留学ジャーナル - 学校情報

オーストラリア

Adelaide アデレード South Australia 南オーストラリア州

South Australian College of English (SACE Adelaide)

サウス オーストラリアン カレッジ オブ イングリッシュ (SACEアデレード)

地元に根差した先生がフレンドリーでケアが行き届く学校

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

学校データ

最寄の主要都市 アデレード Adelaide
設立年度 1987年
運営形態 私立語学学校
年間平均学生数 100名
1クラスの平均人数 12名
レベル分け 6段階
滞在施設 ホームステイ、民間寮
平均通学時間 バス30分
出迎えサービス あり
利用可能な設備
  • ◎WiFi
  • ◎共有PCあり
  • ◎生徒用ラウンジ

大きな地図で見る

住所
Level 1 Woodards House, 47 Waymouth Street, Adelaide, SA 5000
ロケーション
都市部
留学生の主な出身国(2019年 年間平均)

日本 スイス フランス
10% 20% 15%
韓国 中国
15% 10%

学校概要

アクティビティが盛んでそれを活かすような語学コースも用意

アデレードのほかにビクトリア州のメルボルンにキャンパスを持つ語学学校。各キャンパスで常に留学生のニーズに合わせた質の高い英語コースを提供している。基礎英語の知識を学び、使える英語を身に付けることに重点を置いているので、教師陣のきめ細かな指導のもとで基礎から英語を覚えたい人には理想的な環境。授業のカリキュラムは、生徒が楽しく学ぶことができるよう選択授業も工夫されている。コースは一般英語は日中と夕方のコースがあるほか、IELTSやケンブリッジの試験対策、そしてゴルフやダイビングといったレッスンやボランティアなどとを組み合わせた英語プラスコース、グループ向けのスタディツアーなどがある。学校ではアクティビティが盛んで、キャンプやカンガルー島観光、サーフィンレッスン、ワインの生産地で知られるバロッサバレー訪問など、1泊2日の観光やスポーツなどを積極的に企画している。留学中は安心して過ごせるようホームステイやファームステイなどの滞在手配、学習カウンセリングやアシスタントで充実した留学生サポートを提供している。

学校周辺の環境

整然としいて交通が整備された南極海が近い都市

アデレードは北半球からもっとも遠い都市のひとつで、都市に沿っているセント・ビンセント湾はグレートオーストラリア湾を経て南極海に至る。市の中心部は公園に囲まれるようにあり、整然と区画整理された街づくりがされている。もちろん整然とした区画は周りのも広がっている。ちなみに中心部を取り囲む公園の一画には日本庭園のアデレード姫路庭園がああり、遠く離れた地でも日本を感じることができる。学校は中心部を走る路面電車の停車場から徒歩2分程度の官庁やオフィスが構える場所にある。少し歩けばショッピングモールへや図書館、公園が近い周辺にある。市内の交通は中心部を走る路面電車のほか、近郊を行き交ういくつかの路線があるので、少し離れた墓所からも通うことができる。

コース

[一般英語] General Intensive English

授業内容

フルタイムの学生は週25時間の一般英語の授業を受ける。午前中は実生活に必要な「文法」「語い」「話す」「聞き取り」「読み」「書き」「発音」を中心に勉強し、月曜から木曜の午後の授業はスペシャルスタディーズとして、テスト対策、ビジネス英語、ホスピタリティ英語、オーストラリア学、環境学などの中から2科目を選択して学ぶことができる。クラスでは、教科書だけでなく、テレビや新聞の記事を取り上げたり、時には外からゲストスピーカーを招待したり、課外授業などに出かけたりして、実践的な英語力の向上を目指す。毎週金曜日の午後は課外授業や自己学習の時間となっている。さらに授業後は、担当の先生の管轄のもと、無料でコンピュータのソフトやカセットテープ、練習問題を利用して個人の目的に合わせた学習に取り組むことができる。授業の成果があがっているかを個別に見守り、必要であればカウンセリングを行っている。週20時間のスタンダードコースもある。

入校日

2020年度
 毎週月曜

最短受講期間 1週
授業時間数
(週あたり)
25レッスン、1授業あたり:60分(平均)
長期割引

なし

入学条件 なし

費用(2020年度)

入学申請料+授業料+滞在申請料+滞在費+教材費+空港出迎え費

期間 料金(単位:AUS$)
12週間 9,225
24週間 17,745
36週間 25,425
48週間 33,705

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[英語教師向け] Teacher Training

[一般英語] General English (Standard)

授業内容

フルタイムの学生として週20時間の一般英語の授業を受ける。午前中は実生活に必要な「文法」「語い」「話す」「聞き取り」「読み」「書き」「発音」を中心に勉強し、月曜日から木曜日の午後の授業はスペシャルスタディーズとして、テスト対策、ビジネス英語、ホスピタリティ英語、オーストラリア学、環境学などの中から1科目を選択して学ぶことができる。クラスでは、教科書だけでなく、テレビや新聞の記事を取り上げたり、時には外からゲストスピーカーを招待したり、課外授業などに出かけたりして、実践的な英語力の向上を目指す。毎週金曜日の午後は課外授業や自己学習の時間となっている。将来英語圏での進学や旅行や仕事などを考えている人を対象としたコース。

入校日

2020年度
 毎週月曜

最短受講期間 1週
授業時間数
(週あたり)
20レッスン、1授業あたり:60分(平均)
長期割引

なし

入学条件 なし

費用(2020年度)

入学申請料+授業料+滞在申請料+滞在費+教材費+空港出迎え費

期間 料金(単位:AUS$)
12週間 8,625
24週間 16,665
36週間 24,705
48週間 32,745

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[短期向け(パートタイムコース)] Part-time General English

授業内容

「午後の時間を自由に過ごしたい方」向けの、半日授業の週17時間コース。初日のプレイスメントテストで初級から上級まで6つのレベルにクラス分けされるため、自分に適した英語力の授業が受けられる。レッスンは実生活に必要な「文法」「語い」「話す」「聞き取り」「読み」「書き」「発音」を中心とした勉強。クラスによっては、メディアの英語を取り入れたり、ゲームやプロジェクトワークを通して学ぶスタイルを取り入れている。上級になると会話の授業にディベートの要素が加わる。オーストラリアの環境だけでなく、学生の興味や必要性を組んでさまざまな教材を授業に取り入れている。3時15分以降はスタッフの管轄のもと、無料でコンピュータのソフトやカセットテープ、練習問題を利用することができ、個人の目的に合わせた学習に取り組むことができる。

入校日

2020年度
 毎週月曜

最短受講期間 1週
授業時間数
(週あたり)
17レッスン、1授業あたり:60分(平均)
長期割引

なし

入学条件 ありワーキングホリデービザ/観光ビザ対象

費用(2020年度)

入学申請料+授業料+滞在申請料+滞在費+教材費+空港出迎え費

期間 料金(単位:AUS$)
12週間 8,265

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[進学準備] Academic English (IELTS/ETS/English for Tertiary Studies)

[ケンブリッジ英検対策] Cambridge Examination Preparation

[語学+インターンシップ/ワーク体験] English and Work Experience/Internship

[語学+ボランティア体験] English+Volunteering

[語学+スポーツ体験] English+Sport and Culture (Tennis)

[50歳以上対象] SACE Evergreen (Seniors) Programme

学校紹介レポート

留学生・学校からのメッセージ

「wh」や「how」などの疑問文を用いてお互いに会話を行う形式に始まり、3週間経過した今はお互いの国の罪と罰について議論を行っています。会話を重視し、先生がムード作りにとても気を遣ってくれるので、楽しく授業を受けられます。また、英語を聞く力も伸びてきました。休憩時間は学校のパソコンでインターネットをしたり、放課後はスイス人の友人達と近くのパブやショッピングに行ったりして楽しんでいます。学校から徒歩3分の所には、市内一番の繁華街ランデルモールがあります。州立図書館にも近く、便利な場所に位置しています。(留学生/男性)

この学校・コースに申し込む

AZSA030

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP