeと呼ばれる別棟です。


DSC01011_b.JPG


ここだけではなく、他にも歩いて5分以内の場所に
メインビルディングを含めて5棟のビルが点在しています。

毎週クラスルームの場所が、ビルをまたいでの変更になるので、
週末前のチェックが欠かせません。


DSC01010_b.JPG


私がとても気になるのはこの床の傾き。
特にコンピュータールームの床の傾きは激しく、
長く画面に向かっていると、目がちかちかしてくるのと、
床の傾きの相乗効果で、酔ってきます、正直。笑

注目すべきことは、私の頭痛ではなくて、
この傾きがまったく気にならない様子の皆さん!

イギリスの先生に訊いてみたところ、全く気付かなかった!
と…。

スイス人の友達は、もちろん気付いた!
どうやって建物が建っていられるのか不思議だ!
と…。

反応は様々。

高校2年の頃、修学旅行でロンドンに来ました。
飛行機から降りて最初に向かったのが、夕食を摂るためのレストランで、
そこの床も、思い切り良く!傾いていたのを覚えています。

飛行機から降りた直後だったので、飛行機の揺れ・振動が体から離れないまま、
皆でふらふらになりながら、フィッシュアンドチップスを頬張ったのが印象的でした。

日本の平らな床を恋しく思う今日この頃です笑

●PS●
もちろん、すべての床が傾いているというわけではありません!笑

 ≪ 宮殿で舌鼓を打つ 夜のロンドンへ繰り出す ≫ 

プロフィール

profile
I.M.さん
宮崎公立大学4年生。専攻の英米文学を勉強する中で、イギリスで英語を学ぶことに憧れ、’08年10月から10ヵ月間の予定でロンドンに留学。英語の生活に身を浸し、英語の感覚を肌で学ぶ生活に期待しています。イギリス文学の作家の生地などを訪ねてみたいですね。ネイティブにより近い感覚で文学作品を楽しめるようになることが到達目標です!
※2008年09月~2009年08月ブログ担当

カレンダー

ECロンドンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

TOP