ECボストン留学生による語学留学ブログ|時差ボケのお話

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

時差ボケのお話

April 24, 2009

ボストンに来てからちょうど1週間がたちました☆
今まで海外旅行に行っても、あまり時差ボケになったことがなく、せいぜい1日~2日で現地時間に慣れることができていました。 しかし今回は、時差ボケから解放されるまでに丸々1週間もかかってしまいました(+_+) 辛かった・・・。

なぜ今回だけ、こんなにも時差ボケに悩まされたのか不思議でならなかったので、インターネットで時差ボケについて調べてみました。すると、時差ボケがひどくなる要因として以下のことが挙げられるそうです。
◆規則正しい朝型人間である。 →これは全然当てはまりません(^^)/
◆高年齢である。 →うう、確かにね。30代も半ばになるといろいろ体にガタが・・・(@_@;)
◆東向きフライトである →こ、これだ!今回の原因は!!

私はいままで、時差が大きいところってヨーロッパしか行ったことがなかったのです。いろいろ調べたところ、日本からだと西向きフライトとなるヨーロッパに行くよりも、東向きフライトとなるアメリカ東海岸に行く方が時差ボケは辛いんだそうです。

時差ボケになってしまうと、体内時計は日本時間のまま進んでいるので、体にいろいろな症状が出てしまいます。
寝るべき時間に寝付けなくなる睡眠障害はもちろんのこと、他にもたとえば、夜に揚げ物を食べてしまって猛烈な胸やけを覚えたり。(←こちらの夜は日本では朝なので、胃袋が「なんで朝から揚げ物?!」って感じでビックリするみたい。) あと、私は毎朝基礎体温をつけているのですが、それがいつもより高温になっていたり。(←人間の体温は、朝が低くて夕方になるにつれて高温になるのです。朝計っているのに、体は日本時間の夜のままで高温になっているのです。)
夫にも時差ボケの症状があったかどうか聞いてみたところ、「夕方ヒゲが伸びたよ!」とのこと。(←私は女性なので知らなかったのですが、ヒゲって普通は朝伸びるんですってね!)

人間の体っておもしろいですね~(^◇^) ・・・と辛くても興味深かった時差ボケの1週間でした。 

 ≪ ハーバード大学☆ 学校まで行ってみました ≫ 

プロフィール

profile
新井 さくらさん
社会人になって海外旅行にはまり、旅先で困らないようにと始めた英会話。上達するにつれ「もっとペラペラになりたい」との思いは募るものの、留学なんて夢のまた夢・・・。そう思っていたのに、夫の海外赴任でボストンに住むことに!歳を重ねるにつれて新たなチャレンジには臆病になっていたけれど、せっかく舞い込んだチャンスなので、いろんな新しいことに挑戦したいです。

※2009年4月~2010年1月ブログ担当

カレンダー

ECボストンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP