留学経験者に聞く語学学校、大学などへの留学体験談

【お知らせ】7月、8月は混み合ってきていますが、まだ間に合います。お問い合わせはお早めに。留学相談はこちら

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

ハリーポッターの国へ!クラスメイトと話してお互い学べた 

イギリス/ウィンブルドン

絶滅危惧種について考えたりパーティを企画したりと多彩な授業

海外へ行くのは今回が初めて。イギリスを留学先に決めたのは、AEONで担当してくださっている先生がイギリスの方だったからと、ハリーポッターが好きだったからです。

語学学校では、絶滅危惧種についてレポートを作成するなどのユニークなテーマが印象的でした。サウジアラビアではチーターや鷹をペットとして飼っている人がいるなど、クラスメイトの母国の文化を授業を通じて垣間見られるのもおもしろかったです。

また、3人グループになってどんなパーティを主催したいかを考える授業では、イタリア人とタイ人の女の子たちと同じグループに。イタリア人のジョージアが「仮装パーティ」を提案し、招待客にはアメリカのハロウィンのように吸血鬼やフランケンシュタインなどに仮装してほしいと。そこで私が「お墓やかぼちゃのランタンも用意したいね」と言ったところ、いいアイディアだと褒めてくれました。他のグループはお寿司パーティを企画したりして、とても楽しくて盛り上がる授業でした。

友達との外食はお金はかかるけれど得るものが多かった!

最初は日本人の方とばかり話してしまうかなと思っていましたが、意外にも他国の人たちとの交流が多かったです。他国の方と話すと変わった話が聞けるのが楽しくて。いちばん印象に残っているのはタイ人のアディティブという男性で、弁護士として働いていた経歴があり、裁判官を目指して留学していました。日本のアニメが好きで、とくに『ワンピース』の大ファン。帰国後もグリーティングカードを送り合う仲です。

留学中、夕食はほとんど毎日クラスメイトと外食していました。お寿司やフィッシュ&チップス、韓国料理、中華料理、タイ料理など。中国やタイ出身の友達と一緒に行ったので、食文化やマナーの違いも教えてもらえます。韓国料理店では、タイ人のクラスメイトがそこの店主に一目ぼれし、月に5回は通っているという話を聞きました。店主がテーブルに来るたびに、彼女の顔は真っ赤に!クラスメイトと外食をすると、お金はかかるものの、一人ひとりの個性や考え方を知るベストな方法だと思います。

キングスクロス駅など、ハリーポッターゆかりの場所を巡る

ホストファミリーは、マザーとブラザー、シスター、それに同居人が1人いました。ホストファミリーはみんな忙しく、マザーは夜9時ごろに帰宅するため、毎日疲れて早寝をしてしまう私とはすれ違いが続きました。その点についてカウンセラーさんに相談したところ、親身になって話を聞いてくださり、「がんばって少し遅くまで起きていてみたらどうでしょう?」との提案が。実際に起きて待っていたら、マザーと会話することができ、アジア系の留学生の受け入れは私が初めてということを話してくれたり、プライマークというお店を教えてくれたりしました。マザーは私がハリーポッターが好きということを知って、最終日には杖の形をしたペンをプレゼントしてくれて嬉しかったです。

放課後には「ハリーポッターの聖地巡礼」として、キングスクロス駅の9と3/4番線でスリザリンのスカーフとニワトコの杖をもって記念撮影をしたり、「謎のプリンス」に出てくるミレニアムブリッジを訪れたりしました。ミレニアムブリッジを渡ったところにあるテート・モダンも訪問し、現代アートを見学。そうしてロンドンの街を歩いていると、日本とは違った風景や人々の過ごし方に感動しました。

大学入学後にまた留学を希望!将来はヨーロッパでキュレーター

この留学を経験したことで、今までいかに両親に頼って生活していたかを実感しました。今回、イギリスで素晴らしい経験ができたので、大学入学後にまた行けるよう、留学資金を貯めているところです。次回の留学先は未定ですが、もしもまたイギリスを訪れるとしたら、ハリーポッターの聖地巡礼の続きをして、2週間ではとても見切れなかったイギリス文化についてもっと学びたいです。他の国に行くとしても、新しいことを見聞きして、今後の人生に有意義に役立てたいと思っています。

私の将来の夢は、ヨーロッパでキュレーターとして働くこと。今回の留学でイギリスの文化や街並み、人々にふれ、日本との違いをあらためて知ることができました。この「違い」が差別の原因になることも、この留学で学びました。しかし、私はその「違い」の魅力を、芸術作品を通じて人々に伝えられるようなキュレーターになれたらと考えています。

留学ジャーナルの
カウンセリングの感想

フライトについてもそうだが、留学中にホストファミリーとのコミュニケーションに悩んで相談したところ、カウンセラーがご自分の初留学の体験を話して、共感を示してくださったので安心した。

留学した人

中島 未來 さん(18歳)

留学の種類

短期留学

滞在期間

2018年8月(2週間)

滞在方法

ホームステイ

学校

Wimbledon School of English

留学の理由・目的

もともと洋画や洋楽が好きで、自然と英語に興味をもった。英会話スクールのAEONに通い、ネイティブの先生から英語圏の国の文化を教えてもらううちに、留学を志すようになった。

担当カウンセラー

中島 圭一

留学前不安に思ったこと

韓国経由のフライトだったので、乗り継ぎが心配だった。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求
お急ぎの方はお電話で! フリーコール 0120-890-987

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP