「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

英語で通じ合えるたくさんの友達や第2の家族ができた!

オーストラリア/パース

ワクワクがいっぱい!犯罪科学の授業は、バディと私のお気に入り

今回が初めての海外体験。行き先には自然が豊かで治安の良いパースを選びました。同年代の友達をつくりたかったので、バディのいるこのグループツアーは理想的でした。
学校の授業で面白かったのは犯罪科学の授業です。教材用の殺人現場の写真を見て、指紋や血痕の調べ方などをグループでまとめていきました。この授業では、顕微鏡を使って犬の毛や合成繊維、化学繊維を見てスケッチすることもあり、日本の理科の授業でも顕微鏡を使っているのでクラスメイトたちと同じようにできました。こんな授業はまず日本ではありえないので新鮮で、とっても楽しかったです。バディはこの授業がいちばん好きと言っていましたが、私にとってもいちばん印象に残る授業で、日本でも犯罪科学の授業があれば受けてみたいと思ったほどです。

とびきり優しい仲間たち。朝と帰りのハグも嬉しかった

私のバディは、とても優しくて可愛くてよく笑う子です。動物が大好きで、将来は動物に関わる仕事に就きたいと言っていました。いろいろな出身国の友達がたくさんいて、私をみんなに紹介してくれました。
オーストラリアの学校にはリセスというみんなでおやつを食べる休憩時間があるのですが、バディを含め、その時間やランチタイムを一緒に過ごした12人のメンバーはみんなとびきり優しくて感動しました。オーストラリアでは朝と帰りにハグをし合うのですが、私ともハグしてくれてすごく嬉しかったです。このメンバーとは放課後も遊ぶことが多く、その時にもみんな気さくに話しかけてくれました。私が理解できないときには、簡単な単語に言い換えてくれるし、みんなのおかげでいつも不安なく楽しく過ごすことができました。

土日はホストファミリーと動物園やビーチなどにお出かけ

ホームステイ先はとても広い平屋で、シャワールームとトイレが2つずつ。私はバディと同じ部屋を使いました。ホストファミリーはとても優しく、おうちでは犬と猫、ラットを2匹飼っています。土日はファザーもマザーも仕事がお休みなので、動物園や公園、ビーチに連れて行ってくれました。私が写真を撮るのが好きなので、景色が綺麗なところにたくさん連れていってくれて感謝しています。
ただし、最初の2日間くらいはバディやホストファミリーの言うことが聞き取れず、リスニングに集中してしまって自分からなかなか話しかけられませんでした。3日目くらいからは耳が慣れてきました。登下校はバディと2人きりだったのでずっとおしゃべりし、寝る前も同じ部屋なのでいっぱい話せました。一度、2人で帰宅途中に嵐になり、傘を慌てて用意しているときに転んでしまったのですが、バディとならそれすら愉快な思い出になりました。今振り返ると、バディといるときは常に笑っていて幸せだったなと思います。

アクティビティも満載で楽しかった2週間。自主性も育めた!

レーザータグやボーリングをしたのも楽しかったです。ボーリングは久しぶりだったからできるか不安でしたが、1ゲーム目はレーンで1位になれました。2ゲーム目には疲れてしまって最下位でした。他にもコアラと触れ合ったり、安くて可愛い洋服をいっぱい買ったり、言葉では表せないほど素敵な体験ばかりでした。
また、オーストラリアでは食事の準備や片付け、トイレ掃除などは子どもたちが分担して行う家庭が多いようで、私のステイ先もそうでした。日本ではお手伝いを全然しないのですが(笑)ホームステイ中に何でも自分でやったことで、自主性も少しはついたかなと思っています。
「行こうかな…でも英語に自信ないし」と思っている方!ぜひ行ってみてください。私も英語力にはまったく自信がありませんでしたが、ただ「行きたい!」という気持ちだけで留学をして、結果として、本当に楽しい2週間が過ごせました。お友達がたくさんできて、第2の家族もできました。また留学してみたいなと思っています。

留学ジャーナルの
カウンセリングの感想

初めての海外、初めての留学で何もわからなかったが、カウンセラーの方がどんな質問にも優しく丁寧に答えてくださり感謝している。

留学した人

須川 麗香 さん(17歳)

留学の種類

中学・高校生のためのグループツアー

滞在期間

2018年7月28日~8月13日(17日間)

滞在方法

ホームステイ

学校

中学・高校生のためのグループツアー

留学の理由・目的

両親が洋楽好きなこともあり海外文化に触れる機会も多く、ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』を観てとても感動。海外文化に興味が湧いて、留学しよう!と決めた。

担当カウンセラー

藤井 翔吾

留学前不安に思ったこと

不安はあまりなく、楽しみな気持ちが大きかった。オーストラリアは冬だったので、持って行く服に関しては迷った。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP