ECロンドン留学生による語学留学ブログ|気になる彼

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

気になる彼

March 08, 2009

DSC01679_b.JPG


さて、これは一体何でしょう…

私も未だ詳細は掴めていません。

噴水のようなものだと思うのですが、噴水はしないんですよね。
ししおどしのような感じで、毎日水が流れ出ている音がします。
授業中、さりげなくちょろちょろと。
音と、流れてくる水の存在しか今のところ確認できていません。


なぜって、この壺の正面がどこからも拝むことが出来ないから!


現在、午前中の授業を、EC Londonのメインビルディングでなく、
5分くらい離れたビルで受けています。

このビル、例によって建築されてから100年は経っているそうです。
その中庭にさりげなく鎮座しているのがこの壺。
中庭は、四方が窓や壁に囲まれているのですが、
ビルの設計上、唯一その全体像を見ることが出来るのが
写真に写っているクラスルームの窓!
そして私はそこに入ることが出来ない!

気になる彼に(壺に)私が一番近づける場所といったら…トイレの窓。
そこからこの写真、撮影しました。


きっと、昔は誰からも拝まれる存在だったのでしょう。
それなりの必要があってここに設置されたはずだから!

そしてなぜ誰もこの必要性3%の(独断)壺を取り除こうとしないのか。
さらには、なぜ毎日この壺の噴水機能を作動させているのか。

きっとそれにもそれなりの理由があるのでしょう。

何年先までこの壺、ここに佇むつもりでしょう。

謎です。

うぅ…正面が見てみたい…

 ≪ あ…あなたたちったら! 1度はすると思ってたョ!ももこくん! ≫ 

プロフィール

profile
I.M.さん
宮崎公立大学4年生。専攻の英米文学を勉強する中で、イギリスで英語を学ぶことに憧れ、’08年10月から10ヵ月間の予定でロンドンに留学。英語の生活に身を浸し、英語の感覚を肌で学ぶ生活に期待しています。イギリス文学の作家の生地などを訪ねてみたいですね。ネイティブにより近い感覚で文学作品を楽しめるようになることが到達目標です!
※2008年09月~2009年08月ブログ担当

カレンダー

ECロンドンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP