「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

30歳目前、今しかない!充実の1年を過ごし外資系企業へ転職 

カナダ/トロント

30歳以上限定のコースを選択。皆意識が高く、話も合いやすい!

旅行好きなので年に1度は海外に出かけていましたが、1人で海外に渡航するのは初めて。留学先をカナダにしたのは、治安や物価、生活面を総合的に考えて最も理想的だったからです。また、カナダはヨーロッパや南米に近く、より多様なバックグランドの人と交流できるのではないかと思いました。

私の通った語学学校には年齢別のコースがあるのが特徴です。私は30歳以上の生徒限定の+30コースを選びました。このコースの生徒たちは自分の意志で時間とお金を割いて参加しているので、英語学習に対する意識が高く、雰囲気も落ち着いています。また、年代が近い同士で、興味のあることや放課後や休日の過ごし方といった共通の話題を見つけやすく、友達がつくりやすいのもメリット。ほとんどの生徒が就労経験があるため、同じ業界で働く人と出会うチャンスもあります。

授業中に街へ出て、店員さんや通行人に英語でインタビュー

とくに面白かったのは「English for City」という授業で、街に出て、お店の人や一般の市民の方にインタビューすることもありました。たとえばお酒がテーマだったときには、6つのグループに分かれてそれぞれ指定されたリカーショップを訪れ、自分の出身国のお酒を探したり、お店の特徴を店員さんに尋ねたり、先生の好みに合ったお酒を選んだりしました。私のグループが訪れたのはかつて駅舎として使われていたショップで、店員さんが「ここは切符売り場だったところだよ」「ここから列車が出ていたんだ」と店舗内を案内してくれました。

地元の人々は、学校の先生やクラスメイトとはスピードやアクセントが異なり、使う単語や表現もバラエティに富んでいます。最初は緊張しましたが、インタビューした方と会話が弾むと、自分の英語に自信を持てるようになりました。また、街を散策すると、それまで知らなかったおしゃれなお店などに出会うこともできました。

ホストマザーやシェアメイトとの会話で英語力が鍛えられた

最初の2ヵ月半はホームステイを体験しました。カナダ人のホストマザーの家に、同じ語学学校に通うベルギー人とスイス人の女の子と一緒に暮らしました。料理好きのマザーが作る食事はいつもおいしく、ユダヤ教徒であるため、ユダヤ教のお祭りで食べる料理が食卓に並ぶことも。みんなでおしゃべりをしながらのディナータイムは楽しみでもあり、英語の厳しさを思い知る場でもありました。しかし今考えると、たとえ100%理解できなくても英語にたくさん触れられて、結果的に自分の英語力向上につながりました。

その後はネットの掲示板で見つけたシェアハウスに移り、カナダ人のご主人と日本人の奥さんのオーナー夫妻が地上階に住むおうちの地下の部屋を日本人女性とシェアしました。「せっかく留学しているのに日本人とシェアするのは良くないかな?」とも思いましたが、結果的にとても満足しています。カナダ生活の長いシェアメイトに教わることは多く、彼女の職場の仲間が集まるホームパーティに誘っていただいたりもしました。

収穫がいっぱいだったトロント留学。今後も英語力を磨き続けたい

カナダの四季も満喫できました。春は到着した直後だったのでダウンタウンを散策したりハイパークという公園で桜を見たり。夏はカーレースを観たりリブステーキやクラフトビールのフェスティバルを訪れたり。秋はトロント国際映画祭へ、そして冬にはクリスマスマーケットへ。語学学校のアクティビティも充実しており、アメリカのワシントンにリーズナブルな料金で行けたのも良い思い出です。

TOEICスコアは355点から725点までアップ。留学前に通っていた英会話教室の先生にも「英語のレベルが以前と全然違う!」と言っていただけました。しかし、800点を目標にしていたのでこの結果には満足しておらず、今後も英語力に磨きをかけていきたいです。

帰国後には外資系の転職エージェントを利用。リクルーターは外国人でやり取りはすべて英語、企業の求人票も英文と、転職活動はほぼすべて英語で行いました。最終的に希望通りの仕事に就き、「英語を使って仕事がしたい」という夢の1つを叶えられました。ただし、今のポジションでは英語の使用が限られているため、海外とのミーティングなどが多いポジションで働くのが今後の目標です。

留学ジャーナルの
カウンセリングの感想

カウンセラーさんご自身が留学経験者だったので具体的なお話を聞くことができて参考になり、説明会やセミナーも案内してもらえた。また、仕事をしながら留学準備を進めたため、ビザ取得や入学書類の作成などのサポートもありがたかった。

留学した人

加藤 李里子 さん(32歳)

留学の種類

語学留学

滞在期間

2017年3月~2018年3月(1年間)

滞在方法

ホームステイ

学校

EC TorontoEC Toronto 30+

留学の理由・目的

もともと英語や海外での生活に興味があったため、大学時代に留学を志したが、その時には両親の賛同が得られず断念。しかし、30歳を目前にしたときにこれまでの人生やキャリアアップを考え、「今しかない」と留学を決断した。

担当カウンセラー

谷口 麻理子

留学前不安に思ったこと

不安よりはワクワク感の方が強かったが、自分の語学力が英語圏でどのくらい通用するのかなと思っていた。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP