留学ジャーナル - 学校情報

アメリカ

St.Paul/Minneapolis セントポール/ミネアポリス MN ミネソタ州

University of St. Thomas, Minnesota (運営:ELS)

セントトーマス大学 (運営:ELS)

大都市の大学内で語学学習と滞在を味わう

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

学校データ

最寄の主要都市 セントポール/ミネアポリス St.Paul/Minneapolis
設立年度 1961年
運営形態 私立語学学校(オンキャンパス)
年間平均学生数 120名
1クラスの平均人数 11名
レベル分け 12段階
滞在施設 ホームステイ、学校寮
平均通学時間 バス25分(ホームステイ)
出迎えサービス あり
利用可能な設備
  • ◎WiFi
  • ◎共有PCあり
  • ◎ライブラリー
  • ◎スポーツ施設
  • ◎生徒用ラウンジ
  • ◎カフェテリア

大きな地図で見る

住所
2115 Summit Avenue, Mail #5032, St. Paul, MN 55105
ロケーション
郊外
留学生の主な出身国(2018年 年間平均)

日本 韓国 サウジアラビア
5% 30% 30%
中国 南アメリカ
5% 5%

学校概要

政治と経済の2大都市に触れながら英語力を伸ばす

ミネソタ州最大の私立大学、セントトーマス大学のキャンパス内にELSが運営するランゲージセンターがある。ここでは進学のための英語プログラムをはじめ、ビジネス英語力やキャリア特有の英語を学ぶことができるコースなどをそろえている。ELSの生徒は、キャンパス内の学校寮、カフェテリア、図書館、コンピュータ、プール、スポーツジム、室外テニスコート、シャトルバスなどが利用することができる。

学校周辺の環境

大都市の喧騒から離れた州都郊外にあるキャンパス

大学のあるセントポールはミネソタ州の州都、ミシシッピ川をはさんだミネアポリスは州最大の経済都市なことことから、両都市を合わせて「ツインシティ」とも言う。合わせて200万人が住む大都市で、アメリカ中西部ハイテク産業の中心地でもある。産業都市としての面がある一方、過去に国内の雑誌で「アメリカで最もフレンドリーな都市」のひとつに選ばれたことがある。学校はダウンタウンから離れたミネアポリス寄りの住宅街にあるので、ダウンタウンへは大学が運行する無料のスクールバスを利用することができる。

コース

[一般英語] Intensive English Program

授業内容

総合的に英語力を高めたい人向けのコース。進学目的にも対応しており、所定のレベルを修了することで、ELSと提携するアメリカ・カナダなど650校以上のカレッジや大学進学に必要な英語力があることを証明する修了証が与えられる。簡単な受け答えができるレベルから英語圏の大学で勉強できるレベルまで、全部で12段階にレベル分けされており、4週間で1セッションとなっている。文法・会話・読み・書き・マルチメディアラボ・選択科目でコースが構成されている。選択科目は、レベルと時期により、現地で登録の上受講する。月曜日から木曜日は午前と午後に授業、金曜日は午前に授業が行なわれ、午後は自由時間となっている。放課後と週末にはセンターの実施する課外活動に参加でき、スポーツや観光などを楽しむことができる。それぞれのセンターごとにバラエティに富んだ催し物が行なわれている。※コースは4週単位になっているため、2、3、5、6、7週は学校の状況により、入学できない場合もあります。

入校日

2019年度
1/7 2/4 3/4 4/1 4/29 5/27 6/24 7/22 8/19 9/16 10/14 11/11 12/9 

最短受講期間 2週
授業時間数
(週あたり)
30レッスン、1授業あたり:50分(平均)
長期割引

あり

入学条件 なし

費用(2019年度)

入学申請料+授業料+滞在費+教材費+空港出迎え費

期間 料金(単位:US$)
12週間 9,481
24週間 18,085
48週間 34,693

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[一般英語] Semi-Intensive English

授業内容

英語力の向上はもちろんだが、アメリカの生活体験も重視する人に最適なコース。初級の101からマスターの112まで全部で12段階にレベル分けされており、それぞれのレベルは4週間で1セッション。簡単な受け答えができるレベルから、英語圏の大学で勉強できるレベルまで、段階的に上達できるようにカリキュラムが組まれている。授業は午前中のみで、午後は自由時間。地元を探索したり観光することができる。センターの実施するアクティビティへの参加も可能。スポーツや観光などを楽しむことができる。それぞれのセンターごとにバラエティに富んだイベントが行われている。コースはスピーキング、リスニング、発音、語い、読解、ライティングを含めた英語の主要スキルに重点が置かれている。※コースは4週単位になっているため、2、3、5、6、7週は学校の状況により、入学できない場合もあります。

入校日

2019年度
1/7 2/4 3/4 4/1 4/29 5/27 6/24 7/22 8/19 9/16 10/14 11/11 12/9 

最短受講期間 2週
授業時間数
(週あたり)
20レッスン、1授業あたり:50分(平均)
長期割引

あり

入学条件 なし

費用(2019年度)

入学申請料+授業料+滞在費+教材費+空港出迎え費

期間 料金(単位:US$)
12週間 8,233

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[短期向け(パートタイムコース)] American Explorer Program

授業内容

短期留学で、英語学習と同じくらいの比重で、観光、文化体験、様々なアクティビティを体験したいと考えている方にお勧めしたいコース。午前中は授業、午後は観光のための自由時間となっている。 授業は月曜日から金曜日まで。レベルによって授業内容は異なる。このコースは週15レッスンとレッスン数が少ないので、学生ビザ発行の対象コースではなく、修了書の発行はない。※コースは4週単位になっているため、2、3、5、6、7週は学校の状況により、入学できない場合もあります。

入校日

2019年度
1/7 2/4 3/4 4/1 4/29 5/27 6/24 7/22 8/19 9/16 10/14 11/11 12/9 

最短受講期間 2週
授業時間数
(週あたり)
15レッスン、1授業あたり:50分(平均)
長期割引

なし

入学条件 なし

費用(2019年度)

入学申請料+授業料+滞在費+教材費+空港出迎え費

期間 料金(単位:US$)
12週間 8,053

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[聴講プログラム] Class Visit & Course Attendance

授業内容

週30レッスンのIntensive English Programを受講しながら大学生と一緒に大学の授業を履修するプログラム。決められた数の授業に参観する方法(Class Visitation)、大学の1学期間を通して決められた単位数の聴講をする方法(Course Auditing)などがあり、条件は各校が入っている大学との提携方法により異なる。ここセントトーマス大学では、学部レベル、大学院レベル両方でのClass Visitation、Course Auditingが開講される(プログラムの詳細はお問い合わせください)。※コースは4週単位になっているため、2、3、5、6、7週は学校の状況により、入学できない場合もあります。

入校日
最短受講期間
授業時間数
(週あたり)
、1授業あたり:分(平均)
長期割引

なし

入学条件 ありClass Visitation; ELSのレベル110以上(学部、大学院両レベル共通)、Course Auditing; ELSのレベル110以上(学部、大学院両レベル共通)

費用(2019年度)

授業により異なります。お問合せください。

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[ビジネス英語] English for Executives

授業内容

一般的な英語学習にキャリア特有のコミュニケーショントレーニングを組み合わせた、中堅クラスのエグゼクティブやプロフェッショナルのためのコース。1日のレッスンは、レベル分けテストに応じたグループレッスンと個々のためにカスタマイズされたマンツーマン指導とで構成されている。最短期間で英語力を伸ばし、日常的なビジネスシーンで実際に使える英語をモノにしたい方に最適。各人のニーズに合わせ、その時一番必要なスキルを身につける。 ※コースは4週単位になっているため、2、3、5、6、7週は学校の状況により、入学できない場合もあります。

入校日

2019年度
1/7 2/4 3/4 4/1 4/29 5/27 6/24 7/22 8/19 9/16 10/14 11/11 12/9 

最短受講期間 2週
授業時間数
(週あたり)
35、1授業あたり:50分(平均)
長期割引

なし

入学条件 なし

費用(2019年度)

(概算)入学申請料+授業料+滞在費+教材費+空港出迎え費(往復)

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

学校紹介レポート

留学生・学校からのメッセージ

町の中心地まではバスで約30分、近くのショッピングセンターまでは徒歩で約20分です。校内はまじめな学生が多いため、落ち着いた雰囲気でした。ホームステイ先の周辺も静かで、住むのにとても良いところだと思います。授業では、どんなクラスでもまず英語を話すことを要求されますが、楽しく授業をすることを目的にしている時間もあり、メリハリがあります。また先生のレベルも高いと思います。夏の時期に渡航しましたが、北海道の稚内くらいの緯度にあるため、比較的涼しく、夜9時くらいまで明るかったため、日本にいるときにはできなかった貴重な経験ができました。(留学生/男性)

この学校を動画で見る!

この学校・コースに申し込む

USMN010

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP