ECロンドン留学生による語学留学ブログ|Brth、バース

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

Brth、バース

December 28, 2008

20日に行って来たBath、バース!


バースという土地の名前は、お風呂"bath"の語源になったことでも有名です。
古代ローマ人が、かつてイギリスを支配したときに、街に大きなお風呂をつくったのです。


驚いたことに!今でも温かいお湯が沸いています。


DSC01351_b.JPG


湯気が見えるでしょうか??

ここに浸かっていたのですね。古代人が。
それにしても、どんな歴史的施設を訪ねたって、
当時の人々の知恵が優れていることに驚くばかりです。

この温泉施設も、精巧なシステムの下につくられていたようです。
ただの温泉施設ではなく、宗教的保養地のような存在だったようですが。
(私の変な日本語は気にしないで下さい;;笑)


もう一つ。印象的だった施設がFashion Museum、ファッションムージアム。

何が印象的だったって、コルセットの体験コーナー。

絞めてみました。


DSC01371_b.JPG


締め上げようとする度に、くすぐったくって笑い転げてしまい、
静かな館内に、私の笑い声をとどろかせてしまいました笑
私が中世のお嬢様だったら、毎日着替えるたびに怒られただろうな!


DSC01377_b.JPG


バースの街並み


DSC01380_b.JPG


夜はパブ→部屋で飲みながら、
次の日の計画を綿密に(それはどうかな?笑)立てました。

 ≪ 私の一週間◎ Cotswolds、コッツウォルズ ≫ 

プロフィール

profile
I.M.さん
宮崎公立大学4年生。専攻の英米文学を勉強する中で、イギリスで英語を学ぶことに憧れ、’08年10月から10ヵ月間の予定でロンドンに留学。英語の生活に身を浸し、英語の感覚を肌で学ぶ生活に期待しています。イギリス文学の作家の生地などを訪ねてみたいですね。ネイティブにより近い感覚で文学作品を楽しめるようになることが到達目標です!
※2008年09月~2009年08月ブログ担当

カレンダー

ECロンドンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP