ELSハワイパシフィック大学留学生による語学留学ブログ|2010年6月

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

新しい学期がはじまりました!

June 30, 2010

今日から新しい学期です^^
なんと40人も来ました!夏だからかな?日本人は割りと少ない。
クラスメイトにクウェートの子がいました^^超レアですよね!
なんでクウェートわかるの?って聞かれたので(原油)ガソリンで有名って行ったら
笑っていました。あとクウェートでガソリンがいくらか聞いたら1リットル50セント(およそ50円)
だそーです!わお!日本だと150円くらいはするって言ったら
日本は何でも高いって言われました (笑
今サウジアラビアの子も(クラスは違うけど)学校にいるしボリビアの子もいるし
めったに会えない国の子にあえてちょっとうれしいですね^^
クウェートの言語はアラビックだそうです。白いターバンを巻いた写真とか見せてもらって
とっても異国を感じました^^

ハワイカイ ドッグラン

June 29, 2010

ハワイカイのドッグランの風景です。
日本にはめったにドッグランないし、こんなに大型犬がいないから
珍しくて楽しいかったです^^
こんなにたくさん大型犬いても喧嘩にならないし
小さい犬もいたりして(本当は別の場所なんですけど)もぜんぜん
平気だからちゃんとしつけされているなーと思って^^

にほんより断然しつけがされていてすごくいい子たちです。
あんまりでかい犬はちょっと怖いイメージですけど、すごくいい子たちです。

ここには移ってないけど水にぬれたゴールデンをつれてた人がいたので
「シャンプーしたんですか?」って聞いたら
飼い主さんが「この子はさっきまでプールで泳いでいたのよ」
「毎日泳いでいるのよー」って言ってました。
 ハワイカイはお金持ちが多いみたいだし、家にプールあるのも不思議じゃない
けど、その犬がうらやましくなりました。
あの人の犬にならなってもいいって(笑)思いました。
 
でも、犬だと海外旅行楽しめないからやっぱり人間がいいかな、
うーん、でも犬でもいいかな。


Hawaii2%20106.jpg
Hawaii2%20108.jpg
Hawaii2%20109.jpg

今月は終わりました。

June 26, 2010

今月の授業は難しかったですー。
なかなかうまく理解できなくて途中で日本人の人に助けてもらいました。
授業終わった後に日本語で教えてもらって、とっても助かりました。
もう単位落とすかと思ったけど、何とかパス。
 ほんと日本でもっと勉強してこればよかったと思って後悔しますね~
してもしょうがないから今がんばらないといけないんですけど
覚えることばっかり頭がいっぱいいっぱい!

今月来た日本人の2人とブラジル人の2人は一ヶ月だけの授業だから来月からは
いません。クラスメイト半分は帰国しちゃうのでなんだかさみしいですね。

でもここで出会えたのも奇跡的だなと思います^^
日常生活での出会いは宝でもんね。感謝。感謝。

ワイキキの様子

June 23, 2010

ワイキキに住んで20日ほどたちます。
ここはやっぱり騒がしいですね。
ハワイカイとはまったく違います。
観光地なのでいろいろなお店があって目を奪われますが
今は学生なのでセーブしています。

 ワイキキにはやっぱり日本人観光客がたくさんいます。
よく留学するのにハワイなの?と聞かれます、ハワイはたくさん
日本人いるでしょ、勉強にならないよって言われるけど
日本人観光客とはほとんど話さないのであんまり気になりません。

ショッピングをしていると日本語はよく耳にするけど
逆にうれしいかも。留学していると細かい表現ができなかったり
カルチャーが違うとお互い理解できないところもあって
でも、同じ日本人だと結構同じ意見だったりするので
妙にうれしい。

 あと緊急事態の時には本当にありがたい存在です。
特に日系アメリカ人はバイリンガルの人が多いから、なんとか
探せば誰か見つかるときがあるからホント助かります。
 私の英語力で本土に行ってたら苦労していただろうなって
ホントおもいますね。

ELSのランチタイム

June 19, 2010

 ELSでランチを食べました。フライドチキンみたいなのと
スープを作っててくれてみんなに配ってくれました。
ELSの先生方は皆さんいい人です。このスープを配っている人が
セベルさんで背が高くてきれいな人。自宅にお子さんがいます。
忙しいそうだけどいつもはつらつとしてて、パワフルだなって思います。
ブラジル出身だそうです。
 ELSではたまにランチをみんなに配ったりとか
クラスわけのはじめの日とかに自由におやつを食べてよかったりとか
なんか日本にはないような気軽さがあって、リラックスさせられます。
 ハワイだからみんなサンダルで学校に来てるし、
普通日本だと失礼に当たるだろうけど、こっちだと当たり前だから不思議です。
やっぱり暖かいってかなりいいですね、服装も楽だし、お金かからないし
その代わり物価はちょっと高いのかなって感じるけど。
スーパーのものが高い。肉は安いけど、野菜が3ドルから5ドルするから
はんぱなく高いです。なかなか買えない。日本は野菜が安いですもんね、
スーパーで99円とかで買える。でも農家の人が精魂こめて作ったものだから
高くて当たり前なのかもしれない、日本が安すぎるのかも知れないですけどね。
あれ?ELSの話から野菜の話になっていましたね、いつも暴走してしまって
すいません。。。
 というわけでELSのランチの光景です。
P1010478.jpg
P1010481.jpg
P1010486.jpg

最近の勉強について

June 18, 2010

留学して3ヶ月目になりますけど、最近の勉強は困難きわめてます。
授業中でも細かい質問とかが英語で作れなくてなかなか苦しいところがあります。
 もっと日本で勉強してからこればよかったなと思います。
午前だけの授業だともう少し楽なのかも知れないですけど、午後もとっているので
時間も足りません、宿題も3時間くらいしないといけないらしくて、
最近は疲れて来ました(笑)
 でも、私が疲れてるとスイスの友達が「なんでナーバスなの?」って聞いてきてくれて
「勉強ができないよー、覚えられないよー」って言ったら、「みんなそうだよ、だけど
今は苦しくても後ですごく単語や文法を覚えているようになるよ」ってアドバイスしてくれて
確かに、ストレスはあるけど、後で自分が案外覚えていたりして、決して無駄ではない
んだなって思えました。
 みんな苦しい思いしてるんだなってわかりますし。ほかの言語を覚えるときは
そういうものらしい。だんだん聞きなれて、単語覚えていって、だからとにかくわからなくても
授業には出て、あまり悩み過ぎないようにしたいと思います。

お友達のお別れパーティー

June 17, 2010

 今日はブラジル人の女の子のお別れパーティーでした。
2ヶ月くらいしかいなかった子だけど、結構仲良く遊んでいた子なので
すごい寂しいです。
 毎月帰る子が必ずいるのでなんか切ない気持ちになりますね、
もう二度と会えないのかなとか、考えちゃいますね。だから写真は宝物。
ブラジルにたくさんお友達できたので、一回は遊びに行こうかなー^^
なんかブラジル人大好きだわー、とってもフレンドリーだし、オープンだし
じめじめしたところがないし、ほんとに友達思いの子がおおい。
 留学して海外のお友達ができたことは本当によかったです。
フェイスブックでいつまでも交流していきたいです^^

ノースショア 亀を見ました^^

June 12, 2010

P1010583.jpg
P1010606.jpg
P1010607.jpg
P1010608.jpg
運がよかったら亀が見る事ができるって言われてるところなんですが
私はたくさん見ました~~~かんど~~~
ほんと、神様ありがとう!
自然の亀めっちゃかわいい~~~しかもでっかい!
しかも逃げないです。でも、亀に触ってはいけないんですよ。ちょっと残念。
ハワイにきてよかった~やっぱり楽園^^
浅瀬の写真には2,3匹写っているのですが、代わる代わる来るし
波に揺れながら危険な岩の間の藻を食べてて、がんばれーって言いたくなる。
藻を取ってあげたかったのですが、亀にえさを与えてはいけないので、できませんでした。
壮大の自然のなか、野生の亀に出会えて、人間がいてはいけない世界に感じました。
本当にこんな場所にこれてよかったです。
一生の記念です。写真は宝物です。

寮に引越しをしました。

June 08, 2010

土曜日に寮に引越しをしました。
寮はワイキキにあり、周りはかなりにぎわしいです。
特に金曜日、土曜日はとってもにぎわっています。
 日本人やそのほかの国からヴァケーションで人も多く
半分以上観光客の様ですね。
寮は隣の隣がお友達の部屋だったりするのでとても心強いです。
同じフロアに4人くらい友達が住んでいるので楽しいです。
 ルームメイトは取り合えずいませんでした。
鍵を開けるまでいるかどうかわからなかったので寸前まで緊張しました。
うれしのと寂しさと両方感じました。

