留学ジャーナル - 学校情報

オーストラリア

Bundoora ブンドゥーラ Victoria ビクトリア州

La Trobe Melbourne

ラトローブ メルボルン

メルボルンで最も歴史あるオンキャンパスの語学学校

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

学校データ

最寄の主要都市 メルボルン Melbourne
設立年度 1974年
運営形態 私立語学学校(オンキャンパス)
年間平均学生数 250名
1クラスの平均人数 13名
レベル分け 5段階
滞在施設 ホームステイ、学校寮
平均通学時間 バス60分以内
出迎えサービス あり
利用可能な設備
  • ◎WiFi
  • ◎共有PCあり
  • ◎ライブラリー
  • ◎スポーツ施設
  • ◎生徒用ラウンジ
  • ◎カフェテリア

大きな地図で見る

住所
Language Centre, Latrobe University, Victoria, 3086
ロケーション
都市部
留学生の主な出身国(2018年 年間平均)

日本 中国 韓国
20% 25% 18%

学校概要

最新設備を駆使した授業で目標達成へのサポート体制も整う

ラトローブメルボルンは、世界最大規模の進学カレッジネットワークのNavitas Groupが運営しているオンキャンパス(大学構内)にある私立語学学校。前身は1974年にメルボルンにある大学の中で初めて設立されたラトローブ大学の付属語学学校。英語のレベルは5段階に分かれており、教科書に基づいた授業のほかに、コンピュータを使用した授業も組み込まれている。「読み」「書き」「聞き取り」「語い」「文法」などの基礎を作り、実践的で使える英語を身につけることを目的としている。日常的な英語からビジネス、インターンシップ、進学、検定対策のための英語など、さまざまな用途や目的に合ったコースが用意されている。また、学校はTOEICの公認試験センターになっているので、帰国前に英語力の伸びをチェックすることもできる。

学校周辺の環境

テニス、競馬、F1など世界的なスポーツイベントを支える国際都市

ラトローブメルボルンのあるビクトリア州メルボルンは、オーストラリアで2番目に大きな都市で、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、アメリカからの移民などさまざまな人種が住んでおり、文化的にも豊かな都市だ。国際的にも認められた大学や教育機関が多い街としても知られている。ラトローブ大学バンドゥーラキャンパスのある地域は、メルボルンの中心街から急行バスで30分ほど離れた場所にあり、住宅地の近辺で治安や交通の便もよく、少し離れた場所には大型ショッピングセンターがある。また、大学内には銀行や郵便局などがあり、英語の勉強をするには最適な環境だ。

コース

[一般英語] General English

授業内容

一般英語コースは、初級から上級までの5段階で構成されており、フルタイムで週20時間の授業がある。さまざまな状況において英語で対応できるように自信をつけ、日常で必要なコミュニケーション能力を伸ばすことを目的としている。「文法」「読み」「書き」「会話」「語い」などの基礎を固め、応用能力をつけることに焦点をあてて授業が進められている。コンピュータを利用した英語の授業もあり、英語でのタイピングや電子コミュニケーション方法も勉強する。また、学校では定期的に行われるアクティビティもあり、遠足やスポーツ、パーティなどを通して友達の輪を広げ、実践的に使える英語を自然と身につけられる。

入校日

2019年度
1/8 2/12 3/19 4/30 6/12 7/16 8/27 10/1 11/12  ※プレイスメントテストが前週の木曜日に実施されます

最短受講期間 5週
授業時間数
(週あたり)
20時間、1授業あたり:60分(平均)
長期割引

なし

入学条件 なし

費用(2019年度)

入学申請料+授業料+滞在申請料+滞在費(ホームステイ利用)+空港出迎え費

期間 料金(単位:AUS$)
10週間 8,160
25週間 19,410
40週間 30,660

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[進学準備] English for Futher Studies

授業内容

アカデミック英語コースは、4段階で構成されており、フルタイムで週20時間の授業がある。TAFEへの進学希望者、ファウンデーションスタディを目指す人のプログラムでは、基礎的な英語学力と進学に必要な学術英語を身につけたり、大学・大学院を目指す人のためのコースでは、大学生活で必要となる英語のスキルの向上とアカデミックなスタディスキルの習得を目的としており、入学後に大学生活がスムーズに送るためのプログラムが組まれている。

入校日

2019年度
1/8 2/12 3/19 4/30 6/12 7/16 8/27 10/1 11/12  ※プレイスメントテストが前週の木曜日に実施されます

最短受講期間 10週
授業時間数
(週あたり)
20時間、1授業あたり:60分(平均)
長期割引

なし

入学条件 ありIELTS4.5以上

費用(2019年度)

入学申請料+授業料+滞在申請料+滞在費+空港出迎え費

期間 料金(単位:AUS$)
10週間 8,160
20週間 15,660

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

学校紹介レポート

留学生・学校からのメッセージ

校内はみんな和気あいあいとしていて、とても良い雰囲気です。学校では、日本語が使えるインターネットや、大学内にあるジムやプールを利用しています。基本的にクラスは5週間で1タームとなっていて、同じクラスには日本、韓国、台湾、フランス、コロンビア、中国からの留学生がいました。私の滞在しているホームステイは、過去に何人もの海外からの生徒を受け入れているので、生徒たちの気持ちを理解し、困った時はいつでも助けてくれます。また、一人ひとりをきちんと家族の一員として扱ってくれます。留学して良かったと思うことは、ほかの国の人たちと友達になれることです。友達になることによって、その人達が持つ言語、文化、自分自身との違いを学ぶことができます。また、自分が体験する成功や失敗などすべてのことが、自分にとって何ものにもかえがたい宝となりました。(留学生/男性)

この学校・コースに申し込む

AZVI030

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP