留学ジャーナル - 学校情報

アイルランド

Dublin ダブリン

Horner School of English

ホーナー スクール オブ イングリッシュ

アイリッシュダンスや音楽のレッスンの現地手配可能!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

学校データ

最寄の主要都市 ダブリン Dublin
設立年度 1993年
運営形態 私立語学学校
年間平均学生数 120名
1クラスの平均人数 9名
レベル分け 6段階
滞在施設 ホームステイ、学校寮、民間寮
平均通学時間 バス45分
出迎えサービス あり
利用可能な設備
  • ◎WiFi
  • ◎共有PCあり
  • ◎生徒用ラウンジ

大きな地図で見る

住所
40 Fitzwilliam Street Upper, Dublin 2
ロケーション
都市部
留学生の主な出身国(2018年 年間平均)

日本 イタリア スペイン
8% 16% 16%
フランス ドイツ スイス
15% 15% 10%

学校概要

家族経営ならではの細やかなケア。ホームステイのクオリティに自信あり

ホーナーファミリーによって1993年に設立され、その後10年以上にわたって変わらずに家族運営されている私立英語学校。世界中から集まってくる様々なバックグラウンド、職業の留学生を温かく迎え入れ、きめ細やかに対応することで定評があるが、放課後や休日のアクティビティ計画や、ホームステイ手配などの学生サービスには特に力が入れられている。ホームステイの手配において、全てのホストファミリーをホーナーファミリー自らが注意深く選び、生徒を家族の一員として温かく迎え入れる準備のある家庭のみと契約している。また、少なくとも年に1回以上は各契約家庭を訪問し、その状態をチェックするなど、ホームステイのクオリティと管理状況に自信を持っている。地元のバーでのアイリッシュ音楽とダンス、映画、ダブリン城訪問など、アクティビティを通じて多くの友人をつくり、英語学習に役立つようにと、その内容にもできる限りの工夫と配慮をしている。

学校周辺の環境

ジョージアンスタイルの建物が立ち並ぶエリア。ダブリン特有のカラフルなドアが特徴

学校はダブリン市内の伝統的な通りのひとつであるFitzwilliam Streetにあり、DART(電車)や主要バスルートまで徒歩10分以内の便利なロケーション。ジョージアンスタイルの建物が立ち並び、ダブリン特有のカラフルなドアが目を惹く。学校のドアも鮮やかな黄色。
ダブリン市民の憩いの場となっている2つの美しい公園、St. Stephen’s GreenおよびFitzwilliam Squareにほど近く、またおしゃれなカフェやレストランが集まる若者に人気のGrafton Streetも徒歩圏内。学生生活を満喫できる環境にある。
ジョージ・バーナード・ショウに「the best English is spoken in Ireland」と謂わしめたアイルランド。その最大都市・ダブリンには、中世とジョージ調の伝統的な建物と、ファッショナブルな若者たちの熱気が集まっている。

コース

[一般英語] Standard

授業内容

日常生活において必要とされる英語スキルの上達を目的としたコース。「読み」「書き」「会話」「聞き取り」の、4つのメインスキルを段階的に練習していく。第一段階では、安定した語学力とともに、文法力と語い力をさらに高めることに焦点をおいている。また、第二段階として流暢さを養い、各生徒のそれぞれのコミュニケーションスキルを高めていくことを目標とした授業が展開される。授業は1クラス平均9名、最大で14名までの少人数制で、月曜~金曜の週5日間、9時30分~13時10分の間に行われる。また、放課後や休日は学校主催のアクティビティが行われ、学生はアクティビティを通じてアイルランドを学ぶことを奨励されている。短期間で集中的に学びたい人には、週26レッスンのStandard Plus Fluencyがおすすめ。

入校日

2019年度
毎週月曜 

最短受講期間 1週
授業時間数
(週あたり)
20レッスン、1授業あたり:50分(平均)
長期割引

なし

入学条件 なし

費用(2019年度)

入学申請料+授業料+滞在費+空港出迎え費 ※夏季は料金が変更します。お問い合わせください。

期間 料金(単位:EUR)
12週間 4,907
25週間 9,055

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[一般英語] Standard + Fluency

授業内容

より集中的に学びたい人向けの一般英語コース。月曜~金曜の週5日間、9時30分~13時10分の間に行われる週あたり20レッスンのStandard Courseの授業に加え、月曜と水曜の2日間、14時~16時45分の間に行われる週あたり6レッスンの、週あたり計26レッスンの内容。日常生活において必要とされる英語スキルの上達を目的とし、「読み」「書き」「会話」「聞き取り」の、4つのメインスキルを段階的に練習していく。放課後や休日は学校主催のアクティビティが行われ、学生はアクティビティを通じてアイルランドを学ぶことを奨励されている。

入校日

2019年度
毎週月曜 

最短受講期間 1週
授業時間数
(週あたり)
26レッスン、1授業あたり:50分(平均)
長期割引

なし

入学条件 なし

費用(2019年度)

入学申請料+授業料+滞在費+空港出迎え費

期間 料金(単位:EUR)
12週間 5,495
25週間 9,955

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[ビジネス英語] Standard + Business

[IELTS対策] IELTS Exam Course

[ケンブリッジ英検対策] Cambridge Preparation Course

学校紹介レポート

留学生・学校からのメッセージ

7月~翌年1月の6ヵ月間、この学校で学びましたが、クラスメートの大半がスペイン人やイタリア人などのヨーロッパの留学生でした。世界各国の色々な人たちと友だちになれ、異文化を知る機会がもてるので、アジア系留学生にとっては悪くない環境だと思いますが、夏期は若い学生も多く騒々しい面もあるので、落ち着いた環境を好む人は秋以降が良いと思います。教師はみなプロフェッショナルで、アクティビティや校内の施設などはダブリンの他の学校と比べて充実しているようです。平日の昼食は、学校近くのスーパーやカフェテリアで買って食べました。校内のコーヒールームでは、コーヒーや紅茶が無料で飲めます。(留学生/女性)

この学校・コースに申し込む

IRDB130

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP