ECロンドン留学生による語学留学ブログ|クリスマスィー

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

クリスマスィー

December 11, 2008

今日12月10日、学校が終わった後に
Porotbello Market、ポートベローマーケットに行ってきました。

このマーケットは、映画『ノッティングヒルの恋人』の舞台でもお馴染みの
マーケットです。


さてさて、ただいまロンドンのマーケットと言うマーケットは、
クリスマスモード一色です。

ちょっと分かりづらい出来になってしまいましたが、

もみの木。


DSC01306_b.JPG


本当にこんなやって売っているんだぁ!と感心しました!
そしてたまに、もみの木抱えて通りを歩いてる人がいるんだな。これが笑
映画の中みたいに。

このような、クリスマスを控えた街並みは、
私たちから見れば、「おぉ!まさに外国!」
という微笑ましい光景ですが、ネイティブの方々の感想は人それぞれです。


学校の先生は、こんなふうに言っていました。

「クリスマスの存在は、1ヶ月前は、丘の上の小さな雪だるまみたいだけど、
クリスマスが近づくに連れて、その雪だるまは、巨大化しながら坂を転がって降りてきて、
そのうち大きな音を立てて迫ってくるんだ!」

 と。

そして「なんてばかげてるんだ。」

 と。


男性の方だからでしょうか。

クリスマスの文化の誇るというよりも、
クリスマスに踊らされていると、嘆いているようでした。
クリスマスが商業的イベントに変わってしまったことを、
嘆いているという面もあると思いますが。


とはいうものの、クリスマスを控えたマーケットには、
やはり「うきうき」という言葉が似合うと思いました。

DSC01300_b.JPG


Notting Hill Gate駅から、マーケットに向かう道。


DSC01305_b.JPG


可愛くて小さくて、用途がよく分からないものたちがたくさん!
そういうものこそ魅力的だったりしますよね。


 ≪ 先生!踊れません! 国籍問わず ≫ 

プロフィール

profile
I.M.さん
宮崎公立大学4年生。専攻の英米文学を勉強する中で、イギリスで英語を学ぶことに憧れ、’08年10月から10ヵ月間の予定でロンドンに留学。英語の生活に身を浸し、英語の感覚を肌で学ぶ生活に期待しています。イギリス文学の作家の生地などを訪ねてみたいですね。ネイティブにより近い感覚で文学作品を楽しめるようになることが到達目標です!
※2008年09月~2009年08月ブログ担当

カレンダー

ECロンドンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

TOP