留学・海外留学をトータルでサポート。短期留学から大学院まで

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

向坂 和泉

向坂 和泉  こうさか いずみ

留学経験:大学2年次にアメリカへ1年間の認定留学

kosaka01.jpg

こんにちは。大阪留学ジャーナルの向坂和泉です。

私が海外に興味を持つようになったのは、中学生の頃です。洋楽や洋画といった海外のカルチャーに刺激を受け、海外への憧れを抱きました。進学した高校では、毎年海外から留学生を多く受け入れていたため異文化交流をする機会が多くありました。生まれた国も話す言葉も違う彼らと仲良くなるうちに、もっといろんな国の人と友達になりたい、海外で生活したいという思いが強くなり、大学での留学を決心しました。

そして大学2年次に、アメリカの大学へ1年間の認定留学をしました。留学先の大学は、田舎の小さな都市に自然豊かで広大なキャンパスを構えていて、のんびりリラックスした留学生活を過ごしました。留学中はヨガや吹きガラスなど日本の大学では開講していない授業を履修したり、毎月ボランティアに参加するなど充実した生活が送れるよう心がけました。

現地学生や他国からの留学生とたくさん関わる機会をつくるため、大学キャンパス内の学生寮に入居したことも良かった点だと感じています。同じ寮に住む学生たちは仲が良く、とてもフレンドリーでした。私が入居した寮にはオープンな学生が多く、みんな部屋のドアを開けっ放しにしていて、部屋の前を通るといつもカジュアルに話しかけてくれたり、「Come in!」と部屋に招き入れ、派手なカラーのドーナツやクッキーをくれました。人と人との距離が近い海外ならではの体験で、みんながファミリーのように接してくれたので毎日がとても楽しくて温かい寮生活でした。

kosaka02.png

大学の授業で出される課題は量が多くて大変でしたが、テスト前にクラスメイトと寮のスタディルームに集まり夜中までみんなで一緒に勉強したことも、寮に住んでいたからこそ経験できた良い思い出です。帰国時には、空港に見送りに来てくれた友達の前で「帰りたくない!」と号泣したのを今でも鮮明に覚えています。

私の留学経験から、認定留学の魅力は大学在学中に日本と海外両方の学生生活が送れること、そして現地学生との学びを通して日本での大学生活との違いを肌で感じたり、新しい発見が刺激につながり自分自身が成長できることだと思っています。

皆さまの「留学したい!」という前向きな気持ちに親身に寄り添い、そのためのサポートを精一杯させていただきたいと思っています。皆さまとお会いできることを心より楽しみにしています。

留学についてもっと知りたい人は、まずはカウンセリングを受けてみよう!

カウンセリング予約

私たちがお待ちしています!

大阪留学ジャーナル・カウンセリングセンター
  • 住所:大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル21F
  • TEL:06-4797-7821 FAX:06-4797-7823
  • 営業時間:月、火、木、金 10:00~19:00  土 10:00~18:00
  • 定休日:水・日・祝日
  • 最寄駅:JR「大阪駅」より徒歩6分、
    地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩5分
  • 新大阪駅からはJR京都線に乗り、1駅で「大阪駅」です。
  • 大阪国際空港(伊丹空港)からは大阪モノレールに乗り、蛍池駅で阪急宝塚線に乗り換え、約29分で「阪急梅田駅」です。
フリーコール 0120-890-987携帯からでもご利用いただけます 印刷用地図&行き方

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

TOP