ECロンドン留学生による語学留学ブログ|やっと会えたね!!!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

やっと会えたね!!!

November 05, 2008

やっと会えたね、愛しき私のお洋服たち。

そして化粧品たち。

そして勉強道具たち。

昨日11月3日にやっと荷物を手に入れることが出来ました。



DSC01100_b.JPG



実はこの荷物、10日以上前にロンドンに届いていたらしいのですが、

関税払い待ちで、ずっと私に会えるのを倉庫の中で待っていたのです。

それまで私は何をしていたのかというと、

「関税を払わなくてはいけないかもしれない」

というあやふやな情報―日本の郵便局の方がこのような口調で説明した、

ということを母から聞いていた―を頭に入れつつ、

ただ純粋に何かしらのお知らせが届くのを待っていたのです。

ところが、待てど暮らせど、何もない。

まさに「何もない」のです。

ようやく重い腰を上げた私がしたことは以下の通りです。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本の郵便局に荷物の追跡調査をお願いすることを、母にお願いする。

 ↓

荷物がこちらに届いていること、そして関税待ちであることを知る。

 ↓

こちらの郵便局の長い長い長いqueue(イギリス英語:列)に加わり、

窓口で、一体私は何をすればいいのか尋ねる。

 ↓

窓口のおじさんから

「tracking・number、トラッキングナンバー、が分からないと何も出来ない」

と言われ、出直すことにする。

 ↓

母にトラッキングナンバーを訊く。

 ↓

再び郵便局を尋ね、例のqueueに加わり、トラッキングナンバーを自慢げに差し出す。

どうやったら関税が払えるのか訊く。

 ↓

窓口のおばさんから、

「ここではあなたの郵便物を預かっていない、関税もここでは払えない、管轄が違う」

と言われ、何かよく分からないパンフレットをもらって帰る。

 ↓

パンフレットに載っている電話番号に電話を掛ける。

英語がとても通じず、ギブアップ!ホストマザーに替わってもらう。

 ↓

ホストマザーに仲介してもらいつつ、電話で、クレジットカードを使って関税を払う。

 ↓

荷物と感動の再開を果たす。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



日本の郵便システムを、いままで本当に煩わしい・不便と感じていたのですが、

それでも、まだ手厚いサービスだったんだなと思いました。

いや…?私がもし英語を自由に使えたら、そこまで不便じゃなかったのか?

それとも、日本のサービスが手厚すぎるのか?

もっと荷物に対して能動的に行動することが、人間として当たり前なのか?

私が不器用なだけなのか?

ひ~~!!!(混乱を表す心の叫び)



 ≪ SANDAY ROAST NAOAファンの皆さんへ! ≫ 

プロフィール

profile
I.M.さん
宮崎公立大学4年生。専攻の英米文学を勉強する中で、イギリスで英語を学ぶことに憧れ、’08年10月から10ヵ月間の予定でロンドンに留学。英語の生活に身を浸し、英語の感覚を肌で学ぶ生活に期待しています。イギリス文学の作家の生地などを訪ねてみたいですね。ネイティブにより近い感覚で文学作品を楽しめるようになることが到達目標です!
※2008年09月~2009年08月ブログ担当

カレンダー

ECロンドンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

TOP