 学校からワイキキまではバスで20分くらいなので距離は近くなったので
ちょっと安心。それにお友達と話す機会も増えたのでうれしいです。
 でもホストファミリーと離れるときはとっても寂しかったです。
でも、ホストマザーが”あなたはハワイからいなくなる訳じゃないから
いつでも会えるし、助けが要るときはいつでも言ってね”といってくれたので
とてもうれしかったです。
 私のホストマザーは看護婦さんだったので、体調が悪いときとかすごくいろいろと
相談に乗ってくれたし、お薬もくださったのでほんと助かりました。
メンタル面の相談にも乗ってくれるし、心の支えになっていました。
 学校の話や、プライベートな話をお互いたくさんしました。
 料理もすごくおいしかったのでいろいろなハワイアンフードを味わえたので
ラッキーでした。 

 私が”学校から帰るときジョイ(ホストマザー)の料理を思い出すと、とっても嬉しい
気分になる”って言ったら”私もあなたたちに料理をつくってあげることがとっても嬉しいわ”
って言われたのですごく嬉しかったです。
ちなみにあなたたちというのは、私のほかにもう一人カナダの留学生の子が
住んでいたのであなたたちということです。

 人生で一回はホストファミリーと一緒に暮らしてみたかったのでとてもいい経験になりました
また会えるといいなって思いました。時が経ってもまたハワイに訪れたときには会いたいです。

カナダのジョアニ

June 06, 2010

うちのホストファミリーは私を含めて2人のスチューデントと持っていて
もう一人の子がカナダのジョアニです。カナダのケベックというところから
来ていて普段はフランス語を話すそうです。
 カナダ人ってみんな英語話せるんじゃなかったのかと思ったら
ケベックはフランス語らしく、英語はあまり使わないらしいです。
 後不思議なのは同じフランス語でもフランス人とは話せないらしいです。
ジョアニ曰くケベックはスラング(なまり)があるらしくフランス人とは
フランス語で話せないらしいです。
 
 私の学校でもスイスの子が2人いるのですが二人は違う言語を普段使うらしく
英語でしか会話できないらしいです。うーんいんたれすてぃんぐ!
一人の子はドイツ語を話して、もう一人の子はフランス語を話すらしいです。
そんなに大きくない国なのに不思議。
 ティーチャー曰くスイスはいろんな国に面しててドイツに近いところはドイツ語で
イタリアに近いところはイタリア語らしい。ヨーロッパは私にとって予測できないところです。

アメリカの飛行機に乗りました

June 01, 2010

日本のサービスはかなりいい!と思いました。
留学した友達が日本が住むなら一番いいよって言ってて
なんで?って聞くとみんな住んでみたらわかるって言ってって
これかなーと思ったうちの一つが、日本人みたいにあまり親切じゃない
日本人だったら困ってる外国人がいたら結構助けてあげると思うけど
こっちの人はたまに冷たい。。。
 あと、店員のサービスがかなりクールだと思った。
やっつけ仕事っぽい(笑)特にチップ制じゃない店!
サンキューフォーバッドカインドとか言ってやろうかと思うほど(笑)
 こっちもあんまりブルーにならないようにがんばる!
なんだかブルーになるとみんなが悪い人に見えてきちゃってよけいにマイナス!
ちょっと馬鹿にされてもプラス思考でやっつけるくらいがんばんないとね!
 こないだもスターバックスでエスプレッソを頼んで一番スモールを頼んだら
1.5cmくらいしかなくてすごく軽くて最初馬鹿にされてるのかなと思った
でも、あなたが一番少ないのを頼んだでしょっと言われて、店員さんがみんな笑ってて
でも、これは少なすぎると思って 少なすぎるって言ったら
ミルクいる?って言われているって言ったらカップ一杯にしてくれて、でも値段は
変わらなくてふしぎだーーー。
その後も店員さんも店員さんたちは笑ってて、嫌がらせじゃないんだと気づきました。
 多分そのとき、嫌がらせと思って引き下がってエスプレッソを飲んでいたら
かなりミゼラブル(惨め)な思いをしていたなと思いました。
 留学てたまに人を気持ち次第でミゼラブルにして、気持ち次第で得を取るなっと
感じる日々このごろです。
 とにかくポジティブは最強の味方です^^

プロフィール

profile
吉村 和美さん
20代前半で一度ワーキングホリデーを断念し、今回は最後のチャンスだと思い、この留学を決めました。ハワイでは、人々の暮らしや、挨拶のしかたなど日本とはまるで違うコミュニケーションの方法にとても関心があります。アメリカ人には生涯学習をする人がいて、常に自分をスキルアップさせていると聞きました。自分が本当にしたいこと、情熱を注げる場所を探したいと思います。

※2010年3月~ブログ担当

カレンダー

ELSハワイパシフィック大学に通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

TOP