留学ジャーナル - 学校情報

アメリカ

Philadelphia フィラデルフィア PA ペンシルベニア州

University of Pennsylvania

ペンシルベニア大学付属集中英語コース

進学準備などコースが充実の名門大学でしっかり勉強

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

学校データ

最寄の主要都市 フィラデルフィア Philadelphia
設立年度 1963年
運営形態 大学・専門学校などの付属集中英語コース
年間平均学生数 220名
1クラスの平均人数 13名
レベル分け 8段階
滞在施設 ホームステイ、学校寮、民間寮
平均通学時間 バス 15分
出迎えサービス なし
利用可能な設備
  • ◎WiFi
  • ◎共有PCあり
  • ◎ライブラリー
  • ◎スポーツ施設
  • ◎生徒用ラウンジ
  • ◎カフェテリア

大きな地図で見る

住所
110 Fisher-Bennett Hall, 3340 Walnut St., Philadelphia 19104-6274
ロケーション
学園都市
留学生の主な出身国(2019年 年間平均)

日本 韓国 サウジアラビア
13% 34% 13%
トルコ 台湾
12% 8%

学校概要

進学に必要な英語からビジネスの英語力まで

大学は独立宣言起草者の1人、ベンジャミン・フランクリンにより1740年に創立された。有名な東部名門大学アイビーリーグの中の1校。イングリッシュ・ランゲージ・プログラム(ELP)は、1963年に創立された50年以上の歴史を持つ集中英語コースで、年間2,000人以上の生徒を受け入れている。コースは集中英語コースから、 大学と連携した進学のための進学準備英語コース、大学で必要とされる英語に加え文化や歴史などの理解も深めるアカデミックスタディーズ、ビジネスにおける総合英語力の向上を身に付けるビジネスコミュニケーション、また企業や学校向けのカスタムプログラムなどがある。進学希望者に対しては進路相談やアドバイスなども提供している。大学生のための学生生活の設備が充実しており、英語コースの生徒は現地学生同様にキャンパス施設(施設の一部は学生料金がかかる)を利用することができる。

学校周辺の環境

独立宣言自由の鐘~アメリカ合衆国誕生の地~

フィラデルフィアは1776年7月4日に独立宣言を行った合衆国誕生の地であり、憲法制定の舞台となった。その建物が独立記念館として現在もある。そこには初代大統領ジョージ・ワシントンが座っていた椅子など独立にちなんだものが保存されている。また周辺は公園として整備され、一角には自由の鐘の展示がある。町中には造幣局や憲法センター、フィラデルフィア美術館などさまざまな文化施設が数多くある。都市部や近郊は地下鉄や路面電車、バス、近郊鉄道のネットワークが充実しており、移動に困ることはない。空港から市の中心部まではターミナルから出ている鉄道で30分ほどで行くことができる。

コース

[一般英語] Intensive Program

授業内容

コースは8レベル。1学期7週間のコースが一年を通して行われている。コースは読み、書き、聞き取り、会話の各分野における総合的な語学力の習得を目的としているが、その内容はレベルにより異なる。初級レベルでは、総合的な勉強だが、中級レベルになるとTOEFL対策、TOEFLエッセイ、発音などの選択授業を2つ受講することができる。また上級レベルになるとすべてが選択授業になり、様々な選択クラスの中から4種類を選択していく。ビジネス英語も選択可能。英語力だけでなくアメリカの文化や歴史を学ぶこともカリキュラムに組み込まれており、週末を使って名所への小旅行なども行われている。希望する学生には、カンバセーションパートナーも紹介してくれる。

入校日

2020年度
1/2 2/27 4/23 6/25 8/27 10/22 

最短受講期間 7週
授業時間数
(週あたり)
20レッスン、1授業あたり:50分(平均)
長期割引

あり

2学期以上申し込むと割引(入校日:) … US$

入学条件 なし

費用(2020年度)

入学申請料+授業料+大学費+留学生保険+滞在申請料+滞在費(ホームステイ)

期間 料金(単位:US$)
14週間(滞在期間16週間) 13,739

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[ビジネス英語] Institute for Business Communication

授業内容

ケーススタディを通してビジネスの概念とプロフェッショナルレベルのコミュニケーションスキルの獲得を目指す、大学生のためのビジネス英語コース。実際の企業研究を通して、ビジネス英語特有の読み、書き、聞き取り、会話技術を効果的に高めることができる。また、企業戦略の分析、交渉術、効果的なミーティング、説得力のある会話技術、プロフェッショナルとして信頼のおける文書作成なども学ぶ。ペンシルバニア大学の教授陣をゲストスピーカーに招く講義は、大学付属ならではの経験になるだろう。

入校日

2020年度
7/6 

最短受講期間 4週
授業時間数
(週あたり)
20-25時間、1授業あたり:分(平均)
長期割引

なし

入学条件 ありTOEFL iBT 57、IELTS 5.5、TOEIC 550以上の英語力

費用(2020年度)

入学申請料+授業料+大学費+留学生保険+滞在申請料+滞在費(ホームステイ)

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

[進学準備] University Connection Program

授業内容

1学期7週間の学期制で、アカデミック英語コースを受講しながら、出願ワークショップ、アメリカの大学文化に関する講座などを利用し、大学、大学院進学を目指す方のための進学準備プログラム。出願に向けてどのように準備するとよいか、印象的な出願小論文の書くには、など合格につながる出願書類の作成方法を学ぶ。また、大学生活に必要な英語力とタイムマネジメント、学習の進め方など、大学生活を成功させるための重要事項を身に着けることが目標となる。

入校日

2020年度
1/2 2/27 4/23 6/25 8/27 10/22 

最短受講期間 7週
授業時間数
(週あたり)
20レッスン、1授業あたり:50分(平均)
長期割引

あり

2学期以上申し込むと割引(入校日:) … US$

入学条件 あり英語力中級以上

費用(2020年度)

入学申請料+授業料+大学費+留学生保険+滞在申請料+滞在費(ホームステイ)

期間 料金(単位:US$)
14週間(滞在期間16週間) 13,739

この留学費用例は、比較検討のための参考情報として算出してあります。
入学時期によって異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
留学カウンセリングでご相談いただければ、入学時期や条件に合った留学費用を、無料でカウンセラーがお見積りいたします。
留学ジャーナルでは、複雑な留学手続きの代行や留学中のサポートを「留学プログラム」(有料)としてご提供しております。詳細はお問い合わせください。

学校紹介レポート

留学生・学校からのメッセージ

有名な東部名門校、アイビーリーグのひとつであるペンシルベニア大学の英語コースは、建物の雰囲気がとてもアカデミック。名門大学だけに、その施設や図書館の蔵書にも目を見張るものがあります。英語コースの私は、まだまだ難しい大学レベルの本は読めませんが、英語コースの生徒もIDカードがあれば設備を使うことができるので、学部の大学生という気分を味わえます。教えてくださる先生方も教師歴が長く、とても熱心。私も含め英語コースで勉強している生徒は長期で来られている方や進学を考えていらっしゃる方が多いようです。(留学生/男性)

この学校・コースに申し込む

USPA030

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP