ECロンドン留学生による語学留学ブログ|もはー!

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

もはー!

April 20, 2009

アイルランドリポート連載2回目は、もはーです。
モハーの断崖、Cliffs of Moher、というところに4月11日日曜に行ってきました。

1日のうちに四季があると表現される程、天気がころころかわるアイルランドですが、
今回の旅行中は、1日を除いてとても天気に恵まれました。
この日もとても天気が良く、絶好の断崖日よりでしたね!
個人ではなかなか行けそうにない場所だったので、
ダブリンに着いてからモハーへの日帰りバスツアーを申込み、
バスで、アイルランドの西岸まで行ってきたのです。


GetAttachment2_b.JPG


このモハーの崖、崖側はご覧の通り海で、
白波が立つような強風が吹き荒れ、自然の厳しさをまざまざと見せ付けているのですが、
反対側(写真で言うと左側ですね)は、なだらかな丘が広がり、さらに牛が放牧されていて、
なんとも平和な雰囲気が漂っていました。

この不思議なコントラストが、あたりまえのように堂々と存在しているところが
なんともおかしかったです。

それにしても風が強く、日が照っていなかったら、さぞ寒かったことと思います。


以下はダブリンの家のかわいいドアたちです。
このカラフルなドアはダブリンの名物!

泊まったところ、B&Bは住宅街にあったのですが、
初日、通りを歩きながらかわいいドアに見とれて、なかなか先に進めませんでした。

DSC01998_b.JPGDSC01999_b.JPGDSC02000_b.JPGDSC02001_b.JPGDSC02002_b.JPGDSC02003_b.JPGDSC02004_b.JPG


 ≪ テンプルバー Kew gardens ≫ 

プロフィール

profile
I.M.さん
宮崎公立大学4年生。専攻の英米文学を勉強する中で、イギリスで英語を学ぶことに憧れ、’08年10月から10ヵ月間の予定でロンドンに留学。英語の生活に身を浸し、英語の感覚を肌で学ぶ生活に期待しています。イギリス文学の作家の生地などを訪ねてみたいですね。ネイティブにより近い感覚で文学作品を楽しめるようになることが到達目標です!
※2008年09月~2009年08月ブログ担当

カレンダー

ECロンドンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP