留学経験者に聞く語学学校、大学などへの留学体験談

【お知らせ】7月、8月は混み合ってきていますが、まだ間に合います。お問い合わせはお早めに。留学相談はこちら

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

マッコーリー大学で学部聴講。旅行や人々との交流なども満喫! 

オーストラリア/シドニー

日本の大学を休学し、Study Abroadプログラムに挑戦

日本の大学のゼミに2年間しっかり参加したいと考え、交換留学よりも休学留学を選択しました。英語力自体はある程度ついていたため、英語を使って何かを勉強しながら、友達やコネクションをつくることを希望。行き先をオーストラリアに決めた理由は、旅行で何度か訪れた経験があり、「ここに住んでみたらどうなんだろう?」と興味があったからです。時差が少なく、移民が多い国なのでいろいろなバックグラウンドの人と出会えそうなところも魅力でした。

大学の講師は日本の大学の先生と比べてとてもフレンドリー。オーストラリア文化の影響もあるのでしょうが、先生と学生が対等な立場でフランクな関係を築くことができました。大学の授業には講義とチュートリアルがあり、講義は大人数が受講するのですが、少人数制で進められるチュートリアルは議論やプレゼン、アクティビティを通じて友達がつくりやすい環境でした。

実践的かつユニークな授業でビジネスや組織づくりを中心に学ぶ

学部聴講で選択した8つの科目はどれも実践的でおもしろかったです。たとえばBusiness models and organisational structureは、新たに企業を立ち上げる際のビジネスモデルや戦略に関する授業です。実際の企業を例に、どのような欠点があるか、何に注意すべきかを学びました。Asian Business Environmentは、アジア経済がいかにして成長したかという科目で、日本の成長を海外ではどのように捉えているのかを知ることができました。Why people believe weird thingsというユニークな授業では「人はなぜ怪しいことを信じてしまうのか?」ということで、人の抱くバイアスやその裏にある科学を理解するものでした。

授業以外では、留学生サークルと日本人サークルに所属したほか、2学期には日本で続けていたクリケットも始めました。

ホストファミリーとの交流やオーストラリア国内旅行も楽しむ

最初のホームステイ先はホストマザーだけのご家庭で、庭にプールがあって泳ぎ放題。マザーの友達と会食したり、親戚の方もよく訪れていたので交流したりしました。2番目のステイ先にはホストマザーとホストファザーがいて、週末にはファザーとテニスをしたり、家で一緒に映画を観たり、庭の手入れを手伝ったり。本当の息子のように接してくれました。

1学期のハーフターム休暇では、ヨーロッパ人の友達とキャンピングカーで東海岸を南下し、冬休みにはウルル(エアーズロック)へ。2学期のハーフタームにはダーウィンに行くなど、オーストラリアのさまざまな地域を訪れ、先住民族の文化も学びました。

さまざまな国の友達ができ、英語のブラッシュアップも実現!

オーストラリアではバスは手をあげないと停まってくれない、男女でもあいさつ代わりにハグするなど、ちょっと驚いたことはありますが、その他の現地文化にはとくに違和感もなく楽しめました。とくに昼間から気軽にビールを飲めるのはオーストラリアの良さです。

留学を通じて、友達はぐんと増えました。移民を含むオーストラリア人やヨーロッパ人と仲良くなり、世界中につながりができたと感じています。英語も最初は言葉がうまく出て来ずつかえがちでしたが、最後の方はオーストラリアのアクセントが移り、それなりに流暢に話せるように。英語の論文記事を読むことにも慣れました。精神的な面でも、基本的に自分のことは自分でするので自信がつき、とっさの際の対応力が鍛えられたと思います。

留学で得たことを就職活動などに生かすのはもちろんですが、今後の人生のさまざまな場面でこの体験が生きてくるだろうと感じています。

留学ジャーナルの
カウンセリングの感想

手続き関係が苦手なので、カウンセラーの方が一緒に進めてくださって非常に助かった。また、留学する大学をしぼる際に、希望をしっかり聞いてくれたのもありがたかった。

留学した人

竹内 賢志郎 さん(22歳)

留学の種類

大学留学(学部聴講)

滞在期間

2018年2月~12月(11ヵ月)

滞在方法

ホームステイ

学校

Macquarie University

留学の理由・目的

親に留学を勧められたのがきっかけ。大学3年の時点で将来の目標が決まっていなかったので、海外で生活して視野を広げるのは良いことだとも思い、留学を決意した。

担当カウンセラー

祭主 絢子

留学前不安に思ったこと

小学校はインターナショナルスクールに通っていたこともあり、英検1級、TOEIC955点などを持っていたが、しばらく英語をしゃべっていなかったので大丈夫かなと思っていた。ホストファミリーとうまくやっていけるかも不安だった。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求
お急ぎの方はお電話で! フリーコール 0120-890-987

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP