留学経験者に聞く語学学校、大学などへの留学体験談

【お知らせ】7月、8月は混み合ってきていますが、まだ間に合います。お問い合わせはお早めに。留学相談はこちら

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

大好きなイギリスで経験豊富な先生や友達に囲まれ充実の日々 

イギリス/ケンブリッジ

ワイワイ意見を言い合える授業で楽しく英語が学べた!

せっかく短期留学をするなら日本人が少ない場所が良かったので、イギリス、アイルランド、ニュージーランドの3ヵ国に絞りました。カウンセラーさんと相談し、英語の訛りが気にならず、観光地もたくさんあるイギリスに決定。イギリスの文化や美術館に興味があり、ハリー・ポッターの大ファンである私にはとてもぴったりだと思いました。

学校では日本の受動的な授業とは違い、自由に発言でき、ペアで話し合い意見を共有することが多く、どの授業も楽しめました。中でも、2~3チームにわかれて単語を当てるゲームや、セリフがないビデオを観て主人公の感情を推測する授業は、みんなでワイワイ意見を言い合うことができておもしろかったです。

先生はどの方もエネルギーとユーモアにあふれ、わからない単語を聞いたら、ジェスチェーや他の単語を使ってとてもわかりやすく教えてくれました。入ってすぐのときに緊張していると何度も当てて話す機会をくれるなど、留学生の扱い方を熟知しているという印象を受けました。

ホームステイ先では祖父母と妹ができた気分で交流を満喫

ホストファミリーは定年後のご夫妻でした。いつも優しく気を遣ってくれて、まるで本当の祖父母のよう。夕食時もジョークを交えながら質問してくれたり、会話に入れてくれたり。最初はイギリス料理に慣れなかったのと、洗濯が週1回だったので最初の週には服が足りずに困りましたが、慣れれば何不自由なく生活できました。イギリス人の住環境を知ることができ、ブリティッシュアクセントに耳を慣らすこともできたので、ホームステイを選んで良かったです。

同時期に17歳のコロンビア人の女の子も滞在していて、年齢が近いこともあって意気投合。最初は夕食時に会う程度だったのですが、ある日「せっかく一緒に住んでいるのだからもっと仲良くなりたい」と言ってくれて、ほぼ毎日1時間くらい話すように。本当に優しくてかわいくて、妹ができたようでうれしかったです。私が忘れ物をしたときに、わざわざ自転車に乗って届けてくれました。最終日にはコロンビアのお菓子をたくさんくれて、ファミリーとも大号泣。帰国した今でもときどき連絡を取り合っています。

ミュージカルやパブへのお出かけも楽しみ、イギリスの良さを実感

ケンブリッジには留学生や観光客も多く、街を歩いていても良い意味で自然になじむことができました。イギリス人も他国の方も、どこでもよく話しかけてきてくれるのも新鮮でした。電車の改札の出方がわからなかったときにはイギリス人の方が教えてくれたり、バスに乗っていても運転手さんと乗客の方が支払いをする短い時間にでもジョークを交えてお話をしたりしているのが、なんだかいいなぁと思いました。また、レディファーストが徹底しており、ドアを開けてくれるなどのさりげない優しさに心があたたまりました。

学校のアクティビティでロンドンの劇場にミュージカル『レ・ミゼラブル』を観に行ったり、友達とパブに行ったり、寮に住む友人たちと共同キッチンで料理を作ったりしたのも楽しい思い出。学校から近いお気に入りのカフェにもよく行きました。さまざまなマカロンや芸術的な美しさのケーキがあり、日本ほど高くないので足しげく通い、店員さんと仲良くなって新作のマカロンをもらったりもしました。

キャビンアテンダントになり、各国の友達に会いに行くのが目標

短期とはいえ、初めて1人で外国へ行き、生活をして、未知の文化や人々に出会えたのは大きな刺激でした。日本の良さをあらためて実感した半面、日本文化の改善点も実際に留学しなければ気づかなかったと思います。韓国、トルコ、コロンビア、サウジアラビア、イスラエル、イタリア、スペイン、スイス、台湾など、数えきれないほど多様な国籍の友達もできました。そのため、帰国後には海外ニュースにいっそう興味がわき、外国のことが身近に感じられるように。日本の大学での勉強への姿勢も変化しました。留学先のクラスメイトたちの夢に向かってあきらめない姿勢を見て、私も今の環境に感謝してもっと勉強しなければという強い思いがわいたからです。

今回の留学に行くまで明確な将来の夢がありませんでしたが、海外に実際に行くことができる仕事に就きたいと考えるようになり、キャビンアテンダントを目指しています。そしていつか、世界中にいる友達の元に飛んで行って再会することが今の目標です。そのためには、英語力を磨くとともに他の言語も勉強して語学系の資格取得に挑戦したいです。

留学ジャーナルの
カウンセリングの感想

語学学校の決め方がわからずにいたところ、決め手となる基準を豊富な知識で教えていただき、自分に最適な学校を選べた。

留学した人

小西 優衣子 さん(21歳)

留学の種類

短期留学

滞在期間

2018年8~9月(6週間)

滞在方法

ホームステイ

学校

Eurocentres, Cambridge

留学の理由・目的

両親や姉が留学を経験しており、自分もいつかはと考えていた。忙しくてなかなか機会がなかったが、4月に大学の部活で全米大会に出場するためにアメリカのフロリダへ。そこでふと、「今年中に留学したい」と思った。就職活動のアピール材料にしたいという気持ちもあった。

担当カウンセラー

紅林 大智

留学前不安に思ったこと

「ホストファミリーはどんな方々かな?」というくらいで、不安はたいしてなかった。英語力は皆無だったが、深く考えていなかった。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求
お急ぎの方はお電話で! フリーコール 0120-890-987

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP