留学ジャーナル - 学校情報

カナダ

Montreal モントリオール QC ケベック州

EC Montreal

EC、モントリオール校

フランス文化があふれるヨーロッパ調の街並みを楽しむ

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

学校データ

最寄の主要都市 モントリオール Montreal
設立年度 1962年
運営形態 私立語学学校
年間平均学生数 180名
1クラスの平均人数 13名
レベル分け 10段階
滞在施設 ホームステイ、民間寮
平均通学時間 バスで15~60分
出迎えサービス あり
利用可能な設備
  • ◎WiFi
  • ◎共有PCあり
  • ◎生徒用ラウンジ
  • ◎カフェテリア

大きな地図で見る

インドアビュー

校舎内を360度バーチャルツアー

住所
1610 St. Catherine St. West, Suite 401, Montreal, Quebec H3H 2S2
ロケーション
都市部
留学生の主な出身国(2018年 年間平均)

日本 韓国 サウジアラビア
6% 12% 11%
ブラジル コロンビア スイス、ベネズエラ
11% 10% 9%

学校概要

独自に開発された本格的な試験対策コース「Higher Score」が人気

カナダで最も古い私立語学学校の歴史を引き継ぎ、2011年からマルタに本部を置くECグループのカナダ校となった。カナダでは、トロント、モントリオール、バンクーバーの3都市にセンターを持つ。カナダ3都市にある姉妹校へ転校も可能。一般英語コースでは、基本となる週20レッスンのコースのほか、目的に応じて週24、30レッスンのコースを選択することもできる。ファームステイやボランティア手配の他、IELTSのスコアアップに重点を置いた「Higher Score」コースが人気。この独自に開発された本格的な試験対策コースでは、それぞれの目標に照準を合わせ、徹底的に学ぶことができる。コンピューターを設置したサイバーラウンジも完備しており、生徒が快適に学習に取り組める学校を目指している。

学校周辺の環境

英語とフランス語が両方使用されているバイリンガル都市の中心部にあり

トロントに次ぐカナダ第2の都市、モントリオール。約350万人の都市で、英語とフランス語が両方使用されているバイリンガル都市としても有名。ヨーロッパ調の建造物が多い美しい都市で、ダウンタウンをめぐる地下街にはブティックや映画館、レストランが並ぶ。学校は街の中心部にあり、地下鉄の駅のすぐそば。治安が良いため、安心して勉強できる。一方で、大都市ならではの芸術やファッション、世界中の料理を楽しめるのもうれしい。市内はメトロやバスが発達しているので、観光地へのアクセスも便利。

コース

[一般英語] General English

授業内容

レッスン数は週20レッスン。読む、聞く、話す、書くのすべての側面から学習する、ECの最も基本となるコース。すべての英語レベルにおける基本を固めるため、学生の必要な語い、文法を学び、コース教材や副教材を用いながら、英語の会話、読解、リスニング、ライティングを十分に練習する。新たな知識を取り入れるとともに、会話とリスニングを繰り返し練習することによって、英語力を高め、学生の持つ英語能力を最大限に生かすためにプログラムされたコース。

入校日

2019年度
毎週月曜 

最短受講期間 1週
授業時間数
(週あたり)
20レッスン、1授業あたり:45分(平均)
長期割引

あり

Academic Semester/Year(24週)(入校日:毎週月曜) … CAN$6,960

Academic Semester/Year(36週)(入校日:毎週月曜) … CAN$10,440

Academic Semester/Year(48週)(入校日:毎週月曜) … CAN$13,920

入学条件 なし

費用(2019年度)

入学申請料+授業料+滞在申請料+滞在費+教材費+銀行手数料+空港出迎え費

期間 料金(単位:CAN$)
12週間 7,170
16週間 9,390
24週間(Academic Semester/Year) 13,470
36週間(Academic Semester/Year) 19,950
48週間(Academic Semester/Year) 26,430

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[一般英語] Semi-Intensive English

授業内容

レッスン数は週24レッスンで、読む、聞く、話す、書くのすべての側面から学習する、ECの最も基本となるコース。すべての英語レベルにおける基本を固めるため、学生の必要な語い、文法を学び、コース教材や副教材を用いながら、英語の会話、読解、リスニング、ライティングを十分に練習する。新たな知識を取り入れるとともに、会話とリスニングを繰り返し練習することによって、英語力を高め、学生の持つ英語能力を最大限に生かすためにプログラムされたコース。

入校日

2019年度
毎週月曜 

最短受講期間 1週
授業時間数
(週あたり)
45レッスン、1授業あたり:24分(平均)
長期割引

あり

Semi-Intensive Academic Semester/Year(24週)(入校日:毎週月曜) … CAN$7,680

Semi-Intensive Academic Semester/Year(36週)(入校日:毎週月曜) … CAN$11,520

Semi-Intensive Academic Semester/Year(48週)(入校日:毎週月曜) … CAN$15,360

入学条件 なし

費用(2019年度)

入学申請料+授業料+滞在申請料+滞在費+教材費+銀行手数料+空港出迎え費

期間 料金(単位:CAN$)
12週間 7,530
16週間 9,870
24週間(Academic Semester/Year) 14,190
36週間(Academic Semester/Year) 21,030
48週間(Academic Semester/Year) 27,870

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[一般英語] Intensive English

授業内容

レッスン数は週30レッスン。読む、聞く、話す、書くのすべての側面から学習する。中心となるのは会話のレッスンになっており、先生は毎回、生徒同士が話しやすい雰囲気をつくることや、トピックを準備してくれ、レベルアップを目的に真剣に指導してくれる。コアのレッスンは特に総合力をつける内容となっている。読みや書くことに関しては、宿題もよく出される。コア以外の授業もおおむね同様の内容であるが、より弱点の補強や午前の復習も兼ねた内容となっている。英語の知識を深く掘り下げたり、また同じ内容を視点を変えて繰り返し学ぶことにより、流暢さ、正確さ、論理性の伴ったコミュニケーションを自信を持って行えるよう学習していく。そのため、Intensive Englishコースでは、上達のスピードは格段にアップし、また講師は学生をより的確な学習方向へと導くことができる。

入校日

2019年度
毎週月曜 

最短受講期間 1週
授業時間数
(週あたり)
30レッスン、1授業あたり:45分(平均)
長期割引

あり

Intensive Academic Year/Semester(24週間)(入校日:毎週月曜) … CAN$8,640

Intensive Academic Year/Semester(36週間)(入校日:毎週月曜) … CAN$12,960

Intensive Academic Year/Semester(48週間)(入校日:毎週月曜) … CAN$17,280

入学条件 なし

費用(2019年度)

入学申請料+授業料+滞在申請料+滞在費+教材費+銀行手数料+空港出迎え費

期間 料金(単位:CAN$)
12週間 8,010
16週間 10,510
24週間(Academic Semester/Year) 15,150
36週間(Academic Semester/Year) 22,470
48週間(Academic Semester/Year) 29,790

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[ビジネス英語] English for Work

授業内容

週20レッスンの一般英語と、週10レッスンのビジネス&キャリア英語が組み合わされたコース。グローバス社会の中、ビジネスの場面で自信を持って対応できるコミュニケーション能力アップを目的としている。自分の考えを相手に分かりやすく伝えることから、キャリアに必要な知識とスキルを身につけ、専門用語を学ぶ。スキルの例としては、交渉、人事管理、ブランド&プロモーション戦略、プロジェクト管理、予算管理、ビジネスマナーなど。プレゼンテーション、履歴書の書き方、面接、電話対応などのテクニック等も同時にカバーされるので、就職や転職にすぐに役立つ内容となっている。

入校日

2019年度
毎週月曜 

最短受講期間 1週
授業時間数
(週あたり)
30レッスン、1授業あたり:45分(平均)
長期割引

なし

入学条件 あり中級の初期段階(TOEIC450以上相当)、最長23週間

費用(2019年度)

入学申請料+授業料+滞在申請料+滞在費+教材費+銀行手数料+空港出迎え費

期間 料金(単位:CAN$)
12週間 8,010
16週間 10,510

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[IELTS対策] Higher Score IELTS

授業内容

IELTS試験対策を集中して学ぶコースで、試験対策に特化したい方におすすめ。正答を引き出すための思考、試験時間を有効に使う作戦、試験のための英語は英語で考えることの3つに集中し鍛え上げることで、英語の潜在力を引き出し高得点につなげる。教師たちはテストの特徴や傾向を熟知しており、この教科を教えられるよう個別のトレーニングを受けている。また用いられる教材はアカデミックチームによって厳選され、教育メソッドが最大限に生かせるものになっている。また追加無料オンライン学習には試験対策向けの機能が充実しているので、テスト勉強の大きな助けになる。同じ目標を持った学生が集まるクラスはモチベーションも高く、スコアアップにもつながる。Higher Scoreコースのクラス人数は最大18人となる。

入校日

2019年度
 毎週月曜

最短受講期間 4週
授業時間数
(週あたり)
20、1授業あたり:45分(平均)
長期割引

なし

入学条件 あり中級以上

費用(2019年度)

入学申請料+滞在手配費+授業料+空港出迎え費+教材費+滞在費

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

学校紹介レポート

留学生・学校からのメッセージ

学校は街の中心部にあり清潔感があります。カフェテリアはありませんが、同じビルの地下にランチやお茶を楽しめるお店がたくさんあります。治安も良いため、安心して学校に通うことができました。ヨーロッパや南米をはじめ、世界中から集まった留学生が多く学んでおり、15ヵ国の人と友達になれました。先生も皆フレンドリー。クラスは少人数制で授業もわかりやすく、工夫しながら進めてくれます。週末のアクティビティは、旅行を除いては無料に近い料金。ほとんどすべて参加しました。(留学生/女性)

この学校・コースに申し込む

CAPQ030

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